• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 薬学部 薬学科 教授
氏名 白神 誠
最終学歴 東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了
現在所属している学会 日本薬学会、日本社会薬学会、医薬品情報学会、医療薬学会、日本医療バランスト・スコアカード研究学会、日本臨床薬理学会、日本医療・病院管理学会、日本医療経済学会、日本医療マネジメント学会、International Society For Pharmacoeconomics and Outcomes Research
学士・修士・博士 薬学士、薬学修士、博士(薬学)
所有資格 薬剤師免許
研究の分野 薬学、境界医学、経営学
主な研究項目 製薬企業のコンプライアンス,薬剤経済分析,薬価制度・薬事制度
主な研究業績 休み時間の薬事法規・制度 /講談社/単著/2002.11
GCP/GMP監査技法の実際 /技術情報協会/共著/2002.12
医薬概論 /エルゼビアジャパン/共著/2003.03
社会薬学 /南江堂/共著/2003.05
使える薬剤経済学入門 /エルゼビアジャパン/単著/2004.01
薬剤師の疑義照会 /エルゼビアジャパン/共著/2004.10
医療保険・診療報酬制度 /勁草書房/共著/2005.03
法律からわかる薬剤師の仕事 /じほう/単著/2005.03
Q&A 薬局・薬剤師の責任 ―トラブルの予防・解決― /新日本法規出版/共著/2006.03
製薬企業のコンプライアンスー体制整備・徹底へのヒントー /じほう/共著/2007.03
改訂 法律からわかる薬剤師の仕事 /じほう/単著/2007.05
薬剤師生涯研修ガイド /薬ゼミ情報教育センター/共著/2008.05
エビデンスを活かす糖尿病療養指導 /中外医学社/共著/2009.05
諸外国の薬剤給付制度と動向 /薬事日報/共著/2010.05
薬剤師が知っておきたい法律・制度 キャリアデザインを考えて /じほう/共著/2011.06
希少疾患/難病の診断・治療と製品開発 /技術情報協会/共著/2012.10
薬剤師が知っておきたい法律制度第2版 /じほう/共著/2013.03
諸外国の薬剤給付制度と動向 改訂版 /薬事日報/共著/2013.06
Collaborative Innovation Developing Health Support Ecosystems /Routledge/共著/2015.07
Evaluation of a newly developed post marketing surveillance method to verify the efficacy and safety of Rx-to-OTC switch drugs /Japanese Journal of Drug Informatics,19(3)/共著/
有料老人ホームへのバランスト・スコアカード(BSC)導入に向けての検討.(査読付き) /医療バランスト・スコアカード研究, 10(1)/共著/
Formation of diastereomers of 5,6-dihydrothymine-6-sulfonate by deamination of 5-methylytosine with bisulfite.(査読付き) /Che.Pharm.Bull. ,23(11)/共著/1975.11
Reaction of bisulfite with the 5-hydroxymethl group in pyrimidines and in phage DNAs.(査読付き) /Biochemistry, 18(4)/共著/1979.04
Analysis of Relationship between Community Pharmacies' Work Situations and Time Required to FIll Prescriptions(査読付き) /Japanese Journal of Social Pharmacy,19(1)/共著/1991.08
オーファンドラッグ開発の現状の分析(査読付き) /臨床薬理,30 (4) /共著/1999.04
オーファンドラッグ開発支援制度の効果(査読付き) /臨床薬理,30 (4) /共著/1999.04
企業意識調査によるオーファンドラッグ開発支援制度の評価(査読付き) /臨床薬理,30 (4) /共著/1999.04
スイッチOTCの市販後調査方法の開発.(査読付き) /医薬品情報学,14(2)/共著/2000.05
医療保険における調剤報酬の歴史的変遷とその考察(第2報)-調剤報酬の改定にみる行政施策の検証.(査読付き) /薬史学雑誌,35(2)/共著/2000.08
医療保険における調剤報酬の歴史的変遷とその考察(第1報)-健康保険法の成立と薬剤支給契約から調剤報酬の公定まで.(査読付き) /薬史学雑誌,35(2)/共著/2000.08
Progress and Problems in the Prescribing/Dispensing Split and “Divided Package Sales” by Wholesalers.(査読付き) /YAKUGAKU ZASSHI,121(1)/共著/2000.09
Development of orphan drugs in Japan –Effects of a support system for development of orphan drugs in Japan.(査読付き) /Drug Information Journal,34/共著/2000.11
Development of orphan drugs in Japan –Characteristics of orphan drugs developed in Japan. (査読付き) /Drug Information Journal,34/共著/2000.11
An Exploration of Pharmacist-Initiated Queries on Problematic Prescriptions in Japanese Community Pharmacies(査読付き) /Journal of Research in Pharmaceutical Economics,11(2) /共著/2001.02
米国の法規制からみたリフィルの仕組みと薬局薬剤師の役割.(査読付き) /社会薬学,22(1)/共著/2003.01
医療機関医薬品情報室における医薬品情報源の現状.(査読付き) /医薬品情報学,5(4) /共著/2003.08
ジェネリック医薬品における情報評価の必要度係数算出.(査読付き) /薬学雑誌,123(12)/共著/2003.09
医薬分業下での薬剤師によるファーマシューティカル・ケアの便益の測定.(査読付き) /医療薬学,30(2) /共著/2003.11
HMG-CoA還元酵素阻害剤におけるジェネリック医薬品の情報量の評価.(査読付き) /医療薬学,30(3)/共著/2003.12
Valuating the Drug Information Provided for Generics in Setting the Price of Generic Drugs in Japan.(査読付き) /Drug Information Journal,38(3)/共著/2004.03
気管支喘息のガイドラインによる治療の医療経済的一考察-気管支喘息治療における吸入ステロイド薬のインパクトの推定-.(査読付き) /医薬品情報学,6(1) /共著/2004.03
Objective Evaluation of Generic Drug Information.(査読付き) /YAKUGAKU ZASSHI,124(6)/共著/2004.04
地域住民の医薬分業に対する意識.(査読付き) /社会薬学,23(3) /共著/2004.12
Feasibility Study for the Pharmacoeconomic Analysis of Kampo Medicines. (査読付き) /Kampo Med.,56(5)/共著/2005.05
ジェネリック医薬品における重要度及び必要係数に基づく情報評価.(査読付き) /薬学雑誌,125(9) /共著/2005.07
薬局機能評価マニュアルに係る消費者アンケートの分析-薬局・薬剤師に対する意見の分析結果(査読付き) /社会薬学,24(1)/共著/2005.07
小児用医薬品の開発と薬価算定基準.(査読付き) /日本小児科学会雑誌,109(9) /単著/2005.09
Meta-analysis on the Usefulness in Postpartum Control by Kyukishoketsuin with Methylergometrine Maleate as Control.(査読付き) /Kampo Med.,57(1) /共著/2005.09
薬局における健康食品の取扱い状況および調剤業務との関連性について.(査読付き) /医療薬学,31(11)/共著/2005.09
Thalidomide 文献情報の変動の分析.(査読付き) /医薬品情報学,7(4)/共著/2005.10
業務量と患者満足度からみた一人薬剤師薬局における業務改善の問題点.(査読付き) /医療マネジメント学会雑誌,6(3)/共著/2005.10
HMG-CoA還元酵素阻害剤の薬剤経済学的分析.(査読付き) /医療薬学,32(4)/共著/2006.01
Cost-Effectiveness of Including Salmeterol in Asthma Therapy in a Primary Care Setting in Japan.(査読付き) /YAKUGAKU ZASSHI,126(1) /共著/2006.01
The realities and medical Expense of Hospitalization that Originates in Outpatient Medicine Treatment.(査読付き) /YAKUGAKU ZASSHI,126(5) /共著/2006.02
進行非小細胞肺癌における初回化学療法 Carboplatin and Monthly Paclitaxel療法とCarboplatin and Weekly Paclitaxel療法の薬剤経済学的検討.(査読付き) /医薬品情報学,8(1) /共著/2006.03
小児気管支喘息を対象とした吸入ステロイド薬プロピオン酸フルチカゾンの医療経済的検討.(査読付き) /日本小児アレルギー学会誌,20(5)/共著/2006.05
変形性膝関節症の保存的薬物療法に対する防巳黄耆湯の薬剤経済学的分析.(査読付き) /医療薬学,32(8)/共著/2006.05
喘息患者に対するプロピオン酸フルチカゾンの喘息エピソードに関する医療経済的検討.(査読付き) /アレルギー,55(5)/共著/2006.05
ジェネリック医薬品における独自情報の客観的評価.(査読付き) /薬学雑誌,127(3) /共著/2006.12
Contributions of Pharmacists through the Promotion of Proper Drug Use.(査読付き) /YAKUGAKU ZASSHI,127(6)/共著/2007.06
急性心不全におけるカルペリチド治療の臨床的有用性と医療経済性. /呼吸と循環,55(7) /共著/2007.07
Phamacoeconomic Analysis and Probability. (査読付き) /Japanese Journal of Drug Informatics,7(2) /共著/2007.08
患者に分かり易い調剤報酬のあり方.(査読付き) /薬学雑誌,129(2) /共著/2008.10
Pharmacoeconomic Analysis of Hypertriglyceridemia Treatment at the Medical Institutions.(査読付き) /YAKUGAKU ZASSHI,128(12) /共著/2008.10
患者の薬剤師への相談ニーズ.(査読付き) /薬学雑誌,129(9)/共著/2009.07
薬剤師のキャリアデザイン:薬剤師のリアリティ・ショックに関する定性的分析1.(査読付き) /日本ファーマシューティカル コミュニケーション学会誌,7(7) /共著/2009.07
喘息の治療と管理におけるサルメテロール/フルチカゾン製剤の費用対効果 /薬学雑誌,130(4) /共著/2010.04
平易な質問票を活用した副作用検出の試み.(査読付き) /薬学雑誌,130(9) /共著/2010.06
Acceptable Incremental Cost Effectiveness Ratio for Use of New Drugs, Cases in Statin Therapies.(査読付き) /YAKUGAKU ZASSHI,130(10) /共著/2010.07
特定保健指導対象者への脂質異常症治療薬のOTC薬化に伴う費用効果分析と医療費への影響の推計.(査読付き) /医療経済研究,22(1)/共著/2010.10
薬局経営へのバランスト・スコアカード導入の試み.(査読付き) /医療バランスト・スコアカード研究,8(1) /共著/2011.08
眼球運動計測を用いた一般用医薬品外箱記載項目に対する注目度の評価.(査読付き) /日本感性工学会論文誌,11(1) /共著/2012.01
OTC医薬品リスク分類表示の誘目性向上による視線誘導効果.(査読付き) /日本デザイン学研究 ,59(4)/共著/2012.04
スイッチOTCの市販後調査方法の開発.(査読付き) /医薬品情報学,14(2) /共著/2012.05
医薬品の販売量の推移と副作用の発生頻度.(査読付き) /医薬品情報学,13(2) /共著/2012.05
薬局経営へのバランスト・スコアカード(BSC)導入の試み・その2.(査読付き) /医療バランスト・スコアカード研究 ,9(1) /共著/2012.09
製薬企業の作成するプロモーション資材における問題点(査読付き) /医薬品情報学, 15(3)/共著/2013.06
外用貼付剤の公的医療保険給付の見直しに関する実証的研究.(査読付き) /日本臨床整形外科学会雑誌, 38(1)/単著/2013.07
スイッチOTCの市販簿調査方法の開発 その2(査読付き) /医薬品情報学, 16(1)/共著/2014.03
Contribution of Antimicrobial Stewardship Programs to Reduction of Antimicrobial Therapy Costs in Community Hospital with 429 Beds --before-after comparative two-year trial in Japan.(査読付き) /Journal of Pharmaceutical Policy and Practice, 7(10)/共著/2014.07
腱周囲炎患者に対する医療用外用貼付剤使用の費用対効果.(査読付き) /日本臨床整形外科学会雑誌 ,39(1) /共著/2014.07
病院獲得型MRSA肺炎における腎障害予防のための薬剤師主導Vancomycin投与設計の費用効果分析(査読付き) /日本医療マネジメント学会雑誌,15/共著/2014.08
Cost-Effectiveness Evaluation of the 10-Valent Pneumococcal Non-typeable Haemophilus influenzae Protein D Conjugate Vaccine and 13-Valent Pneumococcal Vaccine in Japanese Children.(査読付き) /Infect Dis Ther, 4(1)/共著/2015.06
日本における小児用13価肺炎球菌結合型ワクチンと10価肺炎球菌結合型ワクチンの費用対効果分析―異なる分析結果となった要因としての費用対効果分析モデルの違いに関する検討―.(査読付き) /小児科臨床, 69(3) /共著/2016.03
わかりやすい医薬品等取扱い法規の手引き /新日本法規出版/-/2002.04
薬剤経済 /薬学雑誌,123(3)/単著/2002.12
医薬概論 /エルゼビアジャパン/-/2003.03
Healthcare Reimbursement System and Use of Pharmacoeconomics in Reimbursement Process in Japan /International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research First Asia-Pacific Conference/単著/2003.09
薬学教育における薬剤経済学の入門教育 /医学教育,35(1)/単著/2004.01
製薬企業のコンプライアンスー体制整備・徹底へのヒントー /じほう/-/2007.03
ファーマシューティカルケア ファーストステップ /ライフメディコム/-/2007.09
The researches on the consumers’ awareness, viewed from the design psychology, of the matters indicated on the immediate containers or wrappers of the non-prescription (OTC) medicines retailed under the recently revised pharmaceutical retailing system /70th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2010/共著/2010.08
薬剤師が知っておきたい法律・制度 キャリアデザインを考えて /じほう/-/2011.06
薬剤師が知っておきたい法律制度第2版 /じほう/-/2013.03
STUDIES ON THE RELATION BETWEEN LABELLING INFORMATION AND RISK-MANAGEMENT IN THE OVER-THE-COUNTER MEDICINES (OTCS)(, NAMELY, NON-PRESCEIPTION MEDICINES) /73th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2013/共著/2013.09
最新 医薬品医療機器等取扱い法規の手引き /新日本法規出版/-/2015.04
EVALUATION OF A NEWLY DEVELOPED POST-MARKETING SURVEILLANCE METHOD TO VERIFY THE EFFICACY AND SAFETY OF A SWITCH-OTC DRUG /26th Federation of Asian Pharmaceutical Associations Congress/共著/2016.11
主な担当授業科目名 薬事関係法規

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る