• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 薬学部 薬学科 教授
氏名 小松 俊哉
最終学歴 東京理科大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
現在所属している学会 日本薬学会、有機合成化学協会
学士・修士・博士 薬学士、薬学修士、博士(薬学)
所有資格 博士(薬学)東京大学
研究の分野 薬学
主な研究項目 有機化学、創薬化学
主な研究業績 医薬品原薬・中間体 製造におけるスケールアップとトラブル対策 /シーエムシー出版/共著/2008.08
Studies on Tetrahydroisoquinolines. XXVII. A Synthesis of 3-Hydroxyaporphines and 3-Hydroxy Homoaporphines (査読付き) /Chem. Pharm. Bull., 34, 1924 (1986)/共著/1986.05
Synthetic Study of Marine Macrolide Swinholide A.    Stereocontrolled synthesis of the C11-C32 Segment /Chem. Pharm. Bull., 42, 2403 (1994)/共著/1994.11
Synthetic Study of Marine Macrolide Swinholide A.    Stereocontrolled synthesis of the C11-C23 Segment /Tetrahedron Lett., 35, 8225 (1994)/共著/1994.11
9-Amino-2,3,5,6,7,8-hexahydro-1H-cyclopenta[b]quinoline Monohydrochloride Monohydrate (NIK-247) 推定代謝物の合成(第2報) ジオール性代謝物 /薬学雑誌, 115, 1022 (1995)/共著/1995.12
9-Amino-2,3,5,6,7,8-hexahydro-1H-cyclopenta[b]quinoline Monohydrochloride Monohydrate (NIK-247) 推定代謝物の合成(第1報) モノオール性代謝物 /薬学雑誌, 115, 1016 (1995)./共著/1995.12
Absolute Configuration of (+)-9-Amino- 2,3,5,6,7,8-hexahydro-8- hydroxy-4-methyl-1H- cyclopenta[b]quinolinium Iodide /Anal. Sci., 12, 529 (1996)/共著/1996.06
Molecular Structure of (1R*,8S*)-9-Amino-2,3,5,6,7,8-hexahydro-1H-cyclopenta[b]quinoline-1,8-diol /Anal. Sci., 12, 679 (1996)/共著/1996.08
Total Synthesis of Preswinholide A /RIKEN Review, No.15, 7 (1997)/共著/1997.08
トロンボキサン合成酵素と5-リポキシゲナーゼ阻害を有するNIK-626の気道炎症に対する効果 /呼吸, 20, S41 (2001)/共著/2001.02
NIK-626のトロンボキサン合成酵素と5-リポキシゲナーゼ阻害活性と即時型喘息モデルに対する効果 /呼吸, 20, S40 (2001)/共著/2001.02
Green fluorescent protein chromophore derivatives as a new class of aldose reductase inhibitors /Eur. J. Med. Chem.,125, 965 (2017)/共著/2017.01
エチレンと植物の不思議な関係 -この簡単な化合物の生い立ちと働き- /化学と教育(講座) (日本化学会)53巻,2号,86頁~89頁/単著/2005.02
主な担当授業科目名 医薬化学、化学系実習Ⅰ、化学系薬学特論

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る