• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 ヒューマンケア学部 鍼灸学科 教授
氏名 和泉 孝志
最終学歴 昭和52年3月 東京大学医学系研究科卒業
現在所属している学会 日本生化学会、日本脂質生化学会、日本分子生物学会、米国生化学分子生物学会
学士・修士・博士 医学士、医学博士
所有資格
研究の分野 基礎医学、ゲノム科学、内科系臨床医学
主な研究項目 生理活性脂質の生体機能,リン脂質代謝
主な研究業績 内科学(疾患篇) /診断と治療社, 東京/共著/1978.01
脂質生物学がわかる 脂質メディエーターの機能からシグナル伝達まで /羊土社, 東京/共著/2004.10
Cloning of the cDNA for human 12-lipoxygenase.(査読付) /Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 87(19): 7477-7481/共著/1990.10
Purification of two forms of arachidonate 15-lipoxygenase from human leukocytes.(査読付) /European Journal of Biochemistry, 202(3): 1231-1238/共著/1991.12
Expression of human platelet-activating factor receptor gene in EoL-1 cells following butyrate-induced differentiation.(査読付) /Biochemical Journal, 305(3): 829-835/共著/1995.02
A G-protein coupled receptor for leukotriene B4 that mediates chemotaxis.(査読付) /Nature, 387(6633): 620-624/共著/1997.06
Acute lung injury by sepsis and acid aspiraion: a key role of cytosolic phospholipase A2.(査読付) /Nature Immunology, 1(1): 42-46/共著/2000.07
Identification of 9-hydroxyoctadecadienoic acid and other oxidized free fatty acids as ligands of the G protein-coupled receptor G2A.(査読付) /Journal of Biological Chemistry, 280(49): 40676-40683/共著/2005.12
G2A plays proinflammatory roles in human keratinocytes under oxidative stress as a receptor for 9-hydroxyoctadecadienoic acid. (査読付) /Journal of Investigative Dermatology, 128(5), 1123-1133/共著/2008.05
Protein purification and cloning of diacylglycerol lipase from rat brain. (査読付) /Journal of Biochemistry, 159(6): 585-597/共著/2016.06
Leukotriene receptors: Classification, gene expression, and signal transduction. /Journal of Biochemistry, 132(1), 1-6/共著/2002.07
主な担当授業科目名 医学総論、医学一般、生化学

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る