• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 現代ライフ学部 人間文化学科 准教授
氏名 筒井 秀代
最終学歴 名古屋大学大学院医学系研究科健康社会医学専攻健康増進医学講座健康スポーツ医学分野博士課程
現在所属している学会 日本糖尿病学会,日本透析医学会,日本腎臓病学会,日本リウマチ学会,日本公衆衛生学会,日本社会医学会,日本社会福祉学会,日本医学教育学会
学士・修士・博士 学士 (社会学)、福祉マネジメント修士、博士 (医学)
所有資格 養護学校教諭1種免許 、高等学校教諭 1 種免許 (地理歴史・公民)、中学校教諭 1 種免許 (社会) 、日本公衆衛生学会認定専門家
研究の分野 社会医学、境界医学
主な研究項目 国際生活機能分類 (ICF) を臨床に応用する研究 (糖尿病、透析),ベーチェット病患者の疫学研究 ,慢性腎臓病 (CKD)、糖尿病と社会経済的地位 (SES) に関する研究
主な研究業績 Hemodialysis – Different Aspects /InTech/共著/
保健指導ノート 2013 公衆衛生の現状 /一般社団法人日本家族計画協会/共著/2012.12
健康の社会的決定要因 - 疾患・状態別 「健康格差」 レビュー /日本厚生協会/共著/2013.01
医療系学部のための 「医療と社会」 入門 /ムイスリ出版/共著/2017.09
医療コミュニケーション /京都廣川書店/共著/2018.07
糖尿病患者とソーシャルサポートネットワークのあり方についての検討 ‐ 2 型糖尿病患者に対する行動特性アンケート調査の結果から ‐ /糖尿病 49 (6): 459 - 463/共著/2006.06
肥満に伴うインスリン抵抗性に対する SNP の効果 /総合保健体育科学 30 (1): 57 - 60/共著/2007.03
Identification of hemodialysis patients’ common problems using the International Classification of Functioning, Disability and Health /Therapeutic Aphersis and Dialysis 13 (3): 186 - 192/共著/2009.06
J-SACL テストにより評価した 2 型糖尿病患者のストレスにおける男女差について /総合保健体育科学 33 (1): 17 - 21/共著/2010.03
Clinical effect of addition of beraprost sodium to pioglitazone treatment on the blood glucose levels in patinets with type 2 diabetes mellitus /Experimental and Clinical Endcrinology & Diabetes 121 (10): 624 - 627 /共著/2013.11
Validity of a checklist for hemodialysis patients based on the International Classification of Functioning, Disability and Health /Therapeutic Aphersis and Dialysis 18 (5): 473 - 480 /共著/2014.10
静岡県健康長寿プログラム (ふじ 33 プログラム) 社会参加にもたらす効果 /厚生の指標 62 (2), 24 - 29/共著/2015.02
降雪量と雪による死傷者数の関連とその地域差に関する研究 /社会医学研究 32 (1), 62 - 67/共著/2015.02
Validation of the Comprehensive International Classification of Functioning, Disability and Health (ICF) core set for diabetes mellitus in patients with diabetic nephropathy /Clinical and Experimental Nephrology 19 (2): 254 - 263 /共著/2015.04
質的研究による女性放射線腫瘍科医の自己実現プロセスと促進要因・抑制要因の解明 /社会医学研究 32 (2): 117 - 124/共著/2015.06
Black Soybean Extract Improves Lipid Profiles in Fenofibrate-Treated Type 2 Diabetics with Postprandial Hyperlipidemia. /Journal of medicinal food 18 (6), 615 – 618 /共著/2015.06
Use of a Data Management System to Provide Glycemic Control Instructions to Diabetic Patients Based on Patient Self-Measured Blood Glucose /Home Health Care Management & Practice 27 (3), 103 - 107 /共著/2015.06
DPP-4 inhibitor teneligliptin improves insulin resisutance and serum lipid profile in Japanese patients with type 2 diabetes /Drug Research 65: 532 - 534 /共著/2015.10
Development and validation of a short-version checklist for patients undergoing hemodialysis based on the International Classification of Functioning, Disability andHealth. /Clinical and Experimental Nephrology 19 (5): 953 - 960 /共著/2015.10
The beneficial effects of the DPP-4 inhibitor aloglipin on hemoglobin A1c and serum lipids in Japanese patients with type 2 diabetes /Drug Research 766: 18 – 22 /共著/2016.01
Identification of physical and psychosocial problems associated with diabetic nephropathy using the International Classification of Functioning, Disability and Health Core Set for Diabetes Mellitus /Clinical and Experimental Nephrology 20: 187 - 194 /共著/2016.04
Gender differences in the perception of difficulty of self-management in patients with diabetes mellitus: A mixed methods approach /Diabetology International 7: 289 - 298/共著/2016.08
Luseogliflozin, A sodium Glucose co-transporter 2 inhibitor, alleviates hepatic impairment in Japanese patients with type 2 diabetes /Drug Research 66: 1 - 4/共著/2016.09
Factors associated with employment in patients undergoing hemodialysis: a mixed methods study /Renal Replacement Therapy 3:23; DOI 10.1186/s41100-017-0105-z/共著/2017.06
国民代表集団における腎機能低下者のリスク因子および生活習慣の状況:NIPPON DATA2010 /日本腎臓学会誌 60 (7)/共著/2018.10
糖尿病とストレスに関する文献的考察 /総合保健体育科学 28 (1): 29 - 35/共著/2005.03
糖尿病治療への ICF 導入 /総合保健体育科学 29 (1): 51 - 56/共著/2006.03
健康格差社会における慢性疾患の動向 - 糖尿病を中心とした生活習慣病について - /看護学雑誌 71 (12): 1072 - 1076/共著/2007.12
ICF に基づいた血液透析患者に対するアセスメントツールの開発 /日本透析医学会誌 41 (4): 263/共著/2008.04
糖尿病有病率と社会経済的地位 (SES) との関係 /公衆衛生 73 (7): 546 - 550/共著/2009.10
健康の社会的決定要因 (5)  「慢性腎臓病」 /日本公衆衛生雑誌 57 (8): 649 - 652/共著/2010.08
国際生活機能分類に基づいた血液透析患者に対するアセスメントツールの開発 /腎臓 34 (2): 129 - 133/共著/2011.02
主な担当授業科目名 公衆衛生概論、衛生学、基礎医学Ⅰ、医療社会学

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る