• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 現代ライフ学部 人間文化学科 講師
氏名 齋藤 知子
最終学歴 日本社会事業大学大学院 社会福祉学博士後期課程 修了
現在所属している学会 日本社会福祉学会、日本子ども虐待防止学会、日本司法福祉学会、日本子ども家庭総合研究所(嘱託研究員)、日本児童養護実践学会
学士・修士・博士 埼玉大学大学院経済学修士、日本社会事業大学大学院福祉マネジメント修士 日本社会事業大学大学院社会福祉学博士
所有資格 社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員
研究の分野 ソーシャルワーク研究、子ども家庭福祉
主な研究項目 児童虐待死事件についてのソーシャルワークのあり方,要保護児童における無国籍児に対するソーシャルワーク,子ども家庭福祉における保育所の位置付け,科学研究費補助金事業(基盤研究C・研究代表者)課題番号17K04704 「児童虐待対応専門職育成のための教育プログラムの開発 について」平成29年度-32年度,科学研究費補助金事業(基盤研究C・研究代表者)課題番号23530751) 「児童虐待死亡事例について司法記録等の分析から効果的な介入のポイントを検証する」平成23年度ー26年度,JST研究事業 「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」領域  研究代表者 森田展彰  「全国調査データベースを用いた児童虐待の予防・早期介入システムの開発」(研究分担者 重篤事例の分析)平成28年度ー30年度
主な研究業績 スクールソーシャルワーク実践技術 /スクールソーシャルワーク実践技術/共著/
子どもの虐待する親の状況 /中央法規『ファミリーソーシャルワークと児童福祉の未来』 /共著/2008.03
裁判記録等を用いた児童虐待死の事例検討について /司法福祉学研究 15号 /単著/
児童養護施設など社会的養護における障害児の状況と支援の検討 /『はげみ』日本肢体不自由児協会№303 13頁~20頁 /単著/2005.08
要保護児童における軽度発達障害児に対する支援の検討 /ヘルスワーク協会『子どもの虐待とネグレクト』(日本子ども虐待防止学会)第8巻第1号39頁-50頁/単著/2006.05
要保護児童における無国籍児に対するソーシャルワーク /金剛出版『子どもの虐待とネグレスト』(日本子ども虐待防止学会)第9巻第1号55頁-67頁 /単著/2007.04
児童虐待死亡事件について判例を用いたソーシャルワークの検討 /帝京平成大学紀要 第23巻 第1号/単著/2012.03
要保護児童における無国籍児に対するソーシャルワーク /第12回学術集会(日本子ども虐待防止学会) /単著/2006.12
ファミリーソーシャルワークと児童福祉の未来  /中央法規/共著/2008.03
児童虐待死亡事件の判例検討と司法福祉的分析 /第56回全国大会(日本社会福祉学会) /単著/2008.10
施設実習 保育ライブラリー  /北大路書房/共著/2009.04
実践から学ぶ社会的養護 /保育出版社  /共著/2011.10
主な担当授業科目名 現代社会と福祉Ⅰ・Ⅱ      、児童福祉、相談援助技術演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、更生保護制度、福祉入門、権利擁護と成年後見制度、関係法規

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る