• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 ヒューマンケア学部 鍼灸学科 教授
健康科学研究科 はり灸学専攻 教授
氏名 久島 達也
最終学歴 横浜市立大学大学院医学研究科博士課程
現在所属している学会 日本解剖学会、日本医真菌学会、日本細菌学会、日本神経科学会、日本臨床分子形態学会、日本体力医学会、全日本鍼灸学会、日本顕微鏡学会、日本臨床スポーツ医学会
学士・修士・博士 博士(医学)
所有資格 はり師、きゅう師
研究の分野 東洋医学、補完代替医療、感染免疫、神経科学
主な研究項目 粘膜免疫系に対する鍼灸刺激の影響,真菌感染症の予防・治療法の開発,消化管粘膜免疫系に対するグルカンおよびポリフェノールの影響
主な研究業績 Nervous control of blood flow microkinetics in the infrared organs of pit vipers. /Auton Neurosci, 84(1-2): 98-106. /共著/2000.10
Monoaminergic and Peptidergic Axonal Projections to The Vagal Motor Cell Column of A Teleost, The Filefish Stephanolepis cirrhifer. /J Comp Neurol, 447:351-365./共著/2002.06
Choline acetyltransferase immunoreactive sympathetic ganglion cells in a teleost,Stephanolepis cirrhifer. /Auton Neurosci, 99(1): 31-9. /共著/2002.07
Distribution of Myelinated and Unmyelinated Nerve Fibers and Their Possible Role in Blood Flow Control in Crotaline Snake Infrared Receptor Organs. /J Comp Neurol, 449: 319-329. /共著/2002.08
Central Projections of Thoracic Splanchnic and Somatic Nerves and the Location of Sympathetic Preganglionic Neurons in Xenopus Laevis. /J Comp Neurol, 456:321-337. /共著/2003.02
The microvasculature of python pit organs: morphology and blood flow microkinetics /Microvascular Research, 65: 179-185. /共著/2003.05
Psychological Mechanism of Traditional Healing Technique Performed by the Healing Robot - through the life information field-. /J Intl Soc Life Info Sci, 22(1): 169-178. /共著/2004.03
Medullary Efferent and Afferent Neurons of the Facial Nerve of the Pit Viper Gloydius brevicaudus. /J Comp Neurol, 472: 345-357. /共著/2004.05
Using a healing robot for the scientific study of shirodhara. /IEEE Eng Med Biol Mag,24(2):69-78. /共著/2005.03
Morphological analysis of the relation between the small intestine IgA production and the nervous system. /Neuroscience Letters, 381: 242-246. /共著/2005.06
登山と栄養を再び考える高所登山における抗酸化サプリメント摂取の意義 Oligonolを中心として(解説) /登山医学,27(1):58-60 /共著/2007.02
A murine model of esophageal candidiasis with local characteristic symptoms. /Microbiol Immunol,51(5):501-6. /共著/2007.02
Different effects of carbonated localized bathing of hands and feet on autonomic nervous system. /Evidence Based Complementary and Alternative Medicine. /共著/2007.07
Genetic transformation of the dermatophyte, Trichophyton mentagrophytes, based on the use of G418 resistance as a dominant selestable marker. /J Dermatol, Sci, 49(1):53-61. /共著/2008.01
Oral candidiasis deteriorated by local application of a glucocorticoid-containing film in a mouse model /Biol. Pharm.Bull,31(2):278-83. /共著/2008.02
Morphological relationships between peptidergic nerve fibers and immunoglobulin A-producing lymphocytes in the mouse intestine. /Brain Behav Immun,22(2):158-66. /共著/2008.02
ラベンダーによるアロマトリートメントにおける変性意識体験の促進効果 /アロマテラピー学雑誌,8(1):9-38 /共著/2008.03
The supplementation of Oligonol,the new lychee fruit-derived polyphenol converting into a low-molecular form,has a positive effect on fatigue during regukar track-and-field training in young athletes. /Adv Exerc Sports Physiol,13(4):93-99. /共著/2008.04
Invasion process of C.albicans to tongue surface in early stage experimental murine oral candidiasis. /Medical Mycology,9:1-8. /共著/2008.05
Protective effects of farnesol against oral candidiasis in mice. /Microbiology and Immunology,52(7):327-33. /共著/2008.07
Protective activity of geranium oil and its component,geraniol,in combination with vaginal washing against virginal candidiasis in mice. /Biol. Pharm.Bull,31(2):1501-6. /共著/2008.08
Pharmaco-physio-psychological Effect of Ayurvedic Oil-dripping Treatment Using an Essential Oil From Lavendula angustifolia. /Journal of Alternative and Complementary Medicine(in press) /共著/2008.10
Psychoneuroimmunological Effects of Ayurvedic Oildripping Treatment. /Journal of Alternative and Complementary Medicine(in press) /共著/2008.12
Suppression of anti-Candida activity of macrophages by a quorum-sensing molecule, farnesol, through induction of oxidative stress. /Microbiology and Immunology, 53: 323-330. /共著/2009.02
新規低分子化ポリフェノールOligonolの抗酸化作用 /FOOD FUNCTION,5(1):2-フ. /共著/2009.03
鍼灸師養成大学における視覚障害を有する鍼灸師を理解するための教育プログラムの効果について /鍼灸手技療法教育,5巻45-51 /共著/2009.03
Enhanced gene replacements in Ku80 disruption mutants of the dermatophyte,Trichophyton mentagrophytes. /FEMS Microbiol Lett,298(2):208-17. /共著/2009.09
Suppression of experimental inflammation by anti-fungal agent liranaftate in mice. /Nippon Ishinkin Gakkai Zasshi. 2010;51(1):7-11./共著/2010.01
Increased migration of IgA lymphocytes to VIP nerve fibers after DSS-induced colitis. /Histol Histopathol, 26, 1317-1326./共著/2011.05
Pathological analysis of the Candida albicans-infected tongue tissues of a murine oral candidiasis model in the early infection stage. /Arch Oral Biol, 58(4): 444-50./共著/2013.04
Effect of 100 Hz electroacupuncture on salivary immunoglobulin A and the autonomic nervous system. /Acupunct Med, 33(6):451-6. /共著/2015.12
Effect of Enzyme-Treated Asparagus Extract (ETAS) on Psychological Stress in Healthy Individuals.(査読付) /J Nutr Sci Vitaminol, 62(3):198-205./共著/2016.07
Effects of electroacupuncture to the trigeminal nerve area on the autonomic nervous system and cerebral blood flow in the prefrontal cortex.(査読付) /Acupunct Med, inpress. /共著/2017.07
マウス口腔カンジダ症病態に及ぼすfarnesol 口腔内投与の影響 /第51回日本医真菌学会,岐阜,Japanese Journal of Medical Mycology, 48 (Supplment 1): 69. /共著/2007.11
マウス口腔カンジダ症モデル感染初期におけるCandida 菌糸形発育と舌侵入過程 /日本顕微鏡学会第64回学術講演会,京都. /共著/
120. 口腔カンジダ症モデルにおける感染初期の形態および免疫学的検討 /第68回日本顕微鏡学会学術講演会,つくば, abstracts; 103. /単著/
128. 線維筋痛症に対して統合医療的アプローチが有用であった1症例 /第61回全日本鍼灸学会学術大会, 抄録集: 229, 三重./共著/
赤外線受容器(ピット膜)支配神経の有髄および無髄神経線維の構成 /第105 回日本解剖学会学術大会,横浜,Acta Anat Nippon, 75: 123. /共著/2000.03
マムシ延髄における顔面神経遠心性起始細胞と求心性線維投射 /第105 回日本解剖学会学術大会,横浜,Acta Anat Nippon, 75: 113. /共著/2000.03
Bloodflow changes in snake infrared pit organs reflect neuroral response patterns /第23 回日本神経科学大会,横浜,Neurosci Res Supp, 24: S32. /共著/2000.07
赤外線受容器(ピット膜)支配の無髄神経線維におけるサブスタンスP とVIP の共存 /日本解剖学会関東支部第88 回学術集会,川崎. /共著/2000.09
ピット膜と毒腺に投射するマムシ翼口蓋神経節細胞の局在 /第106 回日本解剖学会学術大会,高知,Acta Anat Nippon, 76: 147. /共著/2001.03
マムシ孤束核に投射する顔面,舌咽,迷走神経 /第106 回日本解剖学会学術大会,高知,Acta Anat Nippon, 76: 147. /共著/2001.03
Infrared sensory terminal nerve masses themselves directly control the blood flow microkinetics in the snake /In: Tsuchiya M., Asano M., Kajiya F., editors: Microcircuration annual, Tokyo: Nihon-Igakukan, 17:99-100. /共著/2001.03
マムシ及びニシキヘビ類の赤外線受容器内血流の変化と役割 /第27 回日本微小循環学会総会,東京 /共著/2002.02
頭部交感神経節後線維の由来 /第107 回日本解剖学会学術大会,浜松,Acta Anat Nippon, 77: 85. /共著/2002.03
Characteristics of the efferent and afferent neurons of the facial nerve in the pit viper Agkistrodon brevicaudus /In: Sugiura Y., editors: The third asian pacific international congress of anatomists (3rd APICA), Japan, Abstracts of the 3rd APICA, 51. /共著/2002.03
鍼刺激による脳血流の変化(第一報)—開眼と閉眼時の脳血流の変化― /"第51回全日本鍼灸学会学術大会,筑波,J Japan Soci Acu Mox, 52 (3): 279./共著/2002.06
ニシキヘビ赤外線受容器の冷却システム /第25 回日本神経科学大会,東京,Neurosci Res Suppl, 25: 202. /共著/2002.07
マムシ顔面及び舌咽神経の遠心性起始細胞と求心性投射 /第25 回日本神経科学大会,東京,Neurosci Res Suppl, 25: 204. /共著/2002.07
マムシ脊髄における節前細胞の分布 /第25 回日本神経科学大会,東京,Neurosci Res Suppl, 25: 206. /共著/2002.07
ゼノパスの脊髄におけるGnRH 抗体の免疫反応性 /第25 回日本神経科学大会,東京,Neurosci Res Suppl, 25: 20. /共著/2002.07
マウス腰脊髄自律神経節前細胞に対するペプチド性一次知覚神経入力の胎仔期発達 /第25 回日本神経科学大会,東京,Neurosci Res Suppl, 25: 267. /共著/2002.07
マムシ頭部交感神経に投射する節前細胞の局在 /第25 回日本神経科学大会,東京,Neurosci Res Suppl, 25: 267. /共著/2002.07
ヘビの交感神経節前細胞について /第108 回日本解剖学会学術大会,福岡,Acta Anat Nippon, 78: 208. /共著/2003.03
体性感覚刺激における腸管神経系とCD11b 陽性細胞の変化—神経系と免疫系の関連— /第52 回全日本鍼灸学会学術大会,高松,J Japan Soci Acu Mox, 53 (3): 139 /共著/2003.06
鍼による脳循環の変化(第2 報)—合谷への鍼と触圧覚刺激の比較— /第52 回全日本鍼灸学会学術大会,高松,J Japan Soci Acu Mox, 53 (3): 156. /共著/2003.06
身体のゆがみの解消法 /日本アーユルヴェーダ学会北陸支部主催講演会,富山. /単著/2003.06
マムシの血管壁に分布する一酸化窒素作動性神経系について /第26 回日本神経科学大会,名古屋,Neurosci Res Suppl, 26: 35. /共著/2003.07
腸の動きと健康—東洋医学と西洋医学の見方— /富山県生涯学習カレッジ健康医学講演会,富山. /単著/2003.08
三叉神経第1 枝領域鍼刺激後の腸管内IgA 産生機構の変化—神経系と免疫系の関連— /第53 回全日本鍼灸学会学術大会,千葉,J Japan Soci Acu Mox, 54 (3): 123. /共著/2004.06
Movement of IgA immunocytes toward nerves in the lamina propria of the small intestine /In: Denis G. Baskin, editors: 12th International Congress of Histochemistry and Cytochemistry, San Diego: USA, J Histochem. Cytochem, 52 Suppl 1: S24. /共著/2004.07
AHCCの腸管IgA 産生機構への影響—第一報— /AHCC 研究会第12 回国際研究報告会,札幌 /共著/2004.07
カメの脊髄神経節交感神経節複合体について /第27 回日本神経科学大会,大阪,Neurosci Res Suppl, 27: 35. /共著/2004.07
Abnormalities in the SP and VIP nerve fibers of sandhoff disease mouse /In: Chizuka Ide, editors: 16th Congress of the International Federation of Associations of Anatomists, Kyoto, Japan, Anatomical Science International, 79: 417. /共著/2004.08
消化器症状と鍼灸―消化管の構造と機能― /医道の日本,63(10): 24-30. /単著/2004.10
Sandhoff disease マウスの回腸粘膜固有層におけるIgA, IgG 産生細胞およびマクロファージの形態学的解析 /第110 回日本解剖学会学術大会,富山,Acta Anat Nippon, 80: 208. /共著/2005.03
三叉神経第1枝領域鍼刺激後のパイエル板内IgA 陽性細胞の変化—神経系と免疫系の関連— /第54回全日本鍼灸学会学術大会,福岡,J Japan Soci Acu Mox, 55 (3): 123. /共著/2005.06
AHCC経口投与による腸管IgA 産生機構への影響 /AHCC 研究会第13回国際研究報告会,札幌,abstracts; 23-24. /共著/2005.07
マウス舌へのCandida albicans 侵入過程における形態学的解析 /第49回日本医真菌学会,千葉,Japanese Journal of Medical Mycology, 46 (Supplment 1): 81. /共著/2005.10
口腔カンジダ症マウスモデルにおける漢方薬の治療効果 /第49回日本医真菌学会,千葉,Japanese Journal of Medical Mycology, 46 (Supplment 1): 91. /共著/2005.10
外治法の研究 頭部滴油療法による心理・生理的変化, /第23回日本東方医学会抄録集;68-69. /共著/2006.02
マウス口腔カンジダ症感染初期における舌表面へのCandida albicans の侵入過程 /第7 回真菌症フォーラム学術集会,東京,abstracts: 38-39 /共著/2006.02
免疫活性に対する神経系と免疫系の役割 /第111 回日本解剖学会リンパ懇話会,神奈川,Acta Anat Nippon, 81: 208 /単著/2006.03
カメの脊髄神経節―交感神経節複合体の超微細形態 /第111 回日本解剖学会学術大会,神奈川,Acta Anat Nippon, 81: 208. /共著/2006.03
B 細胞の抗体産生における腸管VIP 陽性神経線維の役割 /第111 回日本解剖学会学術大会,神奈川,Acta Anat Nippon, 81: 208. /共著/2006.03
マウス口腔カンジダ症感染初期における舌乳頭へのCandida albicans の侵入過程 /第79回日本細菌学会,石川,Japanese Journal of Bacteriology, 61(1):110. /共著/2006.04
吸入ステロイド剤でおこるマウス咽頭カンジダ症に対する漢方製剤の治療効果 /第79回日本細菌学会,石川,Japanese Journal of Bacteriology, 61(1):120. /共著/2006.04
The early invasion process of Candida albicans to the tongue surface in murine oral candidiasis /In: Bertrand F. Dupont, editors: 16th Congress of the International Society for Human and Animal Mycology, Paris, France. /共著/2006.06
口腔カンジダ症感染初期におけるCandida albicans の舌表面への侵入過程 /第27回関東医真菌懇話会,東京. /共著/2006.06
鍼通刺激による体性感覚誘発電位(SEP)の電源部位―早期成分の電源部位について― /第56回全日本鍼灸学会学術大会,岡山 /共著/2006.06
AHCC経口投与の腸管免疫賦活作用 /AHCC 研究会第14回国際研究報告会,札幌,abstracts; 23-24. /共著/2006.07
The role of enteric nerve fibers for IgA secretion of B cell /In: Takeshi Tabira, editors: The 8th International Congress of Neuroimmunology Organizing Committee, Nagoya, Japan. /共著/2006.07
口腔カンジダ症感染初期におけるCandida albicans の舌侵入過程 /第50回日本医真菌学会,東京,Japanese Journal of Medical Mycology, 47 (Supplment 1): 79 /共著/2006.10
マウス口腔カンジダ症感染初期におけるCandida albicans の舌侵入過程 /第80回日本細菌学会,大阪,Japanese Journal of Bacteriology, 62 (1): 189. /共著/2007.04
腟カンジダ症マウスモデルを用いたアロマセラピーの有効性発現条件の検討 /第80回日本細菌学会,大阪,Japanese Journal of Bacteriology, 62 (1): 187. /共著/2007.04
Farnesol のマウス口腔カンジダ症に対する効果 /第28回関東医真菌懇話会,東京. /共著/2007.06
高所登山における抗酸化サプリメント摂取の意義 /第27回日本登山医学会,宮城,抄録集:51. /共著/2007.06
消化管Candida albicans に対するAHCC の効果 /AHCC 研究会第15回国際研究報告会,札幌,abstracts; 51-52. /共著/2007.07
ライチ由来新規低分子化ポリフェノールOligonolによる疲労改善効果 /第62回 体力医学会,秋田 /共著/2007.09
口腔カンジダ症感染初期におけるCandida albicans の侵入過程 /第39回日本臨床分子形態学会,山梨,abstracts; 93. /共著/2007.09
ライチ由来低分子化ポリフェノールOligonolのスポーツ選手に対する疲労改善効果 /第18回 日本臨床スポーツ医学会,大分 /共著/2007.11
マウス膣カンジダ症モデルを用いたアロマセラピーの有効性発現条件の検討 /第51回日本医真菌学会,岐阜,Japanese Journal of Medical Mycology, 48 (Supplment 1):91. /共著/2007.11
マウス口腔カンジダ症白苔形成に及ぼすfarnesol の効果 /第81回日本細菌学会総会,京都,Japanese journal of bacteriology, 63 (1): 170. /共著/2008.03
粘膜カンジダ症マウスモデルでの十全大補湯の治療効果の検討 /第81回日本細菌学会総会,京都,Japanese journal of bacteriology, 63 (1): 167. /共著/2008.03
新規低分子化ポリフェノールOligonol の生体防御に及ぼす効果 /第142回日本体力医学会関東地方会,東京. /共著/2008.03
消化管の形態と機能1 /埼玉県鍼灸師按マッサージ指圧師会生涯研修会,埼玉 /単著/2008.06
消化管の形態と機能 /第57回全日本鍼灸学会学術大会,京都 /単著/2008.06
消化管の形態と機能2 /埼玉県鍼灸師按マッサージ指圧師会生涯研修会,埼玉. /単著/2008.07
The influence of AHCC on the intestinal candidiasis in the murine experimental model /AHCC 研究会第16回国際研究報告会,札幌,abstracts; 19-20. /共著/2008.07
Oligonol blocks suppressive activities of a pathogenic factor, farnesol to phagocytes /機能性ポリフェノール研究会,札幌,abstracts; 13-14. /共著/2008.07
マウス口腔感染モデルにおけるCandida albicans 舌組織侵入部位でのアポトーシス誘導 /第52回日本医真菌学会,長崎,Japanese Journal of Medical Mycology, 49 (Supplment 1): 76. /共著/2008.09
十全大補湯の粘膜カンジダ症モデルマウスに対する治療効果の検討 /第52回日本医真菌学会,長崎,Japanese Journal of Medical Mycology, 49 (Supplment 1): 99. /共著/2008.09
からだの成り立ち(前編)~進化・発生からみた"からだ"の原型~ /aromatopia, 16 (1): 65-67. /単著/2009.02
マウス口腔カンジダ症モデルにおける舌粘膜組織中のアポトーシス誘導 /第10回真菌症フォーラム学術集会,名古屋. /共著/2009.02
真菌・放射菌の環境適応の分子機構 マクロファージの抗カンジダ活性に対するfarnesolの抑制効果の検討 /第82回日本細菌学会,名古屋,Japanese journal of bacteriology, 64 (1): 76 /共著/2009.03
からだの成り立ち(後編)~顔の歴史 /aromatopia,16 (2): 1-3. /単著/2009.04
マウスロ腔カンジダ症モデルでの感染初期におけるTNF-aの検討 /第29回日本歯科薬物療法学会,大阪, /共著/2009.06
腸管カンジダ症モデルにおけるマウス粘膜免疫系に及ぼすAHCCの効果 /AHCC研究会第17回国際研究報告会,札幌,abstracts; 7-8. /共著/2009.07
オリゴノールはマウスロ腔カンジダ症モデルで資料効果を発揮する /AHCC研究会第17回国際研究報告会,札幌,abstraets; 37-38. /共著/2009.07
マウス口腔カンジダ症モデルにおける舌粘膜下組織の形態変化 /第41回日本臨床分子形態学会,神戸,abstracts; xx, /共著/2009.09
Effects of components in essential oil (: Borneol, α-Thujone and 1.8-Cineole) on growth of Candida albicans /第12回日本補完代替医療学会,和歌山,abstracts; 87./共著/2009.11
Candida albicans の粘膜定着の常在化機構とfarnesol の関与 /第30回関東医真菌懇話会,東京,abstract; 11./共著/2009.11
Candida albicans の粘膜定着の常在化機構とfarnesol の関与 /第30回関東医真菌懇話会,東京,abstract; 11./共著/2009.11
真菌・放線菌の分子解析と宿主応答のアップデート 菌糸形Candida albicansの舌組織侵入で起こる炎症性細胞応答 /第83回日本細菌学会総会,横浜,Japanese journal of bacteriology, 65 (1): 66./共著/2010.03
抗真菌薬リラナフタートは抗炎症効果を示す /第83回日本細菌学会総会,横浜,Japanese journal of bacteriology, 65 (1): 179./共著/2010.03
IBDモデルマウスにおけるIgA産生リンパ球とペプチド性腸管神経線維の形態学的関連 /第115 回日本解剖学会学術大会,岩手,Acta Anat Nippon, 85 Suppl; 145./共著/2010.03
マウス口腔カンジダ症モデルにおける感染初期菌糸侵入に対する宿主免疫応答 /第66回日本顕微鏡学会学術講演会,名古屋,/共著/2010.05
腸管sIgA量に対する通電および非通電鍼刺激の影響 /第59回全日本鍼灸学会学術大会,大阪,J Japan Soci Acu Mox, 60 (3): 476./共著/2010.06
表在性カンジダ症モデルに対する艾精油成分の抗真菌作用 /第59回全日本鍼灸学会学術大会,大阪,J Japan Soci Acu Mox, 60 (3): 476./共著/2010.06
低周波鍼刺激が運動負荷後の筋および上気道粘膜機能に及ぼす影響 /第59回全日本鍼灸学会学術大会,大阪,J Japan Soci Acu Mox, 60 (3): 477./共著/2010.06
AHCCが腸管分泌型IgA 産生に及ぼす影響 /第18回統合医療機能性食品国際会議,札幌,abstracts; 37-8./共著/2010.07
アゾール薬耐性Candida albicans によるマウス口腔カンジダ症に対するオリゴノールの治療効果 /第18回統合医療機能性食品国際会議,札幌,abstracts; 73-4./共著/2010.07
Effect of AHCC on the mucosal immune system of the mice with intestinal candidiasis /In: Pierre Dechelotte, editors: 32nd ESPEN international congress, Nice: France, Clinical Nutrition, 5 Suppl 2: 197./共著/2010.09
口腔カンジダ症マウスモデルにおける感染初期宿主免疫応答 /第42回日本臨床分子形態学会,三島,abstracts; ./共著/2010.09
全身反応時間とリバウンドドロップジャンプの関連と足関節不安定性による影響 /日本臨床スポーツ医学会, 18(4);S159./共著/2010.10
足関節不安定性が全身反応時間とリバウンドドロップジャンプに及ぼす影響 /日本体力医学会,体力科学59(6);769./共著/2010.12
マウス口腔カンジダ症モデルにおける感染から白苔形成までの宿主免疫応答の検討 /歯科薬物療法学会, 29(3); 135./共著/2010.12
マウス口腔カンジダ症モデルの感染初期における宿主免疫応答の検討 /日本口腔科学会, 60(1);124./共著/2011.01
マウス口腔カンジダ症モデルにおける感染初期の宿主防御能について /第67回日本顕微鏡学会学術講演会,福岡,/共著/2011.05
足関節不安定性に対する鍼通電刺激の影響 /第60回全日本鍼灸学会学術大会,つくば-東京,J Japan Soci Acu Mox, 61 (3):251./共著/2011.06
マウス口腔カンジダ症モデルに対する艾精油成分の有効性 /第60回全日本鍼灸学会学術大会,つくば-東京,J Japan Soci Acu Mox, 61 (3):264./共著/2011.06
腸管分泌型IgA産生機構に及ぼす鍼刺激の効果 /第60回全日本鍼灸学会学術大会,つくば-東京,J Japan Soci Acu Mox, 61 (3):343./共著/2011.06
115. 高強度運動負荷による唾液中分泌型IgA量低下に対する鍼刺激の有効性 /第60回全日本鍼灸学会学術大会,つくば-東京,J Japan Soci Acu Mox, 61 (3): 348./共著/2011.06
116. 足関節周囲筋の筋反応時間と足関節機能的不安定性との関連性 /第36回日本足の外科学会,奈良,日本足の外科学会雑誌,32(1);S165./共著/2011.09
117. 口腔カンジダ症モデルにおける感染初期から回復期までの形態学的検討 /日本顕微鏡学会第55回シンポジウム,香川./単著/2011.09
118. Candida albicans の菌糸系発育に及ぼすfarnesol の影響 /第43回日本臨床分子形態学会,大阪./共著/2011.09
119. これからの医療における鍼灸の役割 /健康医療市民会議, 東京./単著/2012.03
121. 唾液中分泌型免疫グロブリンA量および自律神経系に対する鍼刺激の有効性 /第61回全日本鍼灸学会学術大会, 抄録集: 248, 三重./共著/2012.06
122. 月経前症候群に随伴する頬部にきび(ざ瘡)の改善例 /第61回全日本鍼灸学会学術大会, 抄録集: 243, 三重./共著/2012.06
123. 経絡概念における糖化タンパクの意義(その2)皮膚蛍光の場所による違い /第61回全日本鍼灸学会学術大会, 抄録集: 200, 三重./共著/2012.06
124. 経絡概念における糖化タンパクの意義(その1) 皮膚蛍光の年齢相関と性差 /第61回全日本鍼灸学会学術大会, 抄録集: 199, 三重./共著/2012.06
125. 女性アスリートの片脚ジャンプ着地時におけるハムストリングスの筋活動 /第61回全日本鍼灸学会学術大会, 抄録集: 254, 三重./共著/2012.06
126. 慢性腰痛被験者に対するトリガーポイント灸治療の試み 大学生に対するアンケートと灸治療の効果 /第61回全日本鍼灸学会学術大会, 抄録集: 253, 三重./共著/2012.06
127. ヒトにおける軽い機械的な皮膚刺激による排尿抑制への影響 /第61回全日本鍼灸学会学術大会, 抄録集: 251, 三重./共著/2012.06
128. 線維筋痛症に対して統合医療的アプローチが有用であった1症例 /第61回全日本鍼灸学会学術大会, 抄録集: 229, 三重./共著/2012.06
129. 自律神経機能に対するAHCC の効果 /第20回統合医療機能性食品国際会議, 札幌./共著/2012.07
130. 鍼灸が自律神経・免疫系に与える影響 /埼玉県鍼灸師按マッサージ指圧師会生涯研修会, 埼玉./単著/2012.08
131. 口腔カンジダ症モデルマウスにおけるfarnesolの役割 /第44回日本臨床分子形態学会学術集会, 高知. /共著/2012.09
132. バランストレーニングが足関節周囲筋の筋連鎖反応に与える影響 /日本足の外科学会 33(2): 213./共著/2012.09
133. 消化管カンジダ症モデルマウスの病態および消化管分泌型IgA量に対するAHCCの効果 /第56回日本医真菌学会総会, 東京./共著/2012.11
134. 鍼灸刺激が免疫系に与える影響 /第5回つくし会総会, 東京./単著/2013.02
135. 肩こり被験者を対象としたトリガーポイント円皮鍼治療の試み TrP治療と経穴治療のランダム化比較試 /第62回全日本鍼灸学会学術大会, 福岡, 抄録集: 230./共著/2013.06
136. 睡眠不足大学生の前頭葉活動に対する鍼刺激の有効性 /第62回全日本鍼灸学会学術大会, 福岡, 抄録集: 200./共著/2013.06
137. 鍼刺激が心理的ストレス負荷後の感情および身体機能に及ぼす影響 /第62回全日本鍼灸学会学術大会, 福岡, 抄録集: 198./共著/2013.06
138. 手術後に増悪した手根管症候群に対する鍼治療の効果 /第62回全日本鍼灸学会学術大会, 福岡, 抄録集: 157./共著/2013.06
139. ヒトにおける軽い機械的な皮膚刺激による排尿機能への影響 ランダム化プラセボ対照二重盲検交差試験 /第62回全日本鍼灸学会学術大会, 福岡, 抄録集: 142./共著/2013.06
140. 線維筋痛症セルフケアにおいて鍼灸が導入されているかの文献調査 /第62回全日本鍼灸学会学術大会, 福岡, 抄録集: 100./共著/2013.06
141. AHCC の自律神経機能に対する検討 /第21回統合医療機能性食品国際会議, 札幌./共著/2013.07
142. ETAS のストレス応答物質に対する有効性に関する臨床試験 /第21回統合医療機能性食品国際会議, 札幌./共著/2013.07
主な担当授業科目名 身体の構造Ⅱ、形態機能学1, 2, 3, 4、鍼灸セラピー総合実習、卒業研究、臨床鍼灸学特論Ⅰ、臨床鍼灸学特論Ⅱ、附属治療院特別演習、鍼灸学特講、鍼灸臨床演習

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る