• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 ヒューマンケア学部 鍼灸学科 教授
氏名 王 暁明
最終学歴 中国・遼寧中医薬大学大学院博士課程
現在所属している学会 全日本鍼灸学会、日本東方医学学会、日本医史学会、日本中医学会
学士・修士・博士 博士(医学)
所有資格 博士(医学)、中医医師、はり師、きゅう師
研究の分野 東洋医学(中医学)、医学史
主な研究項目 中日鍼灸交流史,認知症及びストレスにおける鍼灸の予防、緩和の効果とその機序,健康増進(治未病)及び健美(美容)における鍼灸、漢方の効果
主な研究業績 当代中国鍼灸臨証精要 /中国天津科学技術出版社/共著/1987.07
日本食品大事典 /医歯薬出版社/共著/2003.02
一問一答東洋医学概論問題集 /医道の日本 /共著/2004.07
経穴マップ  /医歯薬出版社 /共著/2004.10
経穴マップ(韓国版)  /IshiyakuPublishers,Inc /共著/2005.10
国家試験快速マスター /医歯薬出版社/共著/2005.12
○×問題でマスター鍼灸理論  /医歯薬出版社 /共著/2007.09
○×問題でマスター 東洋医学概論 /医歯薬出版社 /共著/2007.12
○×問題でマスター 経絡経穴概論 /医歯薬出版社/共著/2008.04
○×問題でマスター 東洋医学臨床論(内科編)  /医歯薬出版社/共著/2009.09
国家試験快速マスター第2版 /医歯薬出版社 /共著/2009.11
○×問題でマスター 東洋医学臨床論(整形外科、産婦人科、小児科編)  /医歯薬出版社   /共著/2011.06
改定版東洋医学概論・臨床論問題集 /医道の日本社/共著/2011.11
カラー経穴マップ(第2版) /医歯薬出版社/単著/2013.03
経穴臨床解剖マップ /医歯薬出版社/単著/2013.09
耳穴臨床解剖マップ /医歯薬出版社/単著/2014.03
人体経穴地図 /台湾楓書坊文化出版社/単著/2014.06
頭鍼臨床解剖マップ /医歯薬出版社/単著/2015.02
経穴臨床解剖マップ電子辞書版 /医歯薬出版社/単著/2015.02
カラー経穴マップ(韓国翻版) /韓国Koonja出版社/単著/2015.06
色彩経穴図譜 /中国福建科学技術出版社/単著/2017.12
中医学・西洋医学の発展規律について  /中国「医学と哲学」雑誌 /共著/1982.10
「整体観念」の客観化 /中華中医薬雑誌/共著/2000.10
益気活血生薬の実験的動物硬化症に対する治療効果の研究 /東方医学Vol183 号/共著/2002.04
末病治への科学的アプローチ /東方医学Vol182号/共著/2002.04
21世紀の中国中医薬教育機関における日本語教育の発展性について   /東方医学Vol191号 /共著/2003.04
Traditional Chinese Medicine and its education as interdiscriplinary science /International J.Acupuncture and Oriental Medicine.14:4-5/共著/2004.04
鍼鎮痛の臨床と基礎の研究  /慢性疼痛雑誌 24(1):103-108  /共著/2005.04
Scientific approach to clinical acupuncture - Study on objectification of “de-qi"(needling sensation) /Bulletin of International symposium on techniques and clinical application of acupuncture moxibustion 408-409/共著/2005.04
Interdisciplinary and Scientific approach to international education of Chinese Medicine-Basic structure, Methodology of scientification and curriculum of education of acupuncture medicine   /Papers and Abstracts of the 2nd International Symposium on Education of Traditional Chinese Medicine.209-213  /共著/2005.04
中国における鍼治療の現状と展望 /慢性疼痛雑誌第25巻(91-93)/単著/2006.04
Interdisciplinary and scientific approach to international education of Chinese medicine - Basic structure,methodology of scientification and curriculum of education of acupuncture medicine /Bulletin of the 2nd Traditional International Symposium on Education of Traditional Chinese Medicine 209-13/共著/2006.04
Scientific Approach to Clinical Acupuncture - Study on objectification of de-qi(needle sensation)      /Bulletin of the 5th Tianjin International symposium on TCM and 9th International symposium on acupuncture and moxibustion 24-26/共著/2006.04
Objective evaluation on spleen deficiency syndrome animal models /China Journal of traditional Chinese medicine and pharmacy 21(7):406-408/共著/2006.04
Interdisciplinary and scientific approach to Chinese medicine - study on objectiiication of blood stagnation(Oketsu), a classical concept in Chinese medicine      /Journal of international society of life information science  23(1):65-77  /共著/2006.04
「補瀉法」-パーキンソン病の鍼灸治療を左右するカギ /医道の日本66巻 (10),2007.(見込み)/単著/2007.04
大医精誠-1人の若者についての苦い思い出とその反芻 /医道の日本66巻(7)62-68, /単著/2007.04
β-Blocker and Other Analogous Treatments that Affect Bone Mass and Sympathetic Nerve Activity in Ovariectomized Rats. /The American Journal of Chinese Medicine Vol.35,Nol,89-101/共著/2007.04
中医鍼灸からみた肋間神経痛の治療   /医道の日本66巻(1).149-154 /単著/2007.04
学会発表 脳卒中に対する眼鍼療法の臨床効果 /第一回世界鍼灸学術大会(北京)/共著/1987.11
脾虚証動物モデルの若干の評価標準について /中国中西医結合研究会基礎理論学術大会/共著/1990.12
「脾は後天の本」の実験研究 /日本東方医学学会学術大会/単著/1994.07
Antihypertensive Effect of Chinese Herbal Medicine on StrokeProne Spontaneouly Hypertensive Rats. /第6回世界鍼灸学術大会 ,AUSTRALIA, coast/共著/2004.10
経絡・経穴学テキストの作成と国際教育への応用  /第二回国際中医薬教育シンポジウム,中国・上海/共著/2004.11
中医薬の国際教育総合体系の樹立について. /第二回国際中医薬教育シンポジウム、中国・上海 /共著/2004.11
Interdisciplinary and scientific approach to international education of Chinese medicine - Basic structure, methodology of scientification and curriculum of education of acupuncture medicine /The 2nd International Symposium on Education of Traditional Chinese Medicine、Shanhai、China/共著/2004.11
鍼灸治療での慢性疼痛改善の機序:基礎ならびに臨床研究 /第34回慢性疼痛学会 東京/共著/2005.02
ラットのフォルマリン誘発疼痛モデルに対するマニュアル鍼の鎮痛効果 /第34回慢性疼痛学会 東京/共著/2005.02
ラットのフォルマリン疼痛誘発モデルに対する灸刺激の鎮痛効果  /第34回慢性疼痛学会  東京 /共著/2005.02
ラットのフォルマリン誘発疼痛モデルに対する鍼通電の鎮痛効果 /第34回慢性疼痛学会 東京/共著/2005.02
Interdisciplinary and scientific approach to Chinese medicine - study on objectification of blood stagnation(Oketsu),a classical concept in Chinese medicine /The 19th symposium on life information science Tokyo/共著/2005.02
ラット実験痛モデルに対する灸の鎮痛効果と刺激量の関係  /第54回全日本鍼灸学会  福岡  /共著/2005.06
フォルマリン疼痛モデルに中おける中国鍼と和鍼の鎮痛効果の研究  /第54回全日本鍼灸学会 福岡/共著/2005.06
ラット実験痛モデルに対する鍼通電の鎮痛効果と刺激量の関係  / 第54回全日本鍼灸学会  福岡  /共著/2005.06
ラット実験痛モデルに対する鍼刺激の鎮痛効果と部位特異性   /第54回全日本鍼灸学会 福岡/共著/2005.06
脾虚・骨粗鬆症動物モデルに対する中医学「健脾補腎」の実験的な研究      /The 4th international symposium on medical  cosmetology  Beijing China /共著/2005.06
高脂肪肥満・骨粗鬆症動物モデルに対するクロスタニン・さわやか健康倶楽部という健康食品の予防効果 /The 4th international symposium on medical  cosmetology  Beijing China/共著/2005.06
不当な減肥により骨粗鬆症を引き起こす動物モデルに対するクロスタニン・さわやか健康倶楽部という健康食品の予防効果  /The 4th international symposium on medical  cosmetology  Beijing China/共著/2005.06
Scientific approach to clinical acupuncture - Study on objectification of “de-qi" (needling sensation) /International symposium on techniques and clinical application of acupuncture and moxibustion  Beijing China  /共著/2005.10
Study of objectification of ″DE-Qi″(Needling Sensation) by encephalographic and nuclear medical approach.     /World federation of acupuncture society of international symposium of acupuncture Lisboa Portugal/共著/2005.11
「脾腎両虚証」における骨粗鬆症の基礎研究    /第23回日本東方医学会 東京/共著/2006.02
フォルマリン誘発性疼痛に対する鍼通電刺激の鎮痛効果 /第35回慢性疼痛学会 東京/単著/2006.02
フォルマリン誘発性疼痛に対するマニュアル鍼刺激の鎮痛効果   /第35回慢性疼痛学会  東京/共著/2006.02
フォルマリン誘発性疼痛モデルに対する灸刺激の鎮痛効果 /第35回慢性疼痛学会 東京/共著/2006.02
フォルマリンテストにおける拘束と非拘束条件の比較  /第35回慢性疼痛学会  東京 /共著/2006.02
高脂肪骨粗鬆症モデルに対するCa健康食品の予防効果  /第23回日本東方医学会 東京/共著/2006.02
低加リー骨粗鬆症モデル動物に対するCa健康食品の効果  /第23回日本東方医学会 東京/共著/2006.02
生活習慣病と骨粗鬆症について /第23回日本東方医学会 東京/共著/2006.02
フォルマリン疼痛モデルにおける古典「左右刺」鎮痛効果の研究  /第55回全日本鍼灸学会 金沢/共著/2006.06
ラット疼痛モデルへの鍼通電鎮痛効果と大脳皮質血流の同時計測 /第55回全日本鍼灸学会 金沢/共著/2006.06
ラット疼痛モデルへの置鍼鎮痛効果と大脳皮質血流の同時計測  /第55回全日本鍼灸学会 金沢 /共著/2006.06
ラット疼痛モデルへの灸刺激鎮痛効果と大脳皮質血流の同時計測  /第55回全日本鍼灸学会 金沢/共著/2006.06
Scientific Approach to Clinical Acupuncture -Study on objectiflcation of de-qi(needle sensation)  /The 5th Tianjin International symposium on TCM and 9th International symposium on acupuncture and moxibustion Tianjin China/共著/2006.10
脾虚証動物モデルの客観評価における血液乳酸値の意義 /The 5th Tianjin International symposium on TCM and 9th International symposium on acupuncture and moxibustion Tianjin China/共著/2006.10
疲労・冷えの改善における漢方の基礎的な研究 /第22回日本健康科学学会,仙台/共著/2006.10
疲労回復における補脾漢方の改善効果   /第24回日本東方医学会 東京 /共著/2007.02
薬用入浴剤におけるチベット医薬の調査研究  /第24回日本東方医学会 東京/共著/2007.02
フォルマリン疼痛動物モデルに対する皮内鍼の鎮痛効果  /第36回日本慢性疼痛学会 東京 /共著/2007.02
フォルマリン誘発性炎症性疼痛に対するマニュアル鍼刺激の鎮痛効果  /第36回日本慢性疼痛学会  東京/共著/2007.02
フォルマリン誘発性炎症性疼痛に対する鍼通電刺激の鎮痛効果  /第36回日本慢性疼痛学会 東京 /共著/2007.02
フォルマリン誘発性炎症性疼痛に対する灸刺激の鎮痛効果 /第36回日本慢性疼痛学会 東京/共著/2007.02
灸刺激の炎症性疼痛に対する鎮痛効果 /第56回全日本鍼灸学会 倉敷/共著/2007.06
鍼通電刺激による炎症性疼痛に対する鎮痛効果の検討 /第56回全日本鍼灸学会 倉敷/共著/2007.06
鍼刺激による炎症性疼痛に対する鎮痛効果の検討 /第56回全日本鍼灸学会 倉敷 /共著/2007.06
フォルマリン疼痛動物における皮内鍼の鎮痛効果の実験報告  /第56回全日本鍼灸学会 倉敷/共著/2007.06
海外から中国中医薬伝承と創新への期待 /中国中医薬学会「中医薬伝承と創新シンポジウム2007」 /共著/2007.08
一過性脳虚血ラットの血中NOSにおける鍼通電の影  /The 20th Anniversary of the World Federation of Acupuncture-Moxibustion Societies (WFAS)and International Acupuncture Congress. Beijing /共著/2007.10
Searching for the effect  of  the  acupuncture by a basic and a clinical research.   /2008年台湾海峡両岸中西医結合国際シンポジウム/共著/2008.05
日本中医薬の現状と展望   /008年台湾海峡両岸中西医結合国際シンポジウム/共著/2008.05
日本鍼灸教育の歴史と現状  /2008年瀋陽国際中医薬学術シンポジウム/単著/2008.09
Research mechanism on Influence of rats serum containing Radix Dipsaci on the proliferation of osteoblasts in Vitro  /2008年ニュー ヨーク国際中医薬・鍼灸サミット /共著/2008.11
Acupuncture Education in Japan /2008年ニューヨーク国際中医薬・鍼灸サミット/単著/2008.11
日本鍼灸医療における中国古典鍼法の応用 /2009年台北伝統医学国際シンポジウム/単著/2009.07
彭氏鍼法 /2009年カナダ国際伝統医学手技大会(トロントにて)/単著/2009.08
彭氏鍼法10種  /関西中医学ネットワーク/単著/2009.08
中国及び日本の中西医結合医学の現状・台湾中医界への期待 /2010年台北国際中医薬学術大会/単著/2010.03
日本の美容における中医薬・鍼灸の応用 /第5回国際伝統医学美容学術大会(マレーシアにて)/単著/2010.03
漢方(経方)における日本の臨床と科学研究の進捗 /2011年台北国際中医薬学術大会/共著/2011.03
フォルマリンテスト疼痛に対する鍼刺激と薬剤鎮痛との比較研究 /第60回全日本鍼灸学会 東京//2011.06
癌疾患などの难治性疾病における経方の挑戦 /2012年台北国際中医薬学術大会/単著/2012.03
鍼鎮痛の発現における中脳水道周囲灰白質の関与について /第61回全日本鍼灸学術大会/共著/2012.06
経方における日本の臨床と研究の現状 /2014年台北国際中医薬学術大会/単著/2014.03
中医学からみた帯状疱疹の鍼灸治療 /医道の日本/単著/2014.06
日本灸法の歴史 /北京・第二回国際灸法大会/単著/2014.09
日本の医療制度と漢方 /2015年台北国際中医薬学術大会/単著/2015.03
中医薬における日本の現状 /中国民族医薬学学会れい族分会/単著/2015.06
女性と灸 /中国蘇州・第4回国際灸法大会/単著/2016.09
骨粗鬆症における中医薬的な予防と治療 /2017年台北国際中医薬学術大会/単著/2017.03
ソフト鍼とハード鍼 ー世界の鍼治療現状とその展望 /中国成都・中国鍼灸学会皮内鍼分会/単著/2017.07
主な担当授業科目名 中医学、生薬・漢方、卒業研究、鍼灸の理念(Ⅰ・Ⅱ)、特別総合演習、中医学特論

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る