• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 ヒューマンケア学部 柔道整復学科 教授
健康科学研究科 柔道整復学専攻 教授
氏名 長濱 節子
最終学歴 北海道大学大学院薬学研究科博士課程修了
現在所属している学会 Society for Neuroscience・日本神経科学学会・日本薬学会・日本生理学会
学士・修士・博士 薬学士・薬学修士・薬学博士
所有資格 薬剤師、高等学校教諭1級(理科)、生理学エデュケーター(日本生理学会認定)
研究の分野 電気生理学、神経生理学
主な研究項目 味覚受容メカニズムの解明,身体感覚に関する脳の情報処理基盤の研究
主な研究業績 Effect of Ca2+, cyclic GMP, and cyclic AMP added to artificial solution perfusing lingual artery on frog gustatory nerve responses.「査読有」 /J Gen Physiol(1982) 80(5):785-800. /共著/1982.04
Effects of respiratory inhibitors and ionophore A23187 on frog gustatory nerve responses.「査読有」 /Comp Biochem Physiol A (1984) 79(3):431-435. /共著/1984.04
Enhancement of taste responses to acids by calcium ions.「査読有」 /Comp Biochem Physiol A(1984) 77(1):63-66. /共著/1984.04
Norepinephrine as a possible transmitter involved in synaptic transmission in frog taste organs and Ca dependence of its release.「査読有」 /J Gen Physiol(1985) 85(3):431-442. /共著/1985.04
Influence of Color on Recognition Threshold of Four Basic Tastes /The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, July, 2016,Yokohama,Japan/単著/2016.07
Effect of color on taste thresholds ( 査読有 ) /Neuroscience 2016 (Society for Neuroscience, 46th Annual Meeting) , November, 2016, San Diego, USA/単著/2016.11
Cross-modal Correspondence between Basic Tastes and Colors /The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, July, 2017,Chiba,Japan/単著/2017.07
Taste associated with vision color in Japanese students(査読有) /Neuroscience 2017 (Society for Neuroscience, 47th Annual Meeting) , November, 2017, Washington,D.C., USA/単著/2017.11
Repeated mechanical stimuli to nociceptor by algometer increase pain threshold(査読有) /The 41th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, July, 2018,Kobe,Japan/単著/2018.07
主な担当授業科目名 人体の機能、身体の機能 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、人体の構造・機能(実習)、薬の科学、柔道セラピー総合実習Ⅰ・Ⅱ、柔道整復臨床データ解析特論、柔道整復臨床データ解析演習、健康科学特別演習ⅠA、健康科学特別研究ⅠA

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る