• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 薬学部 薬学科 准教授
氏名 西川 毅
最終学歴 東京大学大学院薬学系研究科機能薬学専攻博士課程修了(博士(薬学))
現在所属している学会 日本生化学会、日本免疫学会、日本分子生物学会、日本薬学会、日本医療薬学会
学士・修士・博士 学士(薬学)、修士(薬学)、博士(薬学)
所有資格 薬剤師免許、危険物取扱者甲種
研究の分野 生物系薬学
主な研究項目 細胞生物学、分子生物学、免疫学
主な研究業績 Cloning of cDNA for cathepsin B mRNA 3'-untranslated-region-binding protein(CBBP),and characterization of recombinant CBBP. (査読付) /J.Biochem.129(3)/共著/2001.03
Targeted disruption of a pupal hemocyte protein of Sarcophaga by RNA interference. (査読付) /Eur.J.Biochem.268(20)/共著/2001.10
Correlation between the catalase level in tumor cells and their sensitivity to N-β-alanyl-5-S-glutathionyl-3,4-dihydroxyphenylalanine(5-S-GAD). (査読付) /J.Biochem.135(4)/共著/2004.04
Inhibition of in vivo angiogenesis by N-β-alanyl-5-S-glutathionyl-3,4-dihydroxyphenylalanine. (査読付) /Eur.J.Phrmacol.539(3)/共著/2006.04
A long-lived o-semiquinone radical anion is formed from N-β-alanyl-5-S-glutathionyl-3,4-dihydroxyphenylalanine(5-S-GAD),an insect-derived antibacterial substance. (査読付) /J.Biochem.142(1)/共著/2007.07
細胞死誘導抗体を分泌するビフィズス菌を利用したがん治療 /日本薬学会第135年会(神戸)/共著/2015.03
TRAIL-R1を標的とした新規3価VHH抗体を分泌するビフィズス菌によるがん治療 /日本薬学会第136年会(横浜)(講演ハイライト選定)/共著/2016.03
主な担当授業科目名 免疫学、化学系実習I、生物系薬学特論

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る