• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

教員紹介

所属 薬学部 薬学科 准教授
氏名 平 裕一郎
最終学歴 東京大学大学院薬学系研究科機能薬学専攻博士課程修了
現在所属している学会 日本薬学会、日本DDS学会
学士・修士・博士 博士(薬学)
所有資格 普通運転免許取得
研究の分野 腫瘍学、生物系薬学、医療系薬学
主な研究項目 ビフィズス菌をドラッグデリバリー担体に用いた固形がんに対する新規治療法の開発
主な研究業績 抗体薬物複合体(ADC)の設計開発 /シーエムシー出版/共著/2016.05
DDS先端技術の製剤への応用開発 /技術情報協会/共著/2017.06
Melecuar cloning of cDNA anfd tissue-specific expression of the gene for SII-K1,a novel transcription factor SII /Genes Cells.1998 May;3(5);289-96/共著/1998.05
Participation of transcription elongation factor XSII-K1 in mesoderm-derived tissue developement in Xenpus leavis. /J Biol Chem.2000 Oct 13;275(41);32011-5/共著/2000.08
A novel strategy utilizing ultrasound for antigen delivery in cell-based cancer immunotherapy /J Control Release(2009)133,198-205/共著/2009.01
Cancer gene therapy by IL-12 gene delivery using liposomal bubbles and tumoral ultrasound exposure /J Control Release(2010)142,245-250/共著/2010.03
Hepatotoxicity, nephrotoxicity, and drug/chemical interaction toxicity of platinum nanoparticles in mice. /Pharmazie, 72 pp. 10-16(7)/共著/2017.01
Hepatotoxicity and Drug/Chemical Interaction Toxicity of Nanoclay Particles in Mice /Nanoscale Research Letters 2017 12:199/共著/2017.03
臓器特異的S-II(SII-K1)の同定と解析 /第69回日本生化学会大会(札幌)/共著/1996.08
臓器特異的S-II(SII-K1)の発表の解析 /第70回日本生化学会大会(金沢)/共著/1997.09
アフリカツメガエルの新規な転写伸長因子S-II(SII-K1)の同定とX SII-K1による中胚葉誘導 /第72回日本生化学会大会(横浜)/共著/1999.10
バブルリポゾームと超音波の併用による肝臓特異的遺伝子導入法の開発 /日本超音波医学会第81回学術集会/共著/2008.05
Sonoporation-Mediated Gene Delivery Ssystem Targeted for Liver with Bubble Liposome /11th Liposome Research Days Conference/共著/2008.07
Cencer Immunotherapy Based on Liposomal Bubbles-Mediated Antigen Delivery to Dendritic Cells /11th Liposome Reseeach Days Conference/共著/2008.07
超音波を用いたがん温熱療法と樹状細胞を用いた免疫療法の併用による抗腫瘍効果 /第52回日本薬学会関東支部大会/共著/2008.10
リポソーム型微小気泡を利用した超音波がん治療法と免疫療法併用による抗腫瘍効果の増強 /日本薬剤学会第24年会/共著/2009.05
Developement of novel tumor hyperthemia utilizing Bubble liposomes and ultrasound exposure /12th World Congress of the World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology/共著/2009.08
嫌気性菌をドラッグデリバリー担体に用いた固形がんに対する新規治療法の開発---in vivo レベルでの解析 /第57回日本薬学会関東支部大会/共著/2013.10
嫌気性菌をドラッグデリバリー担体に用いた固形がんに対する新規治療法の開発---細胞・分子レベルでの解析 /第57回日本薬学会関東支部大会/共著/2013.10
嫌気性菌をドラッグデリバリー担体に用いた固形がんに対する新規治療法の開発 /日本薬学会 第134年会(熊本)/共著/2014.03
嫌気性菌をドラッグデリバリー担体に用いた固形がんに対する新規治療法の開発 /日本薬学会 第134年会(熊本) 報道機関向け講演ハイライト/共著/2014.03
「遺伝子組換え嫌気性菌によるがん治療」(招待講演) /第58回 日本薬学会関東支部大会(2014年10月4日、昭和薬科大学)シンポジウム 薬剤系 次世代治療とDDS技術/単著/2014.10
細胞死誘導抗体を分泌するビフィズス菌を利用したがん治療 /第135年会(神戸) 日本薬学会(2015年3月28日、兵庫医療大) 医療系薬学 がん治療DDS/共著/2015.03
抗TRAIL受容体アゴニスト一本鎖抗体 発現・分泌ビフィズス菌の抗腫瘍効果の解析 /第31回日本DDS学会(2015年7月2日)/共著/2015.07
製薬企業の研究者向けセミナー「抗体薬物複合体(ADC)におけるリンカー性能向上とDDS技術」 /株式会社 技術情報協会/単著/2016.12
組換えビフィズス菌をDDSとして用いた癌治療法の開発 /日本薬学会 137年会(仙台) 一般シンポジウム 「がんターゲティング療法の最前線」 /単著/2017.03
粒子径による銀ナノ粒子の傷害性と薬物相互作用に関する検討 /日本薬学会 137年会(仙台) 一般ポスター発表(環境・衛生系薬学)/共著/2017.03
Influence of nanoclay particles on hepatotoxicity and drug interaction toxicity in mice /Euro Tox 2017 9月10~13日 Bratislava, Slovak National Theatre/共著/2017.09
PVP修飾銀ナノ粒子の安全性評価 /日本薬学会 関東支部会 9月16日 東京、慶応義塾大学薬学部/共著/2017.09
TNF-α発現・分泌ビフィズス菌の作製および抗腫瘍効果の検討 /日本薬学会 関東支部会 9月16日 東京、慶応義塾大学薬学部/共著/2017.09
主な担当授業科目名 腫瘍統合講義、英語IA、英語IB、薬学基礎実習、ドラッグターゲティング学特講

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る