• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

健康科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)
※2018年度取材内容となります。準備が出来次第、更新いたします。 池袋キャンパス

鍼灸学専攻(修士・博士課程)

臨床心理学実践と研究の発展に
貢献できる臨床心理学者を
養成します

健康科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)では、本学の建学の精神である「実学の精神」に則り、臨床心理学の実践方法の開発・発展に寄与する研究課題について、高い倫理性と旺盛な探求心を持ち、科学的で実証的な視点から問題解明に取り組み、有意義な研究成果をあげるとともに、臨床活動の専門性を高め、将来臨床心理学領域の指導者として活躍できる臨床心理学の専門家を養成することを目的としています。

博士課程に応募するためには、大学院修士課程修了程度の学力を有し、臨床心理学の高度専門職業人として認められる実践能力と実績を有することが条件になります。これらの方のうち、(1)人と心に対する深い理解力とともに臨床心理学の実践方法を改善しようとする問題意識を持ち、(2)臨床心理領域における科学的検討の方法論を身に付けることに意欲を持ち、(3)心理的問題をかかえる人々への支援方法の改善を通して社会への貢献を希望する方を求めています。

博士課程では、臨床心理の専門家としての知識や理論の修得と、人間の心に関わる幅広い問題に対して真摯に研鑽を積み、将来、独立した研究者あるいは臨床心理領域の指導者として活躍できる専門家を養成するため、体系的で専門的なカリキュラムを組んで教育を実施しています。

専攻長からのメッセージ

心理の世界を探求し臨床研究の発展に貢献できる
研究者を養成します

近年、我が国では様々な領域で心の問題が発生し、臨床心理の立場からの問題解明や支援が求められています。学校ではいじめ、家庭では虐待やDV、職場では様々な人間関係が問題となり、地域では引きこもりや孤立の問題があります。以前の日本社会に備わっていた家族や地域の支援力が弱まる中で、現代人の孤立化と生きづらさが進行していると言えるのではないでしょうか。こうした中で臨床心理学の役割はますます大きくなっています。
臨床心理学専攻(博士課程)は、高度専門職業人としての実践経験を持つ方が、更に深く臨床心理学を学び、臨床心理学の実践方法の開発・発展に寄与する課題を研究するために設けられました。臨床心理学の実践の中から生じた問題意識を発展させ、研究を企画し推進していく意欲のある方々が本専攻で学ばれることを期待します。

臨床心理学専攻長 安西信雄

臨床心理学専攻長
安西 信雄
Anzai Nobuo

ページの先頭へ

心理臨床の幅広い領域を学び、
問題を実証的にとらえて研究する能力を
養成します
本専攻では、臨床心理の専門家としての知識や理論を修得し、人間の心に関わる幅広い問題に対して真摯に研鑽を積み、将来、独立した研究者あるいは臨床心理領域の指導者として活躍できる専門家を養成します。そのため、精神医学や脳・神経科学はもとより、基礎心理学や人間を取り巻く様々な問題に取り組み、問題を実証的にとらえて研究していけるようなカリキュラムを組んでいます。
現代的な問題に積極的に関わり、
未来への展望を切り開く
指導的人材を養成します
東京都豊島区という都市部にある大学院として、都市が直面する様々な現代的課題に積極的に関わり、現代社会と地域に根ざした実学的な研究を進められるように指導していきます。

ページの先頭へ

課程修了の認定及び学位

課程 在学期間 修得単位及び条件 学位
博士 3年以上6年以下
  • 16単位以上
  • 学位論文の審査及び試験に合格した者
博士
(健康科学)

ページの先頭へ

教育研究及び担当教員

研究指導分野 研究指導内容 担当教員
臨床心理学面接法 臨床心理学における様々なアセスメントの方法や面接法・治療法を学修し、これらを来談者がかかえる課題やニーズに対応して柔軟に適用していく方法を学びます。臨床活動や、ケースカンファレンスへの参加・スーパービジョンなどにより、来談者の意向や希望を尊重しつつ適切にアセスメントを行い、計画的に介入・支援を行い、その結果を自ら客観的に評価してその後の臨床活動の改善に活かすことの出来る能力を養成します。 教授 医学博士
安西 信雄

●担当教員、研究指導内容等は変更になる場合があります。

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る