• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

健康メディカル学部言語聴覚学科
池袋キャンパス

コミュニケーション能力の
改善を支援する専門家を養成

医療施設見学や実習を交えながら、話す、聞くなどのコミュニケーション能力の改善を支援するための知識と技術を修得し、社会性、洞察力、共感性を備えた言語聴覚士を目指します。

TOPICS
日本語力・コミュニケーション力UPを目指す!!

日本語力は言語聴覚士としてはもちろん、社会人としても必須の能力です。言語聴覚学科では、週1回のセミナーを利用して、日本語力・コミュニケーション力向上に向けた取り組みを行っています。

   
  訓練室   検査室
POINT1 少人数担任制による
きめ細やかな個別指導
1・2年次では、社会人・医療従事者として必要な基本的態度やマナーの修得、ボランティア体験、日本語力の向上に力を入れています。
POINT2 基礎から段階的に学べる
カリキュラム
医学系、心理系、音声・言語系、福祉・リハビリテーション系の基礎科目をもとに、言語聴覚の専門科目を学んでいきます。
POINT3 段階に応じた医療施設などでの
施設見学や臨床実習
小児から高齢者まで幅広く対応できる知識と技術の学びを、授業で積み重ね、医療施設などでの臨床実習に臨みます。
取得可能資格
言語聴覚士国家試験受験資格
想定される進路
総合・一般・大学・労災などの病院/リハビリテーションセンターなどの医療機関/福祉施設や相談所/教育機関/
大学院進学 など

ページの先頭へ

4年間の学びの流れ

池袋

基礎医学、音声医学、聴覚医学、言語医学などコミュニケーション活動を理解する基礎科目を中心に履修します。

池袋

専門科目を本格的に学び始めます。また、施設見学を行い言語聴覚士の現場での仕事を理解します。

[学外実習]
  • 施設見学【1日】

池袋

専門科目についてより実践的な知識・技術を身につけます。後期の講義修了後、医療施設での基礎実習を行い実践能力を養います。

[学外実習]
  • 見学実習【1日】
  • 臨床実習I【4週間】
  • 解剖学実習【1回】

池袋

医療施設での総合実習とともに、言語聴覚士国家試験に向けた学習の総仕上げを行います。

[学外実習]
  • 臨床実習II【8週間】

ページの先頭へ

ピックアップ授業

言語発達障害演習

瀬戸 淳子 教授(言語聴覚学科長)

言語発達障害について、どのような視点からアセスメントをするのかを中心に、その基本を理解することを目指します。少人数のグループに分かれて、行動観察の視点、基本的な検査、支援の考えについて、演習をしながら学びます。

摂食嚥下障害演習

相馬 有里 准教授

摂食・嚥下運動のメカニズムとその障害を理解したうえで、評価及び訓練について小グループに分かれ実践的に学びます。また、摂食・嚥下の臨床場面で生じうるリスクを把握し、それらに対応する方法についても指導をします。

ページの先頭へ

VOICE 在学生の声

高校の時の看護体験で、初めて言語聴覚士の存在を知りました。コミュニケーションの手段として大切な「ことば」を扱うということに興味を持ち、本学科を志望しました。言語聴覚士として臨床経験豊富な先生方から直接学ぶことができます。また演習など少人数制の授業が多く、質問したり意見を交わしたりしやすい環境があることも本学科の魅力です。実習先の患者さんからいただいた言葉を励みに、日々の課題に取り組んでいます。

諸星 亜弥 4年 東京都・帝京高等学校出身
※平成29年度取材

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る