徳田 良英
Faculty

学部・大学院

徳田 良英

所属 健康メディカル学部 理学療法学科 教授
健康科学研究科 理学療法学専攻 教授
最終学歴 東京都立大学大学院工学研究科博士課程修了
現在所属している学会 日本理学療法士協会、日本福祉のまちづくり学会、日本建築学会、帝京大学リハビリテーション研究会、千葉県介護支援専門員協議会、リハビリテーション工学協会
学士・修士・博士 博士(工学)
所有資格 理学療法士、介護支援専門員、生活環境支援系専門理学療法士(日本理学療法士協会)
研究の分野 バリアフリー、ユニバーサルデザインに関する研究、高齢者・障害者の生活環境に関する研究、姿勢と動作に関する研究
主な研究項目 姿勢と動作に関する人間工学的研究、バリアフリー、ユニバーサルデザインに関する研究
主な研究業績 車いす推進の身体活動負荷 アクティブタイプと標準型の比較/日本リハビリテーション工学協会第34回リハ工学カンファランス /共著/2019.08
Effect of body weight of wheelchair care reciepient on physical activity intensity of assistant person/AHFE 2019 Conference/共著/2019.07
Motion analysis of running: comparison between rear foot strike and fore foot strike methods/The 19th International Congress of WCPT(Genava, Switzerland, 2019)/共著/2019.05
「リハビリテーション工学の卒前教育の現状と課題」特集にあたり/日本リハビリテーション工学協会 リハビリテーションエンジニアリング Vol.34 No.1/単著/2019.02
身体活動量計測方法の比較検討/東京都理学療法士会第6回区西北部ブロック部学術集会/共著/2019.02
ケープタウンの工業団地内における理学療法サービス Workability の活動紹介/第5回日本予防理学療法学会学術大会/単著/2018.10
帝京平成大学健康メディカル学部理学療法学科で行う国際交流活動の紹介/第20回帝京大学リハビリテーション研究会/単著/2017.09
中野区のユニバーサルデザイン推進条例制定に向けた取組/日本福祉のまちづくり学会第20回全国大会(名古屋)/単著/2017.08
アメリカ障害者ウインタースポーツ 全米障害者スポーツセンターの活動と第42回ウェルズ・ファーゴ・スキー・カップ/日本リハビリテーション工学協会、リハビリテーションエンジニアリング Vol.32 (No.3)/単著/2017.08
Kinematic analysis of gait while using a smartphone/The 18th International Congress of WCPT(Cape Town, South Africa, 2017)/単著/2017.07
ユニバーサルデザインのまちづくりに向けた行政の取組への協力/第36回東京都理学療法学術大会/単著/2017.06
歩きスマホで歩容はどう変化するか -三次元動作解析装置を用いた歩行解析-/日本福祉のまちづくり学会 第19回全国大会(函館)/単著/2016.08
Light touch(能動的軽微な接触)時の脳活動/第23回脳機能とリハビリテーション研究会 学術集会/共著/2016.04
介護保険法の主な改正点について/暮らしとリハビリテーション 第3巻/単著/2015.11
Kinematic analysis of stair-descending motion: Comparison of forward descending and sideways descending methods/The 17th International Congress of WCPT (Singapore)/共著/2015.05
Basic research for development of teaching materials to enhance understanding of position behavior of hunched elderly people/The 17th International Congress of WCPT (Singapore)/単著/2015.05
介護保険法の主な改正点について/暮らしとリハビリテーション研究会第3回研究大会/単著/2015.03
地域高齢者に対する健康維持・転倒予防のためのボランティア活動/暮らしとリハビリテーション 第2巻/共著/2014.11
高齢円背者の姿勢動作の理解に役立つ教材開発の基礎的研究/第49回日本理学療法学術大会(神奈川)/単著/2014.05
元気な地域高齢者に対する健康維持・転倒予防のためのボランティア活動の紹介/暮らしとリハビリテーション研究会第二回研究発表大会/共著/2014.03
降段動作の違いが股関節および膝関節へ及ぼす影響~健常成人1例の動作分析~/暮らしとリハビリテーション研究会第二回研究発表大会/共著/2014.03
EFFECTS OF DIFFERENCE IN THE HEEL HEIGHT OF LADIES' SHOES ON BALANCE AND WALKING/WCPT-AWP & ACPT Congress 2013 (TAIWAN)/単著/2013.09
要援護者のための防災対策の普及啓発に関する研究/日本福祉のまちづくり学会 第16回全国大会(東北)/共著/2013.08
介護付き有料老人ホームにおける入居者のADLとQOLに関する一事例調査/日本福祉のまちづくり学会 第16回全国大会(東北)/単著/2013.08
婦人靴のヒールの高さの違いがバランスと歩行に及ぼす影響/第48回日本理学療法学術大会(名古屋)/単著/2013.05
歩行のイメージ時と準備時が前頭前野の活動に及ぼす影響~NIRSを用いた検討~/脳機能とリハビリテーション研究会 第20回学術集会/共著/2013.04
高齢者にとっての住環境/暮らしとリハビリテーション研究会第一回研究大会/単著/2013.03
帝京大学グループ校理学療法学科での生活環境論の教育と統一テキスト作成の試み/第15回帝京大学リハビリテーション研究会 /共著/2012.10
プッシュアップ動作による立ち上がりがし易いトイレの横手すりの高さに関する実験研究/日本福祉のまちづくり学会 第15回全国大会(北九州)/単著/2012.08
生涯大学における福祉のまちづくり教育に関する研究/日本福祉のまちづくり学会 第15回全国大会(北九州)/共著/2012.08
ストループテストでの単一課題と二重課題の正当数と脳血流量に関する実験研究/第19回脳機能とリハビリテーション研究会学術集会/共著/2012.04
Motion analysis of standing up in persons with round back/第16回世界理学療法連盟学会 Proceedings of 16th International WCPT Congress 2011 (Amsterdam)/単著/2011.06
円背モデルにおける立ち上がり動作の解析/第46回日本理学療法学術大会(宮崎)/共著/2011.05
連続歩行時の足圧中心軌跡からみた足関節不安定性評価の試み/第46回日本理学療法学術大会(宮崎)/共著/2011.05
円背モデルを用いた浴槽縁のまたぎ動作に関する運動学的解析/第45回日本理学療法学術大会(岐阜)/共著/2010.05
上肢前方挙上時における体幹の先行姿勢調節機構の検討/第45回日本理学療法学術大会(岐阜)/共著/2010.05
快適な療養空間にするには/難病と在宅ケアvol.15, No.3/共著/2009.06
生活環境支援領域におけるPT・OT、建築の連携教育の実践と課題 -理学療法士の立場から-/リハビリテーション研究 No.136/単著/2008.09
手すりに関する最近の研究動向/帝京大学リハビリテーション研究会第11回懇話会/単著/2008.09
支持基底面の減少が上肢探索機能に及ぼす影響/第27回関東甲信越ブロック理学療法士学会(千葉)/共著/2008.08
車いすのスロープ下り走行によるスロープ勾配の評価/第11回日本福祉のまちづくり学会大会(新潟)/単著/2008.08
障がい児のコミュニケーションに対するあそびを用いたアプローチ 児童デイサービスを利用する障がい児の社会参加のかたち/第11回日本福祉のまちづくり学会大会(新潟)/共著/2008.08
An experimental study about the physical burden in the downslope of the wheelchair/Proceedings of the 10th ACPT (Chiba)/共著/2008.08
車いすでのスロープ下り走行に関する動作筋電図による解析/第43回日本理学療法学術学会(福岡)/共著/2008.05
バッグの重さや種類の違いが姿勢に及ぼす影響/第43回日本理学療法学術学会(福岡)/共著/2008.05
大学生の講義中における座位姿勢に関する実態調査/第43回日本理学療法学術学会(福岡)/共著/2008.05
運動負荷後の血圧回復の及ぼす香りの効果/第43回日本理学療法学術学会(福岡)/共著/2008.05
KR付与による重心動揺の影響/第43回日本理学療法学術学会(福岡)/共著/2008.05
生活に潜む危険を探求する 利用者からみた事故の種類と実態・属性の行動パターンと事故の実態 車いす使用者/建築技術2007.11月号/単著/2007.11
車椅子の片手片足駆動によるスロープ上りからみたスロープ勾配の検討/第10回日本福祉のまちづくり学会学術大会(埼玉)/単著/2007.08
洋式便座からの立ち上がり動作における手すり荷重方法に関する運動力学的解析/第42回日本理学療法学術学会(新潟)/共著/2007.05
椅子座位での良好な姿勢と円背姿勢での膝伸展力の比較研究/第42回日本理学療法学術学会(新潟)/共著/2007.05
前方リーチ動作における足把持力の影響/第42回日本理学療法学術学会(新潟)/共著/2007.05
片手片足駆動でのスロープ勾配の検討/第42回日本理学療法学術学会(新潟)/共著/2007.05
療養環境の治療的役割に関する研究動向/脳科学とリハビリテーション, 第7巻/単著/2007.04
車椅子の片手片足駆動によるスロープ上りからみたスロープ勾配の検討-虚弱な高齢者に使いやすい環境整備の構築に関する基礎的研究-/平成14年度~平成18年度私立大学学術研究高度化推進事業(オープン・リサーチ整備事業)研究成果報告書,平成18年度/単著/2007.04
理学療法士実態調査報告:2005年6月実施/理学療法学/共著/2006.10
疑似体験学習の教育効果/第41回日本理学療法学術学会(群馬)/単著/2006.05
療養環境とリハビリテーションに関する最近の研究動向/第10回 脳機能とリハビリテーション研究会/単著/2006.03
高齢者のQOL向上にむけての基礎研究 -虚弱な高齢者に使いやすい環境整備の構築に関する基礎的研究-/平成14年度~平成18年度私立大学学術研究高度化推進事業(オープン・リサーチ整備事業)研究成果報告書 平成17年度/共著/2006.03
縦スイング式前方手すり使用時の立ち上がり動作 立ち座りの補助として使われる各種手すりに関する人間工学的研究 その3/日本建築学会2005年度大会(大阪)/共著/2005.09
縦スイング式前方手すりの許容位置及び手すりにかかる荷重 立ち座りの補助として使われる各種手すりに関する人間工学的研究 その2/日本建築学会2005年度大会(大阪)/共著/2005.09
種々の行為・動作時の手すりにかかる荷重 立ち座りの補助として使われる各種手すりに関する人間工学的研究 その1/日本建築学会2005年度大会(大阪)/共著/2005.09
放課後学童クラブにおける統合保育の実践に関する一事例調査 ~常盤平風の子学童クラブでの地域の連携と共生への取り組み~/第8回日本福祉のまちづくり学会学術大会/単著/2005.08
理学療法士の立場から関わった千葉県建築物ユニバーサルデザイン推進事業の一経験/第39回日本理学療法学術学会(仙台)/単著/2004.05
高齢者疑似体験実習に対する学生の反応—卒業前教育への導入の試み—/日本作業療法学会誌 巻:38th ページ:579/共著/2004.05
DEVELOPING A COMPUTER BASED EDUCATIONAL PROGRAM FOR UNDERSTANDING THE RELATIONSHIP BETWEEN SPACES AND HUMAN MOTION/First Coference of the Swedo-Japanese Alliance on Rehabilitation Sciences(Tokyo)/単著/2004.04
Developing a computer based educational program for understanding the relationship between spaces and human motions./第14回世界理学療法連盟学会 Proceedings of the 14th WCPT (Barcelona)/共著/2003.06
PT・OTによる建築設計教育への介入の試み バリアフリー教育のオムニバス的手法/第37回日本理学療法学術学会(静岡)/共著/2002.07
地域理学療法の効果をどう評価するか?/理学療法学, Vol29, No8/共著/2002.04
バリアフリー環境に関する教育手法と教材開発に関する研究/平成13年度東京都専修学校各種学校協会研究紀要(専門研究論文)/共著/2002.04
建築設計科学生に対する「バリアフリーに関する講義および障害体験実習プログラム」の試み/日本作業療法学会誌 巻:36th ページ:674/共著/2002.04
討論「リハビリテーション施設の計画 -回復期リハビリテーション病棟を中心に-」基礎資料/社団法人日本医療福祉建築協会/共著/2001.09
標示位置の違いによる仰角・見やすさ・頸部の負担感に関する人間工学的実験研究- 立位と車いす坐位の比較-/第36回日本理学療法学術学会(広島)/単著/2001.05
注視特性からみた公共施設のサイン計画に関する基礎的研究/茨城県立医療大学研究報告書 平成11年度/単著/2001.04
どのような人がどのようにそこを使うか/日本建築学会建築計画委員会/単著/2000.09
リハビリテーション病院の病棟の使われ方に関する実態調査/日本建築学会2000年度大会(福島)/共著/2000.09
病院内の理学療法部門の施設設置に関する調査分析/第35回日本理学療法士学会(鹿児島)/共著/2000.05
脳卒中片麻痺者の麻痺側と非麻痺側における体肢組成の差について ~生体電気インピーダンス法と皮下脂肪厚法による検討~/第35回日本理学療法士学会(鹿児島)/共著/2000.05
医療・福祉施設におけるリハビリテーション部門の空間再編成計画に関する研究/平成10,11年度文部省科学研究補助金(基盤研究B) 研究成果報告書/共著/2000.04
A study on the classification of inpationts' activities of daily living on admission to a rehabilitation hospital in Japan./Proceedings of The 13th WCPT (Yokohama)/共著/1999.05
作業療法室の訓練場所利用に関する実態調査(リハビリテーション病院作業療法室の使われ方に関する研究)/日本建築学会1999年度大会(広島)/共著/1999.05
福祉機器情報のバリアフリーに関するインターネット開発/茨城県立医療大学研究報告書 平成10年度/共著/1999.04
住環境整備に関する卒前教育の実態調査(PT教官と建築士等の教官との教育内容の比較検討)/第2回茨城県理学療法士学会(茨城)/共著/1999.02
病院内のリハビリーション関連施設に関する実態調査/第37回日本病院管理学会学術総会(千葉)/共著/1999.01
脳卒中患者の病院退院要因からみた住宅改造の目標設定/日本建築学会1996年度大会(滋賀)/共著/1998.09
滞在時間からみた運動療法室の類型(リハビリテーション病院運動療法室の使われ方に関する研究 その2)/日本建築学会1998年度大会(福岡)/共著/1998.09
運動療法室の患者の訓練場所利用に関する実態調査(リハビリテーション病院運動療法室の使われ方に関する研究 その1)/日本建築学会1998年度大会(福岡)/共著/1998.09
スウェーデン保健福祉医療最新報告:第ニ部 多様化するグループホームと二十四時間ケアを支えるナイトパトロール/総合社会保障,第36巻7号/共著/1998.07
養成機関における住環境整備に関する教育内容について/第32回日本作業療法士学会(宇都宮)/共著/1998.06
スウェーデン保健福祉医療最新報告:第一部 スンズバル市の在宅ケア-住生活保障と地域リハビリテーション-/総合社会保障,第36巻5号/共著/1998.05
茨城県立医療大学附属病院入院の脳卒中患者における入院初期のADLの考察(FIMデータ分析から)/第33回日本理学療法士学会(京都)/共著/1998.05
リハビリテーション病院の建築計画に関する基礎的研究(能力障害からみた入院患者の属性の類型化)/茨城県立医療大学研究報告書 平成9年度/単著/1998.04
北欧在宅ケア実地研修(デンマーク スウェーデン)/茨城県立医療大学研究報告書 平成9年度/単著/1998.04
茨城県内における脳卒中患者の病院退院時のハウスアダプテーションに関する実態調査/第1回茨城県理学療法士学会(茨城)/単著/1998.02
民主主義と平和に根ざした福祉:デンマークの保健福祉医療の実地研修から考える(下)/総合社会保障,第36巻1号/共著/1998.01
機能的自立度評価法(FIM)による入院時ADLの類型(リハビリテーション病院における入院時ADLの類型に関する研究 その2)/第36回日本病院管理学会学術総会(東京)/共著/1998.01
機能的自立度評価法(FIM)の項目相互の関連(リハビリテーション病院における入院時ADLの類型に関する研究 その1)/第36回日本病院管理学会学術総会(東京)/共著/1998.01
民主主義と平和に根ざした福祉:デンマークの保健福祉医療の実地研修から考える(上)/総合社会保障 第35巻12号/共著/1997.12
脳卒中患者の退院先決定要因からみた住環境の問題点/茨城県立医療大学研究報告書 平成7・8年度/単著/1997.04
寝たきりにならないための住まいの工夫/阿見町地域ケアシンポジウム報告書/単著/1997.04
高齢者の入院患者における自宅退院可否要因に関する考察./第29回日本理学療法士学会(青森)/共著/1996.05
患者さんを通じて見たバリアフリーの必要性:物理的バリアに加えて社会的、制度的なバリアも存在する/すまいろん,1995年春号 財団法人住宅総合研究財団/単著/1995.04
内固定術後、院内転倒事故によりnon-unionとなった左大腿骨骨幹部骨折/理学療法 進歩と展望(東京都理学療法士会)第7巻/共著/1993.03
踵骨骨折後の職業復帰に関する予後判定について Bohler角との関係/理学療法 進歩と展望(東京都理学療法士会) 第6巻/共著/1991.03
スマホ歩行の運動解析/帝京平成大学紀要第26巻/共著/2016.03
簡易な円背模擬ベルト装着での歩行解析/帝京平成大学紀要第25巻/共著/2014.03
高齢者にとっての住環境/暮らしとリハビリテーション 第1巻/単著/2013.11
ストループ課題の難易度と脳賦活度の関係について 近赤外線分光法(NIRS)を用いた血液中ヘモグロビン濃度変化の検討/帝京平成大学紀要第24巻第1号/共著/2013.03
婦人靴のヒール高さの違いがバランスと歩行に及ぼす影響/帝京平成大学紀要第24巻第1号/単著/2013.03
立ち上がりを補助するためのプッシュアップ動作に最適な横手すりの高さに関する実験研究/帝京平成大学紀要第23巻第1号/共著/2012.04
他動的伸長運動が下腿三頭筋複合体の柔軟性に及ぼす効果/帝京平成大学紀要第21巻第1号/共著/2010.03
車いすの下り勾配における身体負担に関する実験研究(「審査付き論文」)/福祉のまちづくり研究第11巻第1号/単著/2009.07
下り傾斜路における車いす駆動の身体負担/帝京平成大学紀要第20巻第1号/単著/2009.03
虚弱高齢者の夜間頻尿に対する運動療法の効果/帝京平成大学紀要第19巻/共著/2008.03
クラークシップ型臨床実習に対応したTHU・理学療法版Basic OSCE/帝京平成大学紀要第19巻/共著/2008.03
学童保育における共生の実践に関する一事例調査/帝京平成大学紀要第18巻/単著/2006.12
バリアフリー環境に関する教育手法と教材開発に関する研究(「審査付き論文」)/日本福祉のまちづくり学会 福祉のまちづくり研究、第5巻第1号/単著/2003.06
見やすい標示位置に関する立位と車椅子坐位の比較研究(「審査付き論文」)/日本福祉のまちづくり学会 福祉のまちづくり研究、第4巻第1号/共著/2002.06
病院内における理学療法部門の施設設置に関する現況(「審査付き論文」)/理学療法学, 第28巻 第6号/共著/2001.10
OT・PT養成校で行われている住環境整備に関する教育(「審査付き論文」)/作業療法, 第19巻/共著/2000.08
リハビリテーション専門病院における入院初期患者のADLからみた患者属性の類型化の試み(「審査付き論文」)/病院管理,第37巻3号/共著/2000.07
リハビリテーション病院における作業療法室の使われ方に関する調査・分析(「審査付き論文」)/日本建築学会計画系論文集,第532号/共著/2000.06
リハビリテーション専門病院の施設特性と類型化の試み(「審査付き論文」)/病院管理,第37巻2号/共著/2000.04
リハビリテーション専門病院の建築計画に関する研究(「博士論文」)/東京都立大学審査学位論文/単著/2000.03
リハビリテーション病院における運動療法室の使われ方に関する調査・分析(「審査付き論文」)/日本建築学会計画系論文集,第522号/共著/1999.08
リハビリテーション専門病院における入院初期の患者のADLからみた患者属性の類型化 -茨城県立医療大学附属病院を例として-/茨城県立医療大学紀要,第4巻/共著/1999.03
脳卒中片麻痺患者の退院先に関わる機能・能力障害、経済状況、および家族状況/茨城県立医療大学紀要,第2巻/単著/1997.03
脳卒中患者の病院退院要因に関する建築計画的研究 –能力障害・人的環境・住環境の影響–(「修士論文」)/横浜国立大学大学院工学研究科/単著/1996.03
生活環境論入門 第3版/DTP出版 (ISBN978-4-86211-631-4)/共著/2018.04
基礎から確認 PT臨床実習チェックリスト/メディカルビュー(ISBN978-4-7583-1924-9)/共著/2018.03
シンプル理学療法学・作業療法学シリーズ 生活環境学テキスト/南江堂(ISBN978-4-524-25822-2)/共著/2016.04
リハビリテーション医療を学ぶ学生のための教養の工学/DTP出版(ISBN978-4-86211-547-8)/単著/2015.09
キネシオロジー フラッシュカード/ガイアブック(ISBN978-4-88282-845-7)/共著/2012.12
クリニカルキネシオロジー/産調出版(ISBN978-4-88282-844-0)/共著/2012.09
生活環境論入門(改訂第2版)/DTP出版(ISBN978-4-86211-321-4) /共著/2012.09
理学療法をはじめて学ぶ学生のためのわかりやすい力学のはなし/DTP出版(ISBN978-4-86211-279-8)/単著/2011.09
Media5 PremiierV シリーズ 福祉住環境コーディネーター検定試験2・3級 /メディアファイブ/単著/2011.02
生活環境論入門/DTP出版(ISBN978-4-86211-219-4)/単著/2010.09
ザROM/アイペック(ISBN4-900943-70-3)/共著/2007.09
Media5 Premier2.0シリーズ 福祉住環境コーディネーター/メディアファイブ/単著/2007.04
リハビリテーション医療事典/朝倉書店(ISBN978-4-254-33503-3)/共著/2007.04
Media5 Special シリーズ 福祉住環境コーディネーター/メディアファイブ/共著/2003.04
ホームヘルパーのための介護サービス用語集/アグネ承風社(ISBN 978-4-900508-61-3(4-900508-61-6)/共著/2001.03
最新 自立ができる介護のコツ 日常生活動作の介助と自立(1),(2),(3)/小学館プロダクション/共著/2000.04
「日常生活動作の向上」ビデオ・リハビリテーションシリーズビデオ・リハビリテーションシリーズ 自立をめざす高齢者介護(1),(2),(3)/小学館プロダクション/共著/1999.04
「日常生活動作の向上」ビデオ・リハビリテーションシリーズ/小学館プロダクション/共著/1997.04
主な担当授業科目名 生活環境学、日常生活活動技術学実習、卒業研究、理学療法研究方法論Ⅰ実習、理学療法研究方法論Ⅱ実習、特別総合演習、職業倫理職場管理学、リハビリテーション工学、地域理学療法学実習、理学療法技術学実習、運動と行動実習、理学療法評価・分析学特論(大学院健康科学研究科理学療法学専攻)、理学療法評価・分析学特論演習(大学院健康科学研究科理学療法学専攻)