川島 尊之
Faculty

学部・大学院

川島 尊之

所属 健康メディカル学部 臨床心理学科 准教授
健康科学研究科 臨床心理学専攻 准教授
最終学歴 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得後退学
現在所属している学会 日本心理学会 、日本基礎心理学会、日本音響学会、Acoastical Society of America、Association for Research in Otolaryngology、日本バーチャルリアリティ学会
学士・修士・博士 東京大学: 博士(心理学),修士(心理学),学士(文学); 目白大学(夜間修士):修士(臨床心理学);
所有資格
研究の分野 心理学,情報学
主な研究項目 音楽が人間の感情,認知,ストレス軽減などにおいて果たす適応的な役割の起源、聴覚における知覚的体制化の処理過程
主な研究業績 [やさしい解説] 心理実験の統計分析入門/日本音響学会誌 74(10) 555-561/単著/2018.10
Effect of Voice Duration on Numerosity Judgments of Simultaneous Talkers/Association for Research in Otolaryngology Miidwinter Meeting/単著/2016.02
話者数知覚の時間的性質/信学技報, EA2015-20, 59-64/単著/2015.08
Perceptual limits in a simulated “Cocktail party”(査読付)/Attention, Perception, & Psychophysics, 7 (6) , 2108–2120. doi: 10.3758/s13414-015-0910-9/共著/2015.07
Change deafness for simultaneous voices(査読付)/Japanese Psychological Research, 57 (3), 206–217. doi: 10.1111/jpr.12088/単著/2015.05
Adaptation in Sound Localization Processing Induced by Interaural Time Difference in Amplitude Envelope at High Frequencies(査読付)/PLoS ONE 7(7): e41328. doi:10.1371/journal.pone.0041328/共著/2012.07
聴覚における特徴検出過程に対する注意の働きに関する研究/日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究B)研究成果報告書, 2011/単著/2011.01
図説現代心理学入門(三訂版)/培風館/共著/2005.02
Attention modulates auditory adaptation produced by amplitude modulation(査読付)/Journal of the Acoustical Society of America, 126(5)/単著/2009.06
同時複数音源の分散的聴取における知覚限界(査読付)/日本音響学会誌,65(1)/単著/2009.01
Factors affecting the perception of multiple simultaneous voices(査読付)/Japanese Journal of the Psychonomic Society,24/共著/2005.01
Perceptual learning and its generalization in the discrimination of interaural time differences(査読付)/Journal of the Acoustical Society of Japan(E.),21/共著/2000.01
主な担当授業科目名 心理学、心理学統計法/統計基礎、データ解析