小森 次郎
Faculty

学部・大学院

小森 次郎

所属 現代ライフ学部 経営マネージメント学科 准教授
環境情報学研究科 環境情報学専攻 准教授
現代ライフ学部 経営マネージメント学科 通信教育課程 准教授
最終学歴 東京都立大学大学院理学研究科地理科学専攻博士課程 修了
現在所属している学会 日本地学教育学会、全日本博物館学会、日本第四紀学会、東京地学協会、日本自然災害学会、地質リスク学会
学士・修士・博士 博士(理学)
所有資格
研究の分野 科学教育,社会・安全システム科学,地球惑星科学
主な研究項目 山岳地域の自然災害と防災、山岳地域の環境変動、環境教育・地学教育の手法研究と実践
主な研究業績 モレーン堰き止め型氷河湖の湖盆形状/日本第四紀学会2017年大会/単著/2017.08
氷河湖の湖盆形状の特徴 -ブータンヒマラヤの例-/日本地球惑星科学連合2017年大会/単著/2017.05
岩絵の具づくりを通した地学教育普及/日本地球惑星科学連合2017年大会/単著/2017.05
三浦半島南部の湾入地形に注目した地域資源の発掘と活用案/日本地球惑星科学連合2017年大会/共著/2017.05
富士山で発生する融雪泥流・雪崩の発生の特性/日本地球惑星科学連合2017年大会/単著/2017.05
3.11以降の福島浜通り地域で見られるジオ/電力に関する事物と一般社会の理解/日本地球惑星科学連合2017年大会/単著/2017.05
福島県浜通り地域での地学/防災/資源に関する巡検/第319回生存圏シンポジウム 地球惑星科学の持続的発展を目指す教育の将来像/単著/2016.08
ヒマラヤの氷河湖は決壊するのか -過去約50年間の記録からの検討-/気候影響・利用研究会 会報/単著/2015.12
富士山登山道周辺の落石の特徴と事故防止案/自然災害学会 第33回学術講演会/単著/2015.10
富士山における落石と登山者事故の特徴/地球惑星科学関連学会合同大会/単著/2015.10
A case study of ice avalanche and subsequent flood from Mt. Annapurna, Nepal -alarming phenomena other than GLOFs in the Himalayan glacier-/XIX International Union for Quaternary Research congress/2015.08
富士山東斜面の雪代現象の特徴と雪崩発生の素因/地球惑星科学関連学会合同大会/単著/2015.05
ラムジュン峰の氷河雪崩によるマディ川の洪水/地球惑星科学関連学会合同大会/単著/2015.05
富士山の登山環境と御殿場ルートの魅力/古今書院、月刊「地理」12-17/単著/2014.06
ハンドオーガーボーリングを用いた小学生向け出前授業/地球惑星科学関連学会合同大会/単著/2014.05
氷河・氷河湖・川から見たブータン/古今書院、月刊「地理」50-59/単著/2014.05
学生独自の簡易ボーリングと地温観測による地学教育体験/地学教育学会 第68回全国大会/単著/2014.04
ヒマラヤにおける氷河湖決壊の発生事例とその特徴//地球惑星科学関連学会合同大会/単著/2013.05
ブータンにおけるフィールド研究事情/2012年度海外学術調査フォーラム 招待講演/単著/2012.06
衛星通信を用いたヒマラヤ-日本間の遠隔講義/地球惑星科学関連学会合同大会/共著/2012.05
The cases and frequency of glacier lake outburst in the Bhutan Himalayas/地球惑星科学関連学会合同大会(国際セッション)/単著/2012.05
岩屑被覆氷河からの氷河湖決壊洪水 -2009 年ツォジョ氷河の事例-/地球惑星科学関連学会合同大会/共著/2011.05
ブータンの氷河湖決壊洪水:住民を守るための調査と援助/科学,岩波書店,6月号/共著/2011.05
観光資源と災害危険要素の評価と情報発信-白馬大雪渓の事例-/地球惑星科学関連学会合同大会/共著/2011.05
Natural disaster in Bhutan/地球惑星科学関連学会合同大会/共著/2011.05
ブータンヒマラヤの氷河湖湖盆地形/地球惑星科学関連学会合同大会/共著/2010.05
GLOFによる地形・堆積物と荒廃した谷底の回復/地球惑星科学関連学会合同大会/共著/2010.05
Recent slush avalanche in the southeastern slope of Mount Fuji/International symposium on Snow and Avalanches/単著/2009.05
白馬大雪渓の落石事故から安全対策を考える/岳人 Vol. 710, 147-149ページ/単著/2006.07
ブータンヒマラヤ周辺の氷河湖とその拡大/地球惑星科学関連学会合同大会/単著/2006.05
中等教育にける地球科学系実習へのティーチングアシスタント任用の現状と今後の可能性/地球惑星科学関連学会合同大会/共著/2006.05
ボーリングコア亀裂面の褐色汚染度評価と岩盤透水性・孔内水位の相関性の検討/東北地質調査業協会「大地」, 24,10-14/単著/1995.10
Glacial and periglacial environments and their benefits and risks related to recent climate change in Asian high mountains./XIX International Union for Quaternary Research congress/共著
Rockfall hazard in the Daisekkei Valley, the northern Japanese Alps, on 11 August 2005/Landslides/共著
Reconstruction of marine environmental changes during the last 3000 years in the southern Okhotsk Sea/The 18th international symposium on Okhotsk Sea and sea ice/共著
岩絵の具づくりを通した子供向けの第四紀学の普及活動/第四紀研究/単著/2017.10
Reconstruction of a phreatic eruption on 27 September 2014 at Ontake volcano, central Japan, based on proximal pyroclastic density current and fallout deposits/Earth, Planets and Space, 68/共著/2016.11
2013年台風26号により伊豆大島大宮沢で発生した土砂移動プロセス/日本地すべり学会誌/共著/2015.10
ジオパーク利用者へのリスク情報の提供/E-journal GEO 9(1) 84-87/単著/2014.04
May-September precipitation in the Bhutan Himalaya since 1743 as reconstructed from tree ring cellulose O-18/Journal of Geophysical Research: Atmospheres/共著/2013.08
Glacial Lake Outburst Events in the Bhutan Himalayas/Global Environmental Research, Vol. 16, 59-70 (査読付)/共著/2012.07
Landslide-induced terminal moraine-like landforms on the east side of Mount Shiroumadake, Northern Japanese Alps/Geomorphology/共著/2011.04
2009年のブータンの自然災害/自然災害科学, 29, 233-243/共著/2010.06
富士山南東斜面の雪代イベントの特徴と発生予測/富士学研究, 6/単著/2009.06
Recent expansions of glacial lakes in the Bhutan Himalayas/Quaternary International, 184, 177-186. doi:10.1016/j.quaint/単著/2008.06
ネパール東部ヒンク・ホング地域およびブータンヒマラヤの氷河湖の現状と拡大特性/地学雑誌, 115,531-535/単著/2006.06
Glacial lake development and the record of outburst flood in the north-central Bhutan and Kulha Kangri massif, Eastern Himalaya/Proceedings of International Symposium,Landslide Hazard in Orogenic Zone from the Himalaya to Island Arc in Asia, 119-125/共著/2005.06
Landslide associated with steam explosion in the active geothermal field in Japan/Proceedings of International Symposium,Landslide Hazard in Orogenic Zone from the Himalaya to Island Arc in Asia, 53-61/共著/2005.06
Variation and lake expansion of Chubda Glacier, Bhutan Himalayas, during the last 35 years./Bulletin of glaciological Research, 21 49-55/共著/2004.06
東京世田谷区北部の淀橋台地西端における第四紀後期層序/日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要, 35,115-124/共著/2000.03
1997年5月11日八幡平澄川地すべりにおいて発生した水蒸気爆発-噴出物調査にもとづく検討/日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要, 33,127-140/共著/1998.03
実践 統合自然地理学 あたらしい地域自然のとらえ方/古今書院.岩田修二(責任編集)/共著/2018.06
気候の変動と影響・利用に関する事典/朝倉書店.山川修治ほか編/共著/2017.12
極圏・雪氷圏と地球環境/二宮書店.山川修治ほか編/共著/2010.03
地球変動研究の最前線を訪ねる -人間と大気・生物・土壌の環境-/清水弘文堂書房.アサヒエコブックス Vol.26/共著/2010.02
登山道の安全を考える -白馬大雪渓ルートの事例から-/「山岳科学ブックレット」 Vol.1 信州大学山岳科学総合研究所発行.オフィスエム 発売/共著/2009.07
主な担当授業科目名 自然環境情報,地球環境情報,地誌学概論,博物館情報II,博物館経営論,博物館展示論,博物館教育論,フレッシュセミナー,実用英語,卒業論文