恒松 美香子
Faculty

学部・大学院

恒松 美香子

所属 ヒューマンケア学部 鍼灸学科 助教
健康科学研究科 はり灸学専攻 助教
最終学歴 筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科スポーツ医学専攻 修了
現在所属している学会 全日本鍼灸学会 正会員、日本体力医学会 正会員、日本温泉気候物理医学会 正会員、日本臨床スポーツ医学会 準会員、日本健康科学学会 正会員、日本東方医学会 正会員、日本環境感染学会 正会員
学士・修士・博士 学士(鍼灸学)、修士(保健学)、博士(スポーツ医学)
所有資格 臨床検査技師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、特別支援学校自立教科教諭一種免許状(理療)
研究の分野 鍼灸学、健康・スポーツ科学、境界医学
主な研究項目 鍼灸学、高齢者の健康・スポーツ科学、医療管理学(鍼灸臨床上の衛生管理)
主な研究業績 運動と痛みのケア(特集 予防医学からみた運動)/体育の科学第60巻8号/共著/2010.08
より安全な鍼灸臨床のためのアイデア (2) 有害事象報告論文 (2003-2006) および指サック・グローブ装着に関する議論/全日本鍼灸学会雑誌 54巻4号/共著/2008.05
鍼灸師養成学校におけるB型肝炎対策に関する調査/全日本鍼灸学会雑誌第68巻3号/共著/2018.08
鍼灸有害事象トピックスとB型肝炎対策の最新情報/全日本鍼灸学会雑誌第68巻1号/共著/2018.02
5th International Conference and Expo on Acupuncture and Oriental Medicine 参加報告/全日本鍼灸学会雑誌第67巻4号/単著/2017.11
鍼刺激感覚と腰痛強度の変化との関連(査読付)/東方医学会Vol.32 No.3, 4/共著/2017.02
鍼刺激感覚評価尺度の開発と鍼刺激の強度および快不快感との関係(査読付)/東方医学/共著/2016.10
鍼灸師の手指衛生操作に関連する要因の検討(査読付)/全日本鍼灸学会雑誌63巻4号/共著/2013.11
中高齢女性における運動器の疼痛および身体機能は日常の身体活動量に関連する(査読付)/Health Sciences 26巻1号/共著/2010.04
鍼施術が筋骨格系に痛みを訴える中高齢者の身体活動量に及ぼす影響(査読付)/日本温泉気候物理医学会雑誌72巻2号/共著/2009.02
指サック使用が刺鍼時の痛みに及ぼす影響(査読付)/全日本鍼灸学会雑誌 54巻4号/共著/2004.08
中高齢者の鍼灸療法/医道の日本社/共著/2015.04
臨床で知っておきたい鍼灸安全の知識/医道の日本社/共著/2009.06
主な担当授業科目名 臨床鍼灸実習Ⅰ・Ⅱ、アドバンスセミナーⅡA・B、臨床鍼灸総合実習/鍼灸セラピー総合実習、鍼灸セラピー総合演習Ⅰ、臨床鍼灸Ⅱ、形態機能学Ⅱ・Ⅳ、卒業研究