坂田 清美
Faculty

学部・大学院

坂田 清美

所属 ヒューマンケア学部 看護学科 准教授
看護学研究科 看護学専攻 
最終学歴 首都大学東京大学院 人間健康科学研究科 博士後期課程 満期退学
現在所属している学会 日本看護科学学会  、日本助産学会 、思春期学会、日本母性衛生学会、日本ウーマンズヘルス学会、日本保健科学学会、日本産前産後ケア学会、日本産婦人科乳腺医学会
学士・修士・博士 修士(看護学)
所有資格 看護師、助産師、救急救命士
研究の分野 看護学
主な研究項目 熟練助産師 、妊婦健康診査、コミュニケーション、産後ケア
主な研究業績 熟練助産師の助産ケアの判断における認知過程を明らかにするための研究/平成20年度 厚生労働省科学研究費補助金 基盤研究(c)/共著
産婦が分娩中にリラクスできたと感じられる状況とは/帝京平成大学紀要/共著/2018.03
熟練助産師が妊婦健康診査時に行うフィジカルアセスメント(査読付)筆頭著者/日本ウーマンズヘルス学会誌/共著/2014.04
助産所における妊婦健康診査の実際 (筆頭著者)/"日本保健科学学会誌:vol.12 ,2009./共著/2009.10
"熟練助産師の妊婦健康診査時におけるアセスメントの視点(筆頭著者)/首都大学東京 学位論文(看護学修士)/単著/2009.03
産後ケア講座/ヒューマンアカデミー株式会社/共著/2018.07
実習に役立つ!国家試験に使える!母性看護学/株式会社PILAR PRESS ピラールプレス/共著/2018.04
2020年看護師国家試験対策 出題傾向がみえる母性看護学/株式会社PILAR PRESS ピラールプレス/共著/2019.11
主な担当授業科目名 基礎助産学概論Ⅰ・Ⅲ、助産診断技術学Ⅲ、助産管理、地域母子保健、母性看護学援助論Ⅲ・看護研究Ⅲ、母子支援看護学特論、母子支援看護学演習、母子・地域看護支援演習