松﨑 晴康
Faculty

学部・大学院

松﨑 晴康

所属 健康メディカル学部 医療科学科 講師
環境情報学研究科 環境情報学専攻 講師
最終学歴 帝京平成大学大学院 情報学研究科 情報学専攻 博士後期課程
現在所属している学会 電子情報通信学会、日本生体医工学会、日本臨床神経生理学会、日本認知症学会
学士・修士・博士 工学士、修士(情報学)、博士(情報学)
所有資格
研究の分野 人間情報学、人間医工学、脳科学
主な研究項目 非侵襲的生体情報計測、脳機能計測・非侵襲的脳活動計測、運動情報計測
主な研究業績 Altered Neuronal Activity Topography Markers in the Elderly with Increased Atherosclerosis./Frontiers in Aging Neuroscience , doi: 10.3389/fnagi.2017.00216/共著/2017.07
特発性正常圧水頭症における髄液シャント術の脳波NPV解析による効果予測/老年精神医学雑誌,Vol.27(11), pp.1176-1182/共著/2016.11
地域在住正常高齢者と認知症高齢者の脳波所見/臨床神経生理学,Vol.43, No.1, pp.1-9/共著/2015.10
Detection of EEG-Resting State Networks by LORETA-ICA method./Frontiers in Human Neuroscience,doi:10.3389/fnhum.2015.00031/共著/2015.02
Noninvasive prediction of shunt operation outcome in idiopathic normal pressure hydrocephalus./SCIENTIFIC REPORTS,doi:10.1038/srep07775/共著/2015.01
Neuronal Activity Topography Parameters as a Marker for Differentiating Vascular Cognitive Impairment in Carotid Stenosis/Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases, Vol.23(9), pp.2384–2390/共著/2014.10
EEG and Neuronal Activity Topography analysis can predict effectiveness of shunt operation in idiopathic normal pressure hydrocephalus patients./NeuroImage: Clinical, Vol.3, pp.522-530/共著/2013.10
EEG Markers for Characterizing Anomalous Activities of Cerebral Neurons in NAT (Neuronal Activity Topography) Method./IEEE TRANSACTIONS ON BIOMEDICAL ENGINEERING,Vol.60, No.8, pp.2332-2338/共著/2013.08
頸動脈狭窄症による血管性認知障害に対する定量的脳波解析/CI研究,Vol.34, No.3・4, pp.145-153/共著/2013.03
脳波・生理学的所見と認知機能低下/老年精神医学雑誌,Vol.23, No.4, pp420-428/共著/2012.04
ニューロン活動トポグラフィーを用いた頸動脈狭窄症による血管性認知障害の評価/CI研究,Vol.33, No.2, pp.101-108/2011.09
Neuronal Activity topography解析によるアルツハイマー患者の推定/臨床神経生理学,Vol.38, No.1, pp.10-15/共著/2010.02
L-DIMENSION解析によるアルツハイマー患者の推定/臨床神経生理学,Vol.36, No.5, pp.560-561/共著/2008.10
Neuronal impairment and instability./International Journal of Bioelectromagnetism Vol.9, No.2, pp.113-115/共著/2007.10
Static γ-motoneurones couple group Ia and II afferents of single muscle spindles in anaethetised and decerebrate cats./Journal of Physiology,Vol.543, No.1, pp.273-288/共著/2002.08
Quantitative estimation of sensitivity to muscle stretches in the tonic muscle spindle discharges of cats./2001 Conf. Proc. of 23rd Annual Conf. of IEEE EMBS,Vol.2, pp.1267-1269/共著/2001.10
運動準備段階における外耳道温度と顔面温度変化/医用電子と生体工学,Vol.37, No.3,pp.277-284/共著/1999.09
赤外光ファイバによる外耳道温度の測定/電子情報通信学会論文誌,J81-D-Ⅱ-12, pp.2897-2900/共著/1998.12
Temperature measurement in the external auditory meatus by an IR optical fiber./Proc. of 20th Annual Conf. of IEEE EMBS,Vol.2, pp.953-955/1998.10
顔面温度ゆらぎにおける心拍周期と呼吸周期成分の抽出/医用電子と生体工学,Vol.34, No.1, pp.31-37/共著/1996.03
New Trends in Alzheimer and Parkinson Related Disorders/MEDIMOND/共著/2009.10
主な担当授業科目名 生体計測装置学実習、コンピュータ演習、基礎数学、応用数学、電気工学、電子情報工学実験、アドバンスセミナー、卒業研究、環境・医療情報学特論Ⅰ(通信)、環境・医療情報学特論Ⅱ(通信)、情報システム特論(通信)、パターン解析学特論(通信)、環境情報学基礎特論Ⅰ(通信)