島﨑 学
Faculty

学部・大学院

島﨑 学

所属 薬学部 薬学科 講師
最終学歴 東邦大学大学院薬学研究科博士後期課程医薬品化学専攻
現在所属している学会 日本薬学会、日本医療薬学会、日本生薬学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会
学士・修士・博士 学士(薬学),修士(薬学),博士(薬学)
所有資格 薬剤師、保険薬剤師、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、公認スポーツファーマシスト
研究の分野 薬学
主な研究項目 セルフメディケーション、在宅医療における薬薬連携、小児薬物治療における服薬指導、植物培養細胞を用いた病的モデルの開発
主な研究業績 摂食嚥下障害者のトロミ剤での服薬の問題点とOD錠等の適切な服薬方法について(2)/第29回日本医療薬学会年会/2019.11
輸液のライン管理と配合変化について/日本医療安全学会/2019.08
クワ(Morus alba L.)カルスにおけるDiels-Alder型付加反応に関与する酵素について/第42回天然有機化合物討論会(沖縄)/2000.11
クワ培養細胞を用いた植物二次代謝産物の生合成研究(査読付)/東邦大学大学院薬学研究科博士後期課程博士論文/単著/2001.03
Studies on Morus bombycis Callus Cultures(査読付)/Natural Medicines, 54(6), 346-349/共著/2000.10
Non-discriminatory incorporation of L-phenylalanine and L-tyrosine into cinnamoylpart of mulberroside A, a stilbene di-glucoside, in Morus alba cell cultures(査読付)/Naturwissenschaften, 87, 546-548/共著/2000.10
Dual p-coumaroyl CoA biosynthesis in Morus alba cell cultures(査読付)/Heterocycles, 50(2), 989-994/共著/1999.02
クワ(Morus alba)カルスを用いたスチルベン誘導体の生合成研究とジエンを有するカルコン誘導体の合成研究(査読付)/東邦大学大学院薬学研究科博士前期課程修士論文/単著/1998.03
主な担当授業科目名 セルフメディケーション、薬学臨床実習I、アドバンスセミナーII