中村 秀明
Faculty

学部・大学院

中村 秀明

所属 健康メディカル学部 医療科学科 助教
最終学歴 帝京平成大学大学院健康科学研究科病院前救急医療学
現在所属している学会 日本臨床救急医学会、日本救急医学会関東地方会、日本災害医学会
学士・修士・博士 修士(健康科学)
所有資格 救急救命士免許、ITLS Advanced Instructor
研究の分野 救急医学
主な研究項目 静脈路確保、重症患者に対する輸液、救急車予測システム、救急車需要分析、リカレント教育
主な研究業績 静脈路確保成功率と穿刺部皮膚温に関する検討/第22回日本臨床救急医学会/共著/2019.06
機械的CPR装置による特定行為と予後の影響について/第69回日本救急医学会関東地方会・第56回救急隊員学術研究会/共著/2019.02
処置拡大後の静脈路確保とROSC率(学会発表)/第21回日本臨床救急医学会/共著/2018.06
一般市民からみた救急車を呼ぶべき症状(学会発表)/第20回日本臨床救急医学会/共著/2017.05
処置拡大前後における静脈路確保成功率の比較(学会発表)/第20回日本臨床救急医学会/共著/2017.05
集団災害対応訓練で日本の救急救命士が受けた国際評価と課題-Rally Rejviz2016における集団災害想定より-(学会発表)/第22回日本集団災害医学会/共著/2017.02
一般市民は救急車を呼ぶべき症状を理解しているか(学会発表)/第67回日本救急医学会関東地方会学術集会/共著/2017.02
一般市民の「救急車を呼ぶべき状況」についての意識調査(査読付)/日本臨床救急医学会雑誌 21(1)P17‐2/共著/2018.03
大学生が判断する「救急車を呼ぶべき症状」-救急医学教育前後の比較-/帝京平成大学紀要第28巻/共著/2017.03
救急車を利用すべき症状の市民理解度調査/平成28年度一般財団法人救急振興財団調査研究助成事業/共著/2017.03
一般市民は救急車を呼ぶべき症状を理解しているか(査読付)/日本救急医学会関東地方会雑誌38(2)211‐214/共著/2017.02
主な担当授業科目名 フレッシュセミナーⅠA、フレッシュセミナーIB、救急救命実習Ⅰ、救急救命実習Ⅱ、救急救命実習Ⅲ、救急救命実習Ⅳ、特別総合演習、救急救命研究Ⅲ、救急用自動車同乗実習、臨床実習、アドバンスセミナーⅡA、アドバンスセミナーⅡB、救急救命研究Ⅰ