管 心
Faculty

学部・大学院

管 心

所属 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻 准教授
最終学歴 東京大学大学院医学系研究科脳神経医学分野専攻単位取得後退学
現在所属している学会 日本精神神経学会、日本統合失調症学会、日本精神障害者リハビリテーション学会、日本生物学的精神医学会、日本神経科学会、日本精神科産業医協会
学士・修士・博士 学士(医学),博士(医学)
所有資格 医師免許証、精神保健指定医、日本精神神経学会・精神科専門医、日本精神神経学会・精神科専門医専門医指導医、博士(医学)、日本医師会認定産業医、日本精神科産業医協会認定会員
研究の分野 内科系臨床医学、心理学、社会学
主な研究項目 核磁気共鳴画像、脳波計、脳磁計による生物学的な精神疾患の病理解明、思春期・青年期の精神疾患患者の社会復帰の支援、精神疾患患者の地域生活支援および就労支援
主な研究業績 統合失調症早期段階におけるガンマオシレーションは将来の社会適応レベルを予測する/第14回日本統合失調症学会/共著/2019.04
大学病院におけるピアスタッフ雇用実現へ向けた組織的取り組み~organizational change実現を目指して~/第14回日本統合失調症学会/共著/2019.04
若年統合失調症を対象とした通過型デイケアでco-productiveに就労準備プログラムを行なった報告/第14回日本統合失調症学会/共著/2019.04
統合失調症認知機能簡易評価尺度日本語版(BACS-J)短縮版作成の試み(中間報告)/第38回日本社会精神医学会/共著/2019.02
若年精神疾患当事者の治療とリカバリーを目指すデイケアの実践/第26回日本精神障害者リハビリテーション学会/共著/2018.12
デイケアの家族心理教室参加を通じて本人および家族の障害受容意識が変化した一例/第26回日本精神障害者リハビリテーション学会/共著/2018.12
ピアスタッフの講演を含めた家族心理教室の実践と効果/第26回日本精神障害者リハビリテーション学会/共著/2018.12
若年統合失調症を対象とした通過型デイケアでの集団認知行動療法の実践/第18回日本認知療法・認知行動療法学会/共著/2018.11
Electrophysiological evidence for abnormal glutamate-GABA association following psychosis onset.(査読付)/Translational Psychiatry, 8(1): 211/共著/2018.10
Exploring the feasibility and acceptability of recovery-focused psychosocial intervention for adolescent and young adults with mental illness: Trial protocol./The 11th International Conference on Early Intervention in Mental Health, Boston/共著/2018.09
ペアレントトレーニングの手法を青年期発達障害者の家族支援に用いる際の工夫/第52回日本作業療法学会/共著/2018.09
統合失調症患者に対する臺式簡易客観的精神指標(UBOM)の有用性についての検討/第114回日本精神神経学会/共著/2018.06
A病院デイケアにおけるメタ認知トレーニングの効果の検討/第13回日本統合失調症学会/共著/2018.03
統合失調症患者に対する臺式簡易客観的精神指標(Utena’s Brief Objective Measures: UBOM)の意義についての研究/第13回日本統合失調症学会/共著/2018.03
精神障害者の就労状況と定着し支援の重要性/第13回日本統合失調症学会/共著/2018.03
若年統合失調症を対象とした通過型デイケアでメタ認知トレーニングを行う際の工夫/第13回日本統合失調症学会/共著/2018.03
帝京大学デイケア利用者を対象としたリカバリー実態調査(トリプルR研究)における、リカバリー関連諸要因の予備的解析/第13回日本統合失調症学会/共著/2018.03
当事者の就労における定着支援の重要性ー東大デイホスピタルの実践からー/第25回日本精神障害者リハビリテーション学会/共著/2017.12
初めてピアスタッフを雇用する組織で働く専門職スタッフは、何を考え、どのようにピアスタッフを迎えていくのか:質的研究/第25回日本精神障害者リハビリテーション学会/共著/2017.12
統合失調症患者を対象に脳磁計を用いた時間性変化と周波数変化MMNの測定と臨床応用の可能性について(査読付)/精神神経学雑誌、2017、119(12): 889-894/共著/2017.12
統合失調症を持つ当事者への就労支援/医学の歩み、261(10):1043-1049/共著/2017.10
Development of a question prompt sheet for schizophrenia: dissemination strategies to raise awareness of Shared Decision Making (SDM) in Japan/the 6th European Conference on Schizophrenia Research, Berlin/共著/2017.09
統合失調症の早期段階におけるミスマッチ陰性電位と認知機能・全般的社会適応レベルとの相関解析/第39回日本生物学的精神医学会/共著/2017.09
Association between mismatch negativity and neurocognition and global functioning in ultra-high risk for psychosis and first episode psychosis/72nd Annual Meeting, Society of Biological Psychiatry, San Diego, U.S.A./共著/2017.05
Mismatch negativity in patients with early stages of psychosis and in non-human primates/72nd Annual Meeting, Society of Biological Psychiatry, San Diego, U.S.A./共著/2017.05
ピアスタッフ導入に向けての取り組み~A病院デイケアでのニーズ調査~/第12回日本統合失調症学会/共著/2017.03
テキストマイニング分析を用いた精神科医療機関への支援要請過程に関する調査/第12回日本統合失調症学会/共著/2017.03
A病院におけるメタ認知訓練法の効果の検討/第12回日本統合失調症学会/共著/2017.03
東京大学医学部附属病院における精神障害者試験的雇用の実践報告/第12回日本統合失調症学会/共著/2017.03
統合失調症患者を対象に脳磁計を用いた単一課題中のduration/frequency MMNの測定/第12回日本統合失調症学会/共著/2017.03
就労準備プログラムによる効果―東大デイホスピタルの実践から―/第24回日本精神障害者リハビリテーション学会/共著/2016.12
SSTにビデオフィードバックを活用する -発達特性のある当事者の実践から-/第21回SST普及集会/共著/2016.10
早期精神病に対する機能的アウトカムの予測における神経心理検査の有用性の検討/第11回日本統合失調症学会/共著/2016.03
Schizophrenia cognition rating scale Japanese version(SCoRS日本語版)の妥当性に関する研究/第11回日本統合失調症学会/共著/2016.03
東京大学医学部附属病院におけるメタ認知訓練法の試み/第11回日本統合失調症学会/共著/2016.03
就学支援におけるアウトリーチと学内ネットワークの構築-A病院精神科デイケアの実践から-/第11回日本統合失調症学会/共著/2016.03
通過型デイケアにおける就学支援―東大デイホスピタルの実践から―/第23回日本精神障害者リハビリテーション学会/共著/2015.11
リエゾンアプローチが慢性非特異的腰痛の改善に奏功した統合失調症の一例/第23回日本腰痛学会/共著/2015.11
SSTでのビデオフィードバックの活用-東大デイホスピタルの実践から-/第20回SST普及集会/共著/2015.10
東京大学医学部附属病院におけるメタ認知訓練法の試み/第10回日本統合失調症学会/共著/2015.03
就労準備性を高めるSSTにおけるスキル獲得の工夫の試み〜ビデオフィードバックと弁別モデルの使用〜/第19回SST普及協会学術集会/共著/2014.11
東大病院精神科デイケアにおける症状自己管理モジュールの成果と課題/第18回日本精神保健予防学会/共著/2014.11
SUN☺D-大うつ病に対する新規抗うつ剤の最適使用戦略を確立するための大規模無作為割り付け比較試験(査読付)/精神医学56(6): 477-489/共著/2014.06
知能の縦断的評価WAIS-RとWISC-Rの対応/第25回日本発達心理学会/共著/2014.05
東京大学医学部附属病院におけるメタ認知訓練法の試み/第33回日本社会精神医学会/共著/2014.03
外来におけるメタ認知訓練法の試み/第9回日本統合失調症学会/共著/2014.03
若年者・通過型デイケアにおける就学支援の実例〜東大デイホスピタルの実践から〜/第21回日本精神障害者リハビリテーション学会/共著/2013.12
若年者・通過型デイケアにおける就学支援の工夫〜東大デイホスピタルの実践から〜/第21回日本精神障害者リハビリテーション学会/共著/2013.12
メタ認知訓練プログラムの有効性の評価研究/第17回日本精神保健・予防学会/共著/2013.10
統合失調症の発症後における下前頭回三角部の皮質体積減少と神経活動低下との関連/第17回日本精神保健・予防学会/共著/2013.10
通過型デイケアを基盤とした就学・就労支援のあり方についてー東大デイホスピタルの実践からー/第17回日本精神保健・予防学会/共著/2013.10
価値に基づくアプローチによる個別支援-就学ー/第17回日本精神保健・予防学会/共著/2013.10
近赤外線スペクトロスコピィを用いた統合失調症の予後予測と状態像把握/第109回日本精神神経学会学術集会/共著/2013.06
ARMSの生物学的指標は臨床場面に応用できるのか/第109回日本精神神経学会学術集会/共著/2013.06
音声言語課題を用いた統合失調症における脳磁場反応の検討/第28回日本生体磁気学会/共著/2013.06
初回エピソード統合失調症における末梢血血漿成分のメタボロミクス解析/第8回日本統合失調症学会/共著/2013.04
精神病性障害の早期段階におけるミスマッチ陰性電位と血中D-serine 濃度の関連:予備的検討/第8回日本統合失調症学会/共著/2013.04
統合失調症の早期段階における脳波ガンマ帯域反応と臨床症状、認知機能障害との関連/第8回日本統合失調症学会/共著/2013.04
Development of brief versions of the Wechsler Intelligence Scale for schizophrenia./The 14th International Congress on Schizophrenia Research, Florida/共著/2013.03
統合失調症認知評価尺度を用いた精神病発症前後における予後予測因子の検討/第7回日本統合失調症学会/共著/2012.03
精神科デイケアにおけるアウトリーチ支援を生かした就学支援の取り組み~東大デイホスピタルの実践から~/第7回日本統合失調症学会/共著/2012.03
双生児研究法による近赤外線スペクトロスコピーの前頭側頭部血流変化における遺伝的要因の検討/第7回日本統合失調症学会/共著/2012.03
初回エピソード統合失調症における語流暢性課題を用いた近赤外線スペクトロスコピィによる血流変化の縦断的変化と社会機能の予測/第7回日本統合失調症学会/共著/2012.03
初発統合失調症群と精神病状態の高リスク群に共通して認められる下前頭回における三角部に限局した灰白質体積減少とその陽性症状発現との関連/第7回日本統合失調症学会/共著/2012.03
うつ病性昏迷状態においてたこつぼ型心筋症を発症した56歳女性/第4回日本不安障害学会/共著/2012.02
精神病発症超危険群、初回エピソード精神病群に対する認知機能の縦断的検討/第15回日本精神保健・予防学会/共著/2011.12
精神科デイケアにおけるアウトリーチによる就労就学支援の試み~東大デイホスピタルの実践から~/第19回日本精神障害者リハビリテーション学会/共著/2011.11
統合失調症認知評価尺度を用いた精神病発症前後の検討/第11回精神疾患と認知機能研究会/共著/2011.10
統合失調症認知評価尺度-日本語版(SCoRS-J)による認知機能評価に対する臨床病期の影響(第2報)/第6回日本統合失調症学会/共著/2011.07
統合失調症認知機能簡易評価尺度―日本語版(BACS-J)による認知機能評価への臨床病期の影響/第14回日本精神保健・予防学会/共著/2010.12
統合失調症認知機能評価尺度を用いた精神病発症前後の検討/第14回日本精神保健・予防学会/共著/2010.12
東京大学医学部附属病院「こころのリスク外来」およびIN-STEP研究の概況/第14回日本精神保健・予防学会/共著/2010.12
脳梁の解剖と機能/Clinical Neuroscience 28: 1177-1180/共著/2010.09
成人の発達障害/精神科臨床サービス、9巻4号、562-567/共著/2009.12
大学病院精神科デイケアを中心とした精神障害者のリハビリテーションと社会復帰支援活動/精神障害とリハビリテーション、13巻1号、109-113/共著/2009.03
初発統合失調症における脳形態異常についてのMRI研究/第8回精神疾患と認知機能研究会/共著/2008.10
東大精神科における統合失調症の早期発見・早期治療研究/第8回精神疾患と認知機能研究会/共著/2008.10
統合失調症の発症・進行とMRI脳画像/メディカル・サイエンス・ダイレクト34(13)15-17/共著/2008.07
統合失調症の病態解明から病因解明へ/認知神経科学 10: 23-27/共著/2008.01
統合失調症における純音・音素刺激ミスマッチ磁場の異常/第36回日本臨床神経生理学会学術大会/共著/2007.10
脳磁図指標を中間表現型として用いた中枢神経系関連遺伝子多型との関連解析/第36回日本臨床神経生理学会学術大会/共著/2007.10
ペロスピロンへの置換による認知機能および事象関連電位への効果/第2回日本統合失調症学会/共著/2007.03
脳形態の個体差と内因性精神病の候補遺伝子/日本神経精神薬理学雑誌、27:85-90/共著/2007.02
神経画像を中間表現型として用いた遺伝子多型との関連解析BDNF val66met多型と扁桃体・海馬の体積は日本人において関連しない/精神薬療研究年報38:99-104/共著/2006.12
遺伝子多型と統合失調症の脳局所体積減少/第15回海馬と脳高次機能学会/共著/2006.11
神経栄養因子遺伝子多型と脳形態/第28回日本生物学的精神医学会/共著/2006.09
エンドフェノタイプを利用したゲノム研究、神経栄養因子遺伝子多型と脳形態/神経科学、45:230/共著/2006.06
脳画像にもとづく統合失調症のエンドフェノタイプ研究/第13回日本精神・行動遺伝医学会/共著/2005.09
Perospironeへの置換による慢性期統合失調症患者の陰性症状・錐体外路症状の改善/臨床精神神経薬理8:337-345/共著/2005.06
統合失調症における精神生理学的及び神経画像にもとづいたエンドフェノタイプ/分子精神医学5:113-125/共著/2005.04
ミスマッチネガティビティ/Schizophrenia Frontier6:89-95/共著/2005.02
ステロイドで起きる精神症状/臨床研修プラクティス2:23/共著/2005.01
統合失調症におけるperospironeへの置換による認知機能の変化/精神薬療研究年報36:140-144/共著/2004.12
統合失調症患者におけるperospironeへの置換による認知機能の変化/第2回AAPシンポジウム/共著/2004.10
Auditory gamma oscillations predict global symptomatic outcome in the early stages of psychosis: a longitudinal investigation.(査読付)/Clinical Neurophysiology, 129(11): 2268-2275/共著/2018.11
Optimising first- and second-line treatment strategies for untreated major depressive disorder — the SUN☺D study: a pragmatic, multi-centre, assessor-blinded randomised controlled trial.(査読付)/BMC Medicine. 11;16(1):103/共著/2018.09
Association between mismatch negativity and global functioning is specific to duration deviance in early stages of psychosis.(査読付)/Schizophrenia Research, 195:378-384/共著/2018.03
Lack of correlation between phonetic magnetic mismatch field and plasma D-serine levels in humans.(査読付)/Clinical Neurophysiology, 129(7):1444-1448/共著/2017.07
Identifying neurocognitive markers for outcome prediction of global functioning in ultra-high-risk for psychosis and first episode psychosis.(査読付)/Psychiatry and Clinical Neurosciences. 71(5):318-327/共著/2017.05
Duration and frequency mismatch negativity shows no progressive reduction in early stages of psychosis.(査読付)/Schizophrenia Research. (17)30132-9/共著/2017.03
Reduced Mismatch Negativity is Associated with Increased Plasma Level of Glutamate in First-episode Psychosis.(査読付)/Scientific Reports, 23;7(1):2258/共著/2017.01
Associations between daily living skills, cognition, and real-world functioning across stages of schizophrenia; A study with the Schizophrenia. Cognition Rating Scale Japanese version.(査読付)/Schizophrenia Research: Cognition. 7:13-18/共著/2017.01
Familial Influences on Mismatch Negativity and Its Association with Plasma Glutamate Level: A Magnetoencephalographic Study in Twins.(査読付)/Molecular Neuropsychiatry. 2:161–172/共著/2016.10
Magnetoencephalographic recording of auditory mismatch negativity in response to duration and frequency deviants in a single session in patients with schizophrenia.(査読付)/Psychiatry and Clinical Neurosciences.70(7):295-302/共著/2016.07
Association between impaired brain activity and volume at the sub-region of Broca's area in ultra-high risk and first-episode schizophrenia: a multi-modal neuroimaging study. (査読付)/Schizophrenia Research, 172(1-3):9-15/共著/2016.03
Differential alterations of auditory gamma oscillatory responses between pre-onset high-risk individuals and first-episode schizophrenia.(査読付)/Cerebral Cortex, 26(3):1027-35/共著/2016.03
Psychological Symptom and Social Functioning Subscales of the Modified Global Assessment of Functioning Scale: Reliability and Validity of the Japanese Version.(査読付)/Psychiatry Clin Neurosci. 69(2):126-7/共著/2015.02
Neural correlate of autistic-like traits and a common allele in the oxytocin receptor gene.(査読付)/Social Cognitive and Affective Neuroscience, 9(10):1443-50/共著/2014.10
Oxytocin improves behavioural and neural deficits in inferring others’ social emotions in autism.(査読付)/Brain, 137:3073-86/共著/2014.05
Genetic influences on prefrontal activation during a verbal fluency task in adults: A twin study based on multichannel near-infrared spectroscopy. (査読付)/Neuroimage. 1:508-17/共著/2014.05
A snapshot of plasma metabolites in first-episode schizophrenia: A capillary electrophoresis time-of-flight mass spectrometry study.(査読付)/Translational Psychiatry, 2014 Apr 8;4:e379/共著/2014.04
Development of brief versions of the Wechsler Intelligence Scale for schizophrenia: considerations of the structure and predictability of intelligence.(査読付)/Psychiatry Research, 210(3):773-9/共著/2013.03
統合失調症認知機能簡易評価尺度日本語版(BACS-J)標準化の試み(査読付)/精神医学55(2): 167-175/共著/2013.02
A multimodal approach to investigate biomarkers for psychosis in a clinical setting: The integrative neuroimaging studies in schizophrenia targeting for early intervention and prevention (IN-STEP) project.(査読付)/Schizophr Res. 143(1):116-24/共著/2013.01
Localized gray matter volume reductions in the pars triangularis of the inferior frontal gyrus in individuals at clinical high-risk for psychosis and first episode for schizophrenia.(査読付)/Schizophrenia Research. 137(1-3): 124-131/共著/2012.01
Effects of metabotropic glutamate receptor 3 genotype on phonetic mismatch negativity.(査読付)/PLoS One. 2011;6(10):e24929/共著/2011.10
Phonological fluency is uniquely impaired in Japanese-speaking schizophrenia: a confirmation study.(査読付)/Psychiatry and Clinical Neurosciences, 65: 672–675/共著/2011.09
Criterion and Construct Validity of the CogState Schizophrenia Battery in Japanese Patients with Schizophrenia.(査読付)/PLoS ONE. 2011 6(5): e20469/共著/2011.05
Impaired ability to organize information in individuals with autism spectrum disorders and their siblings.(査読付)/Neurosci Res. 69(3):252-7/共著/2011.03
A case of adult onset type II citrullinemia with comorbid epilepsy even after liver transplant.(査読付)/Epilepsia. 51(12):2484-7/共著/2010.12
Reduced gray matter volume of pars opercularis is associated with impaired social communication in high-functioning autism spectrum disorders.(査読付)/Biol Psychiatry. 15;68(12):1141-7/共著/2010.12
Association between the oxytocin receptor gene (OXTR) and amygdalar volume in healthy adults.(査読付)/Biol Psychiatry. 1;68(11):1066-72/共著/2010.11
Reduced gray matter volume of Brodmann’s Area 45 is associated with severe psychotic symptoms in patients with schizophrenia.(査読付)/Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci, 260(6)465-473/共著/2010.06
Sex dimorphism in gray/white matter volume and diffusion tensor during normal aging.(査読付)/NMR Biomed. 23(5):446-58/共著/2010.05
Functional (GT)n polymorphisms in promoter region of N-methyl-d-aspartate receptor 2A subunit (GRIN2A) gene affect hippocampal and amygdala volumes. (査読付)/Genes Brain Behav. 9(3):269-75/共著/2010.03
Effect of tryptophan hydroxylase-2 gene variants on amygdalar and hippocampal volumes.(査読付)/Brain Res. 17;1331:51-7/共著/2010.01
Voxel-based analyses of gray/white matter volume and diffusion tensor data in major depression.(査読付)/Psychiatry Res Neuroimaging 181: 64-70/共著/2010.01
Structural and diffusional brain abnormality related to relatively low level alcohol consumption.(査読付)/Neuroimage 46: 505-510/共著/2009.03
Sex-linked neuroanatomical basis of human altruistic cooperativeness.(査読付)/Cereb Cortex. 18(10):2331-4/共著/2008.10
Association between mitochondrial DNA 10398A>G polymorphism and the volume of amygdala.(査読付)/Genes Brain Behav.7(6):698-704./共著/2008.06
The influence of gender and personality traits on individual difference in auditory mismatch: A magnetoencephalographic (MMNm) study.(査読付)/Brain Res. 21;1236:159-65/共著/2008.03
Gender-common and -specific neuroanatomical basis of human anxiety-related personality traits.(査読付)/Cereb Cortex. 18(1):46-52./共著/2008.01
Disrupted integrity of the fornix is associated with impaired memory organization in schizophrenia.(査読付)/Schizophr Res. 103(1-3):52-61/共著/2008.01
Aging in the CNS: comparison of gray/white matter volume and diffusion tensor data.(査読付)/Neurobiol Aging. 29(1):102-16/共著/2008.01
統合失調症における非情動的・情動的情報に対する選択的注意機能の検討(査読付)/認知心理学研究、4:65-73/共著/2007.02
統合失調症患者の発病前知能推定に関する日本語版National Adult Reading Test (JART)短縮版妥当性の検討(査読付)/精神医学、49(1):17-23/共著/2007.01
Human brain structural change related to acute single exposure to sarin.(査読付)/Ann Neurol. 2007 Jan;61(1):37-46./共著/2007.01
Perospirone in the treatment of schizophrenia: effect on verbal memory organization.(査読付)/Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 30(2):204-8/共著/2006.02
日本語版National Adult Reading Test (JART)を用いた統合失調症患者の発病前知能推定の検討(査読付)/精神医学、48:15-22/共著/2006.01
No association between the metabotropic glutamate receptor type 3 gene (GRM3) and schizophrenia in a Japanese population.(査読付)/Schizophr Res. 88(1-3):260-4/共著/2006.01
No evidence for an association between the BDNF Val66Met polymorphism and schizophrenia or personality traits.(査読付)/Schizophr Res. 87(1-3):45-7/共著/2006.01
Neuroanatomy in monozygotic twins with Asperger disorder discordant for comorbid depression.(査読付)/Neurology. 2005 Aug 9;65(3):491-2./共著/2005.08
主な担当授業科目名 臨床心理面接実習、思春期・青年期特論、臨床心理学研究法、臨床心理学特講