竹内 宏樹
Faculty

学部・大学院

竹内 宏樹

所属 健康メディカル学部 臨床心理学科 講師
最終学歴 立命館大学応用人間科学研究科臨床心理学領域
現在所属している学会 日本心理臨床学会、日本産業精神保健学会、日本産業ストレス学会、日本EMDR学会、日本人間性心理学会、日本催眠医学心理学会
学士・修士・博士 修士(人間科学)
所有資格 臨床心理士、公認心理師、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、産業保健法務主任者・メンタルヘルス法務主任者、EMDR Weekend1
研究の分野 心理学
主な研究項目 職場復帰支援、職業性ストレス、産業精神保健、勤労者のメンタルヘルス
主な研究業績 熟考ステージにおける勤労者の生活習慣変容ステージに影響を及ぼす要因の縦断的検討/日本産業精神保健学会第24回大会抄録集/共著
勤労者の職業性ストレスおよび生活習慣行動変容ステージとの関連/日本産業精神保健学会第25回大会抄録集/共著
休職者が職場復帰へと至る心理的変容プロセスに関する予備的検討/日本心理臨床学会第35回大会抄録集/共著
"勤労者の職業性ストレスと身体的健康との関連における生活習慣の媒介機能に関する 検討"/日本産業ストレス学会第23回大会抄録集/共著
ストレスチェックの実践と活用について~これまで行った事例から今後の活用を考える~/日本産業ストレス学会第23回大会抄録集/共著
"メンタルヘルス不調による休職者が職場復帰に至る心理的プロセスモデルの検討 ~当事者の語りに基づく予備的検討~"/日本産業ストレス学会第23回大会抄録集/単著
勤労者における生活習慣の行動変容ステージに影響を及ぼす要因/日本心理臨床学会第34回大会抄録集/共著
Cluster subtypes of occupational stress and the relationships between lifestyles and mental health among government employees in Japan/The 21st Asian Conference on Occupational Health Proceedings/共著
"職業性ストレスと生活習慣との関連に及ぼすソーシャルサポートおよび満足度の緩衝 効果に関する検討"/日本心理臨床学会第33回大会抄録集/共著
EAP相談における新規来談内容の経年的変化に関する検討/日本心理臨床学会第32回大会抄録集/共著
基本属性に基づく職業性ストレスの多面的検討/日本心理臨床学会第31回大会抄録集/共著
(実務)鉄道会社にて人事労務業務を担当、採用・退職・表彰・懲戒・資格試験・教育・安全衛生・労組対応などに従事。ほかにIT推進なども担当。心理職に転向後は、小中学校の相談員、教育相談室相談員、訪問相談員、訪問相談指導員などの業務に従事。その後精神科クリニックでの勤務を経て、健診機関の産業保健部門でEAP業務に従事、個人面談のほか、セミナー講師、ストレスチェック事業およびB to Bリワークセンターの立ち上げと運営、企業や行政機関への人事コンサル、職場環境改善プランの開発にも携わる。その後はメンタルヘルス支援を行うベンチャー企業2社で、企業の人事管理職支援、 B to Bリワークセンターの立ち上げ
主な担当授業科目名 アドバンスセミナー1B、アドバンスセミナーⅡB