齋藤 裕喜
Faculty

学部・大学院

齋藤 裕喜

所属 薬学部 薬学科 助教
最終学歴 東邦大学大学院薬学研究科
現在所属している学会 日本薬学会、基礎有機化学会、日本化学会
学士・修士・博士 学士(薬学)、博士(薬学)
所有資格 薬剤師国家資格
研究の分野 基礎化学、薬学
主な研究項目 有機化学
主な研究業績 大環状芳香族炭化水素の合成および配座解析/日本薬学会第140回年会,京都/共著/2020.03
エチニレンで架橋した構造をもつ筒状芳香族アミドの合成と構造解析/日本薬学会第140回年会,京都/共著/2020.03
Tetraphenylethylene(TPE)骨格をもつ大環状芳香族炭化水素化合物の合成および立体化学/日本化学会第100春季年会,千葉/共著/2020.03
椀型カリックス[3]アラミドを基本骨格とする大環状化合物の合成および立体化学/Symposium on Molecular Chirality 2019,金沢/共著/2019.06
官能基化可能な直鎖および環状芳香族オリゴアミドの合成/日本薬学会第139回年会,千葉/共著/2019.03
McMurry coupling を利用した大環状芳香族化合物の合成および構造解析/日本薬学会第139回年会,千葉/共著/2019.03
Tetraphenylethylene (TPE) 骨格をもつ大環状芳香族炭化水素化合物の合成/日本薬学会第139回年会,千葉/共著/2019.03
カリックス[3]アラミドを基本骨格とする大環状ブロック分子の合成および立体化学に関する研究/第29回基礎有機化学討論会,東京/共著/2018.09
Calix[3]aramide構造を基本骨格とする大環状ブロック分子の合成および立体化学/日本薬学会第138回年会,金沢/共著/2018.03
2つの椀型カリックス[3]アラミドを共有結合により結合したケージ型大環状化合物の合成および立体構造/第28回基礎有機化学討論会,福岡/共著/2017.09
リンカーとしてエチニレン基をもつ筒状芳香族環状アミド分子の合成および構造解析/日本薬学会第137回年会,仙台/共著/2017.03
芳香族第三級アミドのシス型優先性を利用したブロック分子の合成および構造解析/日本薬学会第137回年会,仙台/共著/2017.03
芳香族第三級アミドのシス型優先性を利用した大環状ブロック分子の合成および構造解析/日本薬学会第136回年会,横浜/共著/2016.03
Synthesis and Chiroptical Properties of Cylindrical Macrocycles Comprising Two Calix[3]aramide Moieties.(査読付)/Organic & Biomolecular Chemistry, 2020, 18 (2), 230-236/共著/2020.01
Evaluation of the Steric Bulk of Substituents Utilizing the Shuttling Behavior of [2]Rotaxanes with N-Arylpyrrole Moieties.(査読付)/European Jounal of Organic Chemistry, 2019, (21), 3412-3420/共著/2019.04
主な担当授業科目名 卒業研究、薬学基礎実習