平山 哲郎
Faculty

学部・大学院

平山 哲郎

所属 健康医療スポーツ学部 理学療法学科 講師
最終学歴 昭和大学大学院医学研究科医学専攻生理系生理学生体調節機能学分野博士課程
現在所属している学会 日本理学療法士協会、昭和大学学士会、理学療法科学学会
学士・修士・博士 学士(体育学),修士(保健医療科学),博士(医学)
所有資格 理学療法士国家資格
研究の分野 人間医工学,基礎医学,外科系臨床医学 に関する実務
主な研究項目 姿勢と呼吸に関する研究、胸郭形状の解析と呼吸機能に関する研究、身体部位における左右非対称性の解析と運動機能に関する研究
主な研究業績 安静時における胸郭形状の特徴が努力呼吸に及ぼす影響 胸郭可動性と呼吸機能に着目して/第51回日本理学療法士学会, 北海道/2016.06
努力呼吸における胸郭形状の解析 -呼吸機能と呼吸形状の関係性について-/第50回日本理学療法士学会, 東京/2015.06
Restriction of thoracic induced by lateral deviation of upper and lower thorax/2015 9thISPRM Congress, Berlin, DEU/2015.06
Analysis of thoracic shape during forced breathing -Relationship of the thoracic shape and respiratory function-/AARC Congress 2014 The 60th International Respiratory Convention & Exhibition, LasVegas, USA/2014.12
Characteristic lateral deviation of upper thorax in respiratory excursion/WCPT-AWP &ACPT Congress 2013, Taichung, TWN/2013.09
若年健常成人男性における努力呼気での広背筋下部線維筋厚左右比率と骨盤側方挙上角度および呼吸機能の関連性(査読付)/理学療法科学, vol.34/共著/2019.08
強制呼吸での腰方形筋断面積の左右対称性と前額面上の姿勢,呼吸機能の関係(査読付)/理学療法科学, vol.33/共著/2018.07
安静時における胸郭形状の特徴が胸郭可動性と呼吸機能に及ぼす影響(査読付)/理学療法科学, vol.33/共著/2018.07
Instantaneous changes in respiratory function induced by passive pelvic suspension in the supine position in relation to increased diaphragm excursion(査読付)/The Journal of Physical Therapy Science, vol.29/共著/2017.03
脊柱変形が頸部に与える影響-身体重心を考慮して-(査読付)/専門リハビリテーション研究会誌, vol.8/共著/2009.08
外来整形外科のための運動器症候学の理学療法 /医歯薬出版/共著/2019.03
胸郭運動システムの再建法 第2版-呼吸運動再構築理論に基づく評価と治療 Web動画付 /ヒューマンプレス社/共著/2017.05
胸郭運動システムの再建法-呼吸運動再構築理論に基づく評価と治療/三輪書店/共著/2016.06
外来整形外科のためのスポーツ外傷・障害の理学療法/医歯薬出版/共著/2014.03
ブラッシュアップ理学療法-88の知が生み出す臨床技術/三輪書店/共著/2012.06
外来整形外科のための退行変性疾患の理学療法/医歯薬出版/共著/2010.06
主な担当授業科目名 特別総合演習Ⅰ、障がい者スポーツ、運動学(実習)、理学療法臨床実習Ⅳ、卒業研究