小峰 昇一
Faculty

学部・大学院

小峰 昇一

所属 ヒューマンケア学部 鍼灸学科 助教
最終学歴 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻
現在所属している学会 日本体力医学会、日本運動生理学会、日本肝臓学会、日本酸化ストレス学会
学士・修士・博士 博士(医学)
所有資格 はり師免許、きゅう師、柔道整復師免許
研究の分野 健康・スポーツ科学,内科系臨床医学,基礎医学
主な研究項目 鍼刺激、酸化ストレス、筋痛・筋損傷、運動負荷、生活習慣病
主な研究業績 自己組織化抗酸化薬が高強度走行に及ぼす影響/第69回高分子討論会 2020-9-16~18(岩手)/共著/2020.09
一過性レジスタンス運動後の血中タウリン濃度の経時的変化/タウリンリサーチ 2020;1:28-31/共著/2020.09
タウリンが胃粘膜正常細胞とそのがん様変異株の増殖に及ぼす影響/タウリンリサーチ 2020;1:32-34/共著/2020.09
スルフォラファン摂取がヒトの伸長性運動により誘発される筋痛・筋損傷に与える効果/第75回日本体力医学会大会 2020-9-26(鹿児島)/共著/2020.09
高血中滞留性を持つ新規抗酸化剤による高強度走行への影響/第75回日本体力医学会大会 2020-9-26(鹿児島)/共著/2020.09
血中活性酸素種を除去する抗酸化ナノメディシンの設計と運動能力向上効果/第20回日本抗加齢医学会総会 2020-9-25~10-10(東京)/共著/2020.09
Effects of glucosyl hesperidin intake on aerobic exercise capacity in rats./The 7th International Conference on Food Factors (ICoFF 2019) 2019-12-4 (Kobe, Japan)/共著/2019.12
抗酸化ナノメディシンによる運動能力向上のメカニズムの解明/第28回ポリマー材料フォーラム 2019-11-21 (名古屋)/共著/2019.11
抗酸化ナノメディシンによる運動能力向上効果の検証./第41回日本バイオマテリアル学会大会 2019-11-26 (東京)/共著/2019.11
Design and evaluation of antioxidant-nanoparticle for improving exercise performance./2nd GLowing Polymer Symposium in KANTO (GPS-K 2019) 2019-11-30 (東京)/共著/2019.11
自己組織化抗酸化薬による運動能力向上の評価/第9回CSJ化学フェスタ2019 2019-10-15(東京)/共著/2019.10
伸張性運動が血中タウリン濃度に与える影響/タウリンリサーチ 2019;1:49-51/共著/2019.09
長時間体内滞留性を有する抗酸化ナノ粒子の投与がラット走行時間に及ぼす影響./第74回日本体力医学会大会 2019-9-27 (つくば)/共著/2019.09
つくばマラソン参加選手に対する鍼灸意識調査 〜スポーツ鍼灸の課題と展望〜./第74回日本体力医学会大会 2019-9-28 (つくば)/共著/2019.09
Is taking sulforaphane effective for eccentric exercise-induced muscle soreness and muscle damage in humans?/The 24th Annual congress of the European College of Sport Science 2019-07-04 (Czechoslovakia, Prague)/共著/2019.07
ブロッコリースプラウト抽出物の摂取は伸長性運動後の酸化ストレスを抑制する./第72回日本酸化ストレス学会学術集会 2019-6-28 (札幌)/共著/2019.06
運動能力向上を目指した抗酸化ナノメディシンの設計と評価./第72回日本酸化ストレス学会学術集会 2019-6-27 (札幌)/共著/2019.06
8週間の高脂肪食に伴う肥満化が肝臓・白色脂肪組織のタウリン合成能に及ぼす影響./第5回国際タウリン研究会日本部会 2019-3-5 (福井)/共著/2019.03
伸張性運動が血中タウリン濃度に与える影響./第5回国際タウリン研究会日本部会 2019-3-5 (福井)/共著/2019.03
過食肥満マウスにおける継続的走運動はKupffer細胞の異物貪食能の増大と形質変化を誘導する./第42回日本肝臓学会東部会 2018-12-7 (東京)/共著/2018.12
慢性肝疾患における筋損傷マーカーTitin N-fragmentの尿中測定とその臨床的意義./第42回日本肝臓学会東部会 2018-12-7 (東京)/共著/2018.12
タウリン投与が血中インスリン濃度および血糖値に与える影響./第72回日本体力医学会大会 2018-9-18 (福井)/共著/2018.09
肝糖新生酵素ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼを阻害したラットモデルの作製./第72回日本体力医学会大会 2018-9-16 (福井)/共著/2018.09
肝糖新生酵素ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼを阻害したラットモデルの作製./タウリンリサーチ 2018;1:41-43/共著/2018.09
肥満マウスの白色脂肪組織におけるシステインジオキシゲナーゼmRNA発現に及ぼすトレーニングの影響./タウリンリサーチ 2018;1:44-46/共著/2018.09
肝糖新生酵素ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼを阻害したラットモデルの作製./第4回国際タウリン研究会日本部会 2018-3-4 (熊本)/共著/2018.03
継続的運動はDHEA産生増加を介して,Kupffer細胞(KC)貪食能の向上によるLPSに対する生体クリアランス増大と炎症応答の低下を誘導する./第25回日本消化器関連学会週間(JDDW 2017 福岡) 2017-10-13 (福岡)/共著/2017.10
Nuclear factor (erythroid derived 2)-like 2 activation increases exercise endurance capability through redox-modulation of skeletal muscles in mice./International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery 2017-8-31 (Seoul, Korea)/共著/2017.08
スルフォラファンによる転写因子Nrf2の不活化が運動耐容能に与える影響./第44回日本毒性学会学術年会 2017-7-12 (横浜)/共著/2017.07
継続的な運動負荷がエンドトキシンのクリアランスと炎症応答に与える影響./第44回日本毒性学会学術年会 2017-7-12 (横浜)/共著/2017.07
スルフォラファンによる転写因子Nrf2の賦活化は,運動耐容能を向上させる./第70回日本酸化ストレス学会学術集会 2017-6-28 (つくば)/共著/2017.06
継続的運動はDHEA産生によりKupffer細胞(KCs)の貪食能を向上させ,生体のLPSクリアランス増大と炎症応答の低下を誘導する./第70回日本酸化ストレス学会学術集会 2017-6-28 (つくば)/共著/2017.06
運動はDHEA産生を介してKupffer細胞貪食能の向上によるLPSのクリアランス増大,また,炎症応答の低下を誘導する./第53回日本肝臓学会総会 2017-6-9 (広島)/共著/2017.06
運動はDHEA産生によりKupffer細胞貪食能を向上させ,生体のLPSクリアランス増大と炎症応答の低下を誘導する./第7回肥満と消化器疾患研究会 2017-4-19 (新宿)/共著/2017.04
Is the decreased taurine synthesis in the white adipose tissue of the obese mice restored by exercise training?/ARIHHP Human High Performance International Forum 2017 2017-3-7 (Tsukuba)/共著/2017.03
長時間運動時の血糖低下をタウリン投与が抑制する機序 -ピルビン酸負荷試験による糖新生能の検討-./第3回国際タウリン研究会日本部会 2017-2-11 (つくば)/共著/2017.02
継続的な運動はKupffer細胞の異物貪食能の増大により,菌体内毒素(LPS)のクリアランスを増大させ,LPS刺激による炎症応答を低下させる./第41回日本肝臓学会東部会 2016-12-8 (新宿)/共著/2016.12
Does a fitness training class make mood states in university students better? - An assessment by using Profile of Mood State and salivary chromogranin A -./第21回静岡健康・長寿学術フォーラム 2016-11-25 (静岡)/共著/2016.11
マウスの白色脂肪組織中タウリン濃度に及ぼす肥満と持久性トレーニングの影響./第71回日本体力医学会大会 2016-9-25 (盛岡)/共著/2016.09
継続的な運動負荷は菌体内毒素(LPS)クリアランスを増大させ,LPS刺激による炎症応答を低下させる./第71回日本体力医学会大会 2016-9-24 (盛岡)/共著/2016.09
肥満マウスの白色脂肪組織におけるタウリン濃度の低下は持久性トレーニングで抑制されるか./タウリンリサーチ 2016;1:31-33/共著/2016.09
マウスの白色脂肪組織中タウリン濃度に及ぼす肥満と持久性トレーニングの影響./第71回日本体力医学会大会 2016-9-25 (盛岡)/共著/2016.09
Does a fitness training class make mood states in university students better? -An assessment by using the Profile of Mood States and salivary chromogranin A-./第7回生命機能研究会 2016-8-6(京都)/共著/2016.08
タウリン投与が長時間運動時の骨格筋におけるβ酸化に及ぼす影響 -血中アセチルカルニチンによる検討-./第7回生命機能研究会 2016-8-6 (京都)/共著/2016.08
長時間運動時の血糖低下をタウリン投与が抑制する機序 -肝糖新生に着目して-./第7回生命機能研究会 2016-8-6 (京都)/共著/2016.08
The effect of taurine supplementation on beta-oxidation in skeletal muscle during prolonged exercise -examination using serum acetyl-carnitine-./The 20th International Taurine meeting 2016-5-25 (Seoul, Korea)/共著/2016.05
Is the lower taurine levels in the white adipose tissue of the obese mice ameliorated by endurance training?/The 20th International Taurine meeting 2016-5-26 (Seoul, Korea)/共著/2016.05
Is the lowering of taurine levels in the white adipose tissue of the obese mice improved by endurance training?/Human High Performance International Forum 2016 2016-3-17 (Tsukuba)/共著/2016.03
マラソン誘発性筋損傷と炎症に対する分岐鎖アミノ酸投与の抑制効果./第28回ランニング学会 2016-3-12 (岡山)/共著/2016.03
肥満マウスの白色脂肪組織におけるタウリン濃度の低下は持久性トレーニングで抑制されるか./第2回国際タウリン研究会日本部会 2016-3-6 (福井)/共著/2016.03
Are reduced taurine levels in the white adipose tissue of obese mice improved by endurance training?/The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine 2016;5(6):470/共著/2016.03
L-シトルリン投与がラットの走運動パフォーマンスに及ぼす影響〜中強度運動と高強度運動での比較〜./第70回日本体力医学会 2015-9-20 (和歌山)/共著/2015.09
長時間運動時の遊離アミノ酸の動態にタウリン投与が及ぼす影響./第70回日本体力医学会 2015-9-19 (和歌山)/共著/2015.09
運動実践の継続はKupffer細胞の異物貪食能を増加させる./第70回日本体力医学会 2015-9-19 (和歌山)/共著/2015.09
フルマラソンにおける遅発性筋痛および筋損傷の特徴./第70回日本体力医学会 2015-9-18 (和歌山)/共著/2015.09
経験の違いがフルマラソン後の筋損傷・炎症マーカーならびに筋肉痛に及ぼす影響./第70回日本体力医学会 2015-9-17 (和歌山)/共著/2015.09
長時間運動時の遊離アミノ酸の動態にタウリン投与が及ぼす影響./第8回脳・神経・内分泌系から運動の意義を考える会 2015-9-17 (和歌山)/共著/2015.09
長時間運動時の血糖低下をタウリン投与が抑制する機序〜遊離アミノ酸を基質とした糖新生からの検討〜./タウリンリサーチ 2015;1:53-55/共著/2015.09
長時間運動の持続時間と血糖レベルの関係に及ぼすタウリン投与の影響./タウリンリサーチ 2015;1:56-58/共著/2015.09
運動様式の違いによって生じる遅発性と速発性の筋痛・筋損傷の違い〜伸張性運動とフルマラソンによる検討〜./第23回日本運動生理学会大会 2015-7-26 (世田谷)/共著/2015.07
長時間運動時の血糖低下をタウリン投与が抑制する機序〜遊離アミノ酸を基質とした糖新生からの検討〜./第23回日本運動生理学会大会 2015-7-25 (世田谷)/共著/2015.07
長時間運動時の血糖低下をタウリン投与が抑制する機序〜遊離アミノ酸を基質とした糖新生からの検討〜./第1回国際タウリン研究会日本部会 2015-2-21 (神戸)/共著/2015.02
持久性運動によるアセチルタウリンの生成./第1回国際タウリン研究会日本部会 2015-2-22 (神戸)/共著/2015.02
長時間運動の持続時間と血糖レベルの関係に及ぼすタウリン投与の影響./第1回国際タウリン研究会日本部会 2015-2-21 (神戸)/共著/2015.02
肥満予防を目的とした全身振動刺激の有用性の基礎的検討./第69回日本体力医学会大会 2014-9-19 (長崎)/共著/2014.09
分岐鎖アミノ酸投与がフルマラソン後の酸化ストレス,抗酸化力へ及ぼす影響./第69回日本体力医学会大会 2014-9-20 (長崎)/共著/2014.09
運動による肝・骨格筋におけるNrf2活性化の解析./第69回日本体力医学会大会 2014-9-19 (長崎)/共著/2014.09
Increased N-acetyltaurine in serum and urine after endurance exercise in human./The 19th International Taurine Meeting 2014-5-24 (Krakow, Poland)/共著/2014.05
Effects of taurine supplementation on change of blood glucose and liver glycogen during and after exhaustive running./The 19th International Taurine Meeting 2014-5-23 (Krakow, Poland)/共著/2014.05
Taurine supplementation suppresses hypoglycemia and increases endurance running time in rats./The 19th International Taurine Meeting 2014-5-23 (Krakow, Poland)/共著/2014.05
転写因子Nrf2は高脂肪食による肝脂肪蓄積を抑止し,運動実践はNrf2活性化を介して肝脂肪蓄積を改善する./第160回日本体力医学会関東地方会 2014-3-8 (調布)/共著/2014.03
分岐鎖アミノ酸投与がフルマラソン誘発性の血漿遊離アミノ酸濃度変化に及ぼす影響./第68回日本体力医学会大会 2013-9-21 (千代田)/共著/2013.09
タウリン投与が走運動時の糖新生関連酵素に及ぼす影響./第68回日本体力医学会大会 2013-9-21 (千代田)/共著/2013.09
長時間走行の持続時間と血糖値へのタウリン投与の影響./第21回日本運動生理学会大会 2013-7-27 (川越)/共著/2013.07
成長が異なる筋線維組成の骨格筋アミノ酸濃度変化に及ぼす影響./第67回日本体力医学会大会 2012-9-14 (岐阜)/共著/2012.09
長時間運動時の血糖低下をタウリン投与により抑制するラットモデルの作製./第67回日本体力医学会大会 2012-9-15(岐阜)/共著/2012.09
運動後のラット骨格筋アミノ酸濃度に及ぼすタウリン投与の影響と濃度依存性./第66回日本体力医学会大会 2011-9-17 (山口)/共著/2011.09
Influence of increased blood ammonia by long duration running on the performance of calculation task./The 12th International Congress on Amino Acids, Peptides and Proteins 2011-8-4 (Beijing, China)/共著/2011.08
The production of a rat model that inhibits phosphoenolpyruvate carboxykinase (PEPCK), a rate-limiting enzyme of hepatic gluconeogenesis./Advanced Experimental Medicine and Biology. 2019;1155:113-118./共著/2019.08
Effect of BCAA supplement timing on exercise-induced muscle soreness and damage: a pilot placebo-controlled double-blind study./The Journal of Sports Medicine and Physical Fitness. 2018;58(11):1582-1591/共著/2018.11
分岐鎖アミノ酸(BCAA)投与がマラソン後の血清C反応性タンパク質濃度ならびに血漿グルタミン濃度に及ぼす効果./ランニング学研究 2018;29(2):157-165/共著/2018.03
Nuclear factor (erythroid derived 2)-like 2 activation increases exercise endurance capacity via redox modulation in skeletal muscles./Scientific Reports. 2017;7(1):12902/共著/2017.10
Exercise training enhances in vivo clearance of endotoxin and attenuates inflammatory responses by potentiating Kupffer cell phagocytosis./Scientific Reports. 2017;7(1):11977/共著/2017.09
Cytoprotective Role of Nrf2 in Electrical Pulse Stimulated C2C12 Myotube./PLoS One. 2015;10(12):e0144835/共著/2015.11
Increased N-acetyltaurine in serum and urine after endurance exercise in human./Advances in Experimental Medicine and Biology. 2015;803:53-62/共著/2015.04
Combined effect of branched-chain amino acids and taurine supplementation on delayed onset muscle soreness and muscle damage in high-intensity eccentric exercise./Journal of the International Society of Sports Nutrition. 2013;10(1):51-62/共著/2013.11
主な担当授業科目名 アドバンスセミナーⅠA 、フレッシュセミナーⅠA、卒業研究、身体機能ケア研究、鍼灸セラピー総合演習Ⅱ、特別総合演習Ⅱ、特別総合演習Ⅰ、卒業研究Ⅰ、臨床診断実習Ⅱ、臨床実習Ⅰ、フレッシュセミナーⅠB、アドバンスセミナーⅠB