岩藤 裕美
Faculty

学部・大学院

岩藤 裕美

所属 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻 准教授
最終学歴 お茶の水女子大学人間文化研究科人間発達科学専攻博士後期課程単位取得退学
現在所属している学会 日本臨床心理学会、日本発達心理学会、日本保育学会、日本家族心理学会、日本小児保健協会会員、日本保健医療行動科学会、日本遊戯療法学会、日本学生相談学会
学士・修士・博士 修士(人文科学)
所有資格 臨床心理士、公認心理師
研究の分野 発達心理学、臨床心理学
主な研究項目 家族関係、ひきこもりの若者への支援、アウトリーチ、支援者の成長過程
主な研究業績 Evaluation of a Home Visiting Program for Hikikomori Individuals in Japan/7th Asian Conference of Health Psychology (Sabah, Malaysia)/2019.09
The Process of Onset and Recovery From Hikikomori: Comparison Between the Two Patterns in Japan/126th Annual Convention of the American Psychological Association (San Francisco)/2018.08
訪問支援によるひきこもりからの回復過程の検討-不登校を体験した3事例を基にして-/第36回日本心理臨床学会大会(パシフィコ横浜)/2017.11
不登校から「ひきこもり」へと至ったケースの検討ー性別及び時期やきっかけとの関連から/第35回日本心理臨床学会大会(パシフィコ横浜)/2016.09
Differences between mothers' and fathers' perceptions of their children with hikikomori based on parents' initial messages for telepsychology in Japan/31st International Congress of Psychology (Yokohama)/2016.07
「ひきこもり」と家族-親からのメール相談から-/第34回日本心理臨床学会大会シンポジウム(神戸国際会議場)/2015.09
Features of hikikomori sufferers: Based on the data collected from the users of e-mail counselling in Japan/122nd of Annual Convention of the American Psychological Association (Washington, DC.)/2014.08
発達精神病理学からみた精神分析理論/岩崎学術出版/共著/2013.11
第一子誕生をめぐる夫婦の抑うつ状態と愛情関係/『発達』第30巻第120号,ミネルヴァ書房,13-20頁/単著/2009.10
葛藤生起場面における夫婦間コミュニケーション・スタイル:尺度の作成と妥当性の検討/人間文化創成科学論叢第11巻お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科,183-193頁/単著/2009.03
産前・産後における夫婦の抑うつ性と親密性の因果関係-第1子出産の夫婦を対象とした縦断研究から/家族心理学研究,第21巻第2号,134-145頁/単著/2007.12
幼稚園における子育て支援:幼稚園における「子育て相談」の形態と保護者の精神的健康との関連から/お茶の水女子大学子ども発達教育研究センター紀要,第4号,27-34頁/共著/2007.03
親への移行における夫婦間及び対児愛着形成の変化と育児困難感との関連性について-計画妊娠と非計画妊娠の夫婦を比較して/日本=性研究会議会報,第18巻第1号,財団法人日本性教育協会,2‐20頁/単著/2006.11
くらしの中の心理臨床 不安/福村出版/共著/2017.07
くらしの中の心理臨床 トラウマ/福村出版/共著/2016.11
くらしの中の心理臨床 うつ/福村出版/共著/2015.09
実践・保育相談支援/みらい/共著/2015.04
実践・発達心理学ワークブック/みらい/共著/2013.03
保育相談支援/光生館/共著/2012.10
保育相談支援/北大路書房/共著/2011.03
子育て支援の心理学/有斐閣/共著/2008.10
主な担当授業科目名 発達心理学特論(福祉分野に関する理論と支援の展開)