加藤  勝行
Faculty

学部・大学院

加藤 勝行

所属 健康メディカル学部 理学療法学科 教授
健康メディカル学部 理学療法学科 学科長
健康科学研究科 理学療法学専攻 専攻長
最終学歴 国際医療福祉大学大学院保健医療学運動・動作学専攻博士課程修了
現在所属している学会 日本理学療法士会、IAAPT協会、理学療法科学学会、日本PNF協会、日本オリンピック組織委員会、日本山岳スポーツクライミング協会(JMSCA)常任、日本クライミング医科学研究会 理事、日本臨床スポーツ医学会
学士・修士・博士 博士(保健医療学),修士(保健医療学),学士(地理),準学士(理学療法学),専門士(鍼灸・あん摩・マッサージ・指圧師)
所有資格 あん摩マッサージ指圧師 取得、はり師 取得、きゅう師 取得、厚生大臣指定講習会修了 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師課程取得、理学療法士 取得
研究の分野 総合領域
主な研究項目 人間医工学、健康・スポーツ科学
主な研究業績 下肢踏み出し時間を利用した転倒予防評価に関する研究/第6回日本予防理学療法学会学術大会/共著/2019.10
演習授業の学習が身体的活動の向上に与える影響について (査読付)/第7回日本理学療法教育学会学術大会/共著/2018.11
促通ストレッチ技術による反応時間への有用性について(査読付)/第7回日本理学療法教育学会学術大会/共著/2018.11
SC競技者へのスキン管理についての研究/第38回日本登山医学会学術集会/共著/2018.06
競技経験者への促通ストレッチ技術による反応時間への有用性について(査読付き)/第38回日本登山医学会学術集会/単著/2018.06
クライマーのスキンケアに対する意識調査(査読付き)/第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会/共著/2017.11
スポーツクライミングによる中節骨骨端障害の検討(査読付き)/第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会/共著/2017.11
The Assessment of Muscle Tone of Hemiplegic Knee Flexor and Extensor of Stroke Patients By Pendulum Index.(査読付き)/第18回中国医学会物理医学とリハビリ医学国際交流大会(遼寧省瀋陽市会議センター)/共著/2017.09
臨床実習満足度に影響する因子の調査(査読付き)/第30回教育研究大会:臨床実習/共著/2017.08
スポーツクライマーの自己管理の実態と受傷との関連性の検討(査読付き)/第37回日本登山医学会学術集会/共著/2017.06
スポーツクライミング の傷害実態調査~技術 レベルに着目して~(査読付き)/第37回日本登山医学会学術集会/共著/2017.06
アスリートクライマーへの学習強化の必要性について(査読付き)/第37回日本登山医学会学術集会/単著/2017.06
The need for Learning enhancements to athletes climber.(査読付き)/第4回アジア・太平洋登山医学会学術集会/単著/2017.05
スポーツクライマーにおける傷害とリハビリテーション医療への期待度への意識調査(査読付き)/第52回日本理学療法学術大会:日本支援工学理学療法学会/単著/2017.05
スポーツクライマーの自己管理と全身性傷害との関連性について(査読付き)/第52回日本理学療法学術大会:スポーツ学会/共著/2017.05
テレビ等メディア出演協力・監修実績 アスリート魂/:公放NHK/2016.11
傷害調査によるスポーツクライミング傷害発生要因の検討(査読付き)/第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会/共著/2016.11
スポーツクライミングにおける傷害発生環境調査(査読付き)/第36回日本登山医学会学術集会  /共著/2016.06
クライミング愛好家におけるスポーツ傷害の実態意識調査(査読付き)/第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会/共著/2015.11
テレビ等メディア出演協力・監修実績 情熱大陸:野口啓代選手の挑戦/民放TBS/2012.10
座位と背臥位の姿勢から見た運動療法の経時的効果(査読付き)/第46回日本理学療法学術大会/単著/2012.05
パフォーマンス向上を目指すフリークライマーへの介入とメディカルサポート(査読付き)/第62回北海道理学療法士学術大会/共著/2012.05
DVD 出演協力・監修実績 )「日本女子初世界ボルダリングⅤ2/年間チャンピオン野口アキヨ」/FrontierSpirit Production THE NORTH FACE/2010.12
クライミング競技へのPT介入~ヨセミテ国立公園エルキャピタン壁へのスピードアッセント~(査読付き)/第44回日本理学療法学術大会/単著/2009.05
DVD 出演協力・監修実績 「不朽神話2平山ユ-ジ」/FrontierSpirit Production THE NORTH FACE/2009.03
Report on Accompanying the Climbing National Team to the Asian Championships 2006 in Taiwan.(査読付き)/第10回ACPT学会/単著/2008.08
アジアクライミング選手権帯同報告(査読付き)/第27回関東甲信越ブロック理学療法士学会/単著/2008.08
フリークライミングワールドカップ帯同後の理学療法士スタッフへの調査(査読付き)/第43回日本理学療法学術大会/単著/2008.08
DVD 出演協力・監修実績 「TO THE LEDGE YUJI HIRAYAMA」/FrontierSpirit Production THE NORTH FACE/2004.07
 DVD 出演協力・監修実績  「LEDGE TO LEDGE YUJI HIRAYAMA」/FrontierSpirit Production THE NORTH FACE/2004.03
NEWS ZERO:プロクライマー平山ユージ氏の挑戦/民放日本テレビ/2003.07
テレビ等メディア出演協力・監修実績 ワイドスクランブル::小林完吾氏の理学療法(リハビリ)/民放朝日テレビ/1996.05
テレビ等メディア出演協力・監修実績 生活ホットモーニング:小林完吾氏の理学療法(リハビリ)/公放NHK/1996.02
下肢踏み出し時間を利用した転倒予防の評価に関する研究(査読付き)/日本予防理学療法学会誌/共著/2019.11
スポーツクライミングによるスポーツ外傷・障害の実態(査読付き)/日本臨床スポーツ医学会誌 Vol.27(3)525-531/共著/2019.11
慢性疼痛に対する理学療法の有効性(査読付き)/仙台青葉学院短期大学紀要第10巻(2)41-46/共著/2019.03
理学療法士養成校における学業に支障をきたすに至った事象についての実態調査    (査読付き)/仙台青葉学院短期大学紀要第10巻(2)53-58/共著/2019.03
運動学習の授業が身体活動の向上に与える影響について~PNFによる学習効果と反応時間に着目して~(査読付)/仙台青葉学院短期大学紀要第10巻(2)33-40/共著/2019.03
クライマーのスキンケアの実態とその効果(査読付き)/日本臨床スポーツ医学会誌 Vol.26(4)225-227/共著/2018.11
臨床実習における学生の満足度因子について(査読付き)/仙台青葉学院短期大学紀要      第10巻(1)41-51/共著/2018.10
臨床実習の満足度に影響する因子の調査-臨床実習アンケートより-(査読付き)/リハビリテーション教育研究誌24:188-189/共著/2018.03
ペントグラム指数による脳卒中患者膝関節屈伸筋の筋緊張評価 (査読付き)/仙台青葉学院短期大学紀要 第9巻(1)17-25/共著/2017.10
スポーツクライマーの自己管理の実態と受傷との関連性の検討(査読付き)/登山医学学術誌第37巻68-71/共著/2017.10
クライミングジムにおける白癬菌の分離(査読付き)/登山医学学術誌 第37巻93-97/共著/2017.10
A study on the lasting effects of PNF stretching in terms of reaction time.(査読付き)/登山医学 学術誌 第36巻102-106/単著/2016.09
クライミング愛好家におけるスポーツ傷害の実態~意識調査~(査読付き)/登山医学 学術誌 第36巻90-94/共著/2016.09
スポーツクライミングにおける傷害調査~発生環境における検討~(査読付き)/登山医学 学術誌 第36巻76-80/単著/2016.09
クライミング愛好家におけるスポーツ傷害の実態~意識調査から~(査読付き)/日本臨床スポーツ医学会学会誌 第23巻4号/共著/2015.11
関節運動分類から見たPNFの短期的持続効果-特殊技術を用いた反復運動からの検討-(査読付き)/理学療法科学29(6):715–718./単著/2014.01
関節運動分類から見たPNFの短期的持続効果-特殊技術を用いた単純運動からの検討- (査読付き)/理学療法科学28(5):637–640./単著/2012.10
姿勢の違いから見たPNFの持続効果-基本技術を用いてからの検討-(査読付き)/理学療法科学/単著/2011.10
反応時間から見たPNFの短期的持続効果に関する研究 (査読付き)/国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科紀要/単著/2011.02
PNFの持続効果(査読付き)/理学療法科学,25(5),821-824/単著/2010.10
PNFの敏捷性に関する持続効果の研究(査読付き)/国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科紀要/単著/2008.02
関節運動分類から見たPNFの短期的持続効果-特殊技術を用いた複合運動からの検討-(査読付き)/理学療法科学29(6):899-903/2005.01
「ロック&スノー」-ホールディングを考える-/山と渓谷社/単著/2013.06
理学療法臨床実習サブノート/文光堂/単著/2010.07
「Tarzan」-ゴッドハンドたちのスキルで回復-/マガジンハウス/単著/2005.10
「ロック&スノー」-クライミング障害を防ぐ-/山と渓谷社/単著/2005.03
「ロック&スノー」-クライミング障害を防ぐ-/山と渓谷社/単著/2004.12
「ロック&スノー」-クライミング障害を防ぐ-/山と渓谷社/単著/2004.09
「ロック&スノー」-クライミング障害を防ぐ-/山と渓谷社/単著/2004.06
「ロック&スノー」-クライミング障害を防ぐ-/山と渓谷社/単著/2004.03
「ロック&スノー」-クライミング障害を防ぐ-/山と渓谷社/単著/2003.12
「ロック&スノー」-クライミング障害を防ぐ-/山と渓谷社/単著/2003.09
「ロック&スノー」-クライミング障害を防ぐ-/山と渓谷社/単著/2003.06
「いきいき」-変形性膝関節症-膝の痛みを防ぐ-/ユーリーグ株式会社/単著/2003.01
「いきいき」-首の痛みを治す;PNFストレッチ-/ユーリーグ株式会社/単著/2002.11
「ばんぶう」-リハビリは進化する:PNF法-/日本医療企画/単著/1998.09
「女性自身」シリーズ人間-小林完吾半身マヒからの報告-/光文社/単著/1997.10
主な担当授業科目名 フレッシュセミナーⅠ、スポーツ理学療法学、リハビリテーション概論、徒手療法学、理学療法治療学実習(神経系)