髙木 敬彦
Faculty

学部・大学院

髙木 敬彦

所属 健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科 教授
最終学歴 麻布大学大学院獣医学研究科修士課程修了
現在所属している学会
学士・修士・博士 獣医学博士
所有資格 獣医師免許
研究の分野 環境学 応用獣医学
主な研究項目 土壌における消毒副生成物質の出現に及ぼす各種消毒剤使用の影響、Salmonella TyphimuriumuYG1024 株を用いた犬尿の変異原性測定、Microsuspension法を用いたドックフード中の芳香族アミン類の測定、室内空気浮遊粒子の変異原性
主な研究業績 ブロイラ-における水溶性ケイ素投与による肉質改善および糞尿臭低下の作用/獣医畜産新報,70(4),279-282/共著/2017.04
高脂肪食負荷マウスにおける水溶性ケイ素の志望肝抑制作用および糞臭低下作用/獣医畜産新報,68(11),843-847/共著/2015.11
土壌汚染の実態把握のための評価法/安全工学,47(5),283-289/共著/2008.10
生物評価試験による浮遊粒子状物質の長期曝露モニタリングに関する研究/平成17年度環境保全研究成果集,55,1-21/共著/2006.11
生物評価試験による浮遊粒子状物質の長期曝露モニタリングに関する研究/平成16年度環境保全研究成果集,55,1-21/共著/2005.11
Mutagenic activities and PAH concentrations in indoor and outdoor air in chengdu, China/Proceedings of China-Japan Joint Symposium on Environmental Chemistry,270-271/共著/2004.10
A modification of the luminescent umu test in an S9 activation system/Proceedings of China-Japan Joint Symposium on Environmental Chemistry,331-333/共著/2004.10
生物評価試験による浮遊粒子状物質の長期曝露モニタリングに関する研究/平成15年度環境保全研究成果集,69,1-22/共著/2004.02
生物評価試験による浮遊粒子状物質の長期曝露モニタリングに関する研究/平成14年度環境保全研究成果集,62,1-22/共著/2003.02
生物評価試験による浮遊粒子状物質の長期曝露モニタリングに関する研究/平成13年度環境保全研究成果集,77,1-14/共著/2002.12
空気中の微量発癌関連物質の人体曝露測定法および曝露要因に関する研究-特に発癌プロモ-タ-を中心として-/平成11年度環境保全研究成果集,14,1-31/共著/2000.01
空気中の微量発癌関連物質の人体曝露測定法および曝露要因に関する研究-特に発癌プロモ-タ-を中心として-/平成9年度環境保全研究成果集,16,1-14   /共著/1998.08
空気中の微量発癌関連物質の人体曝露測定法および曝露要因に関する研究,-特に発癌プロモ-タ-を中心として-/平成8年度環境保全研究成果集,17,1-18/共著/1997.08
空気中の微量発癌関連物質の人体曝露測定法および曝露要因に関する研究-特に発癌プロモ-タ-を中心として-/平成7年度環境保全研究成果集(Ⅰ),17,1-15/共著/1996.08
空気中の微量有害物質への経気道個人曝露調査手法の開発に関する研究/平成6年度環境保全研究成果集(Ⅰ),11,1-19/共著/1995.08
空気中の微量有害物質への経気道個人曝露調査手法の開発に関する研究/平成5年度環境保全研究成果集(Ⅰ),11,1-21/共著/1994.08
空気中の微量有害物質への経気道個人曝露調査手法の開発に関する研究/平成4年度環境保全研究成果集(Ⅰ),13,1-19/共著/1993.08
空気中の微量有害物質への経気道個人曝露調査手法の開発に関する研究/平成3年度環境保全研究成果集(Ⅰ),10.1-27/共著/1992.08
生存競争モデルによる伝染病等の流行に関する理論疫学的研究/麻布大学獣医学部研究報告,12,21-28/共著/1991.03
前進突然変異試験法による環境変異原物質の高感度検出/化学品安全,6,9-19/共著
生物評価試験による浮遊粒子状物質の長期曝露モニタリングに関する研究/平成12年度環境保全研究成果集,12,1-15/共著
粒径別に採取した大気浮遊粉じん及び室内空気浮遊粒子の変異原性測定/生活環境中の汚染物質の存在状況の把握に関する報告書,117-129/共著
前進突然変異試験法による環境変異原物質の高感度検出/化学品安全,6,9-19/共著
Age-dependent aggravation of oral malodor and periodontal disease in dogs./Fundam. Toxicol. Sci. Vol.6, No.3, 75-79 (2019)/共著/2019.04
Evaluation of the genotoxicity of PM2.5 collected by a high-volume air sampler with impactor(査読付き)/Genes and Environ.,41(7), 1-11/共著/2019.02
Application of a portable gas chromatograph for quantitative measurement of canine oral malodor(査読付き)/Fundam. Toxicol. Sci.,4(1),23-29/共著/2017.02
Establishing conditions for the storage and rabies virus RNA using FTA○R cards(査読付き)/J.Vet.Med.Sci., 77(4),461-465/共著/2015.04
Mutagenicity of Surface Soil in Sagamihara City(査読付き)/J.Environ. Chem.,22(3),83-88/共著/2013.03
国産たばこ主流煙中特異的ニトロソアミン類の異なる捕集法を用いた測定(査読付き)/日本衛生学雑誌, 67(3),423-430/共著/2012.05
Mutagenicity of the Chlorination Reactant of Cow Dung and Horse Dung(査読付き)/J.Environ. Chem.,21(4),321-324/共著/2011.12
Mutagenicity and PAH Contents of Soil in Forests or Planted Areas in Japan(査読付き)/Bull.Environ. Contam. Toxcol.,83(5), 742-746/共著/2009.11
Mutagenicity of Surface Sand in Park Sandboxes(査読付き)/J.Environ. Chem.18(2),187-195/共著/2009.02
Measurement of concentrations of polycyclic aromatic hydrocarbons and dioxin compounds in canine lungs(査読付き)/POLYCYCLIC AROMATIC COMPOUNDS,25(5), 357-369/共著/2008.11
Recovery Rate in the Concentration of Semivolatile Polycycric Aromatic Hydrocarbon(PAH) Solutions.(査読付き)/J.Environ. Chem.,18(1),43-50/共著/2008.10
Detection mutagenicity by Ames Preincubation method of fine commercial particles.(査読付き)/Mater.Technol.,26(6), 303-310/共著/2008.10
Volatile Organic Compound (VOC) analysis and anti-VOC measures in water-based paints(査読付き)/J. Health Sci., 53(3),311-319/共著/2007.06
空気中真菌類の分子マーカーとしてのエルゴステロールの大量注入GC-MS分析(査読付き)/環境化学,17(1),47-52/共著/2007.03
深度1mまでの土壌の抽出物の変異原性(査読付き)/環境化学,16(4), 627-633/共著/2006.12
植物質土壌改良剤の変異原性検索(査読付き)/環境化学,16(1), 43-49/共著/2006.06
Anti-mutagenic and anti-oxidative activities found in Chinese traditional soybean fermented products furu(査読付き)/Food Chem., 95(1),71-76/共著/2006.03
Detection of mutagenicities of chlorinated toluenes and related compounds using a gas-exposure apparatus(査読付き)/Mater. Technol., 23(6),413-417/共著/2005.10
Effects of organic solvents in luminescent umu test using S. typhimurium TL210.(査読付き)/J Environ.Chem., 15(3),569-574/共著/2005.03
有機性廃棄物を主原料とする堆肥抽出物の変異原性(査読付き)/環境化学,14(3), 605-611/共著/2004.09
Effects of heating and the addition of seasonings on the anti-mutagenic and anti-oxidative activities of polyphenols(査読付き)/Food Chem.,86(4), 517-524/共著/2004.08
Measurement of polynuclear aromatic hydrocarbons in canine lung after alkaline decomposition(査読付き)/J.Vet.Med.Sci., 66(7),793-796/共著/2004.07
Mutagenicity of suspended particulate matter divided in three sizes indoors(査読付き)/J.HEALTH SCI., 48(6),480-484/共著/2002.12
粒径別に分級した土砂の変異原性測定(査読付き)/環境化学,14(2), 327-333/共著/2002.12
前進突然変異試験法による数種フラボノイドの変異原性・抗変異原性評価,および加熱と調味料添加の影響/日本食品科学工学会誌,49(9),591-597/共著/2002.09
Mutagenicity and PAH concentration of soil collected from urban area of Tokyo(査読付き)/Archives Complex Environ. Stud., 13(1-2),31-42/共著/2001.03
河川水のAmes変異原性試験におけるディスク型固相吸着剤の適用(査読付き)/環境化学,10(3), 573-579/共著/2000.09
有機無農薬栽培による野菜類抗変異原性の変化(査読付き/日本食品科学工学会誌,47,460-464/共著/2000.06
Reseach for the recent increase of roof rat infection in residential areas in Tokyo(査読付き)/Med. Entomol. Zool., 51(3), 211-213/共著/2000.03
ドクダミ茶の採取時期における無機構成成分(査読付き)/日本調理科学会誌,32(4),330-333/共著/1999.11
Size-distribution measurement of mutagenic particles in Indoor air(査読付き)/Indoor Air,4, 267-272/共著/1999.08
ビル内飲食店と魚市場のネズミにおけるSalmonellaおよびCampylobacter保菌状況(査読付き)/日獣会誌,52(3), 194-197/共著/1999.03
Mutagenicity of dog urine determined by blue rayon extraction and the ultramicro forward-mutation method(査読付き)/J.Vet.Med.Sci., 59(11),1081-1083/共著/1997.11
空気中の変異原性物質の個人曝露に及ぼす喫煙及び受動喫煙の影響(査読付き)/環境化学,7,281-289/共著/1997.06
Method of determining the inhalation deposition of mutagenic components in environmental tobacco smoke aerosol(査読付き)/J. Toxicol. Environ. Health,43(2),123-128/共著/1997.04
室内の多環芳香族炭化水素類濃度に及ぼす石油・ガススト-ブの影響(査読付き)/日獣会誌,50,169-172/共著/1997.03
タバコ副流煙の粒子状およびガス・蒸気状物質の変異原性(査読付き)/日獣会誌,49,661-665/共著/1996.09
Effects of indoor air pollution on personal exposure to direct mutagens(査読付き)/Indoor Air,3,809-814/共著/1996.06
魚市場およびと畜場のドブネズミ由来黄色ぶどう球菌の性状(査読付き)/日獣会誌,49,408-410/共著/1996.06
水道水中の樹脂吸着性変異原性物質と家庭用浄水器によるその除去/日獣会誌,49,41-45/共著/1996.01
ジアミノジフェニルメタンおよびその関連化合物の変異原性(査読付き)/環境化学,5,841-845/共著/1995.12
揮発性ニトロソアミンの変異原性測定法について(査読付き)/環境化学,5,39-45/共著/1995.03
首都圏のタ-ミナル駅地下街空気中の多環芳香族炭化水素濃度について(査読付き)/環境化学,4,39-43/共著/1994.03
空気浮遊粒子中の変異原物質への曝露要因に関する研究-個人曝露レベルと屋外空 気汚染レベルとの比較-(査読付き)/大気汚染学会誌, 29,16-23/共著/1994.02
Mutagenicity of airborne particulates in Sagamihara city(査読付き)/J.Vet.Med.Sci.,54,193-199/共著/1992.04
Biological and chemical methodologies for assessing human exposure to airborne mutagens indoors(Proceedings 査読付き)/Indoor Air, 2, 225-230/共著/1990.08
Highly sensitive bioassays for evaluating airborne mutagens indoors(Proceedings 査読付き)/Indoor Air,2,163-168/共著/1990.08
Ultramicro forward-mutation法を用いた微量室内空気浮遊粒子の変異原性(査読付き)/大気汚染学会誌, 24,244-251/共著/1989.07
室内空気浮遊粒子の変異原性測定へのmicro-forward mutation法の適用(査読付き)/大気汚染学会誌, 23,24-31/共著/1988.03
ガソリンおよびディ-ゼルエンジンオイルの変異原性(査読付き)/大気汚染学会誌, 21,312-321/共著/1986.09
トリニトロクロルベンゼンおよびテトラニトロカルバゾ-ルの変異原性に及ぼすピ レンおよびBaPの影響(査読付き)/大気汚染学会誌, 19,318-320/共著/1984.08
HUMAN EXPOSURE TO AIRBORNE MUTAGENS INDOORS AND OUTDOORS USING MUTAGENESIS AND CHEMICAL-ANALYSIS METHODS/Plenum Press, New York,39,33-56/共著
主な担当授業科目名