宮﨑 彰吾
Faculty

学部・大学院

宮﨑 彰吾

所属 ヒューマンケア学部 鍼灸学科 教授
最終学歴 九州大学大学院医学系学府博士課程修了
現在所属している学会 全日本鍼灸学会
学士・修士・博士 修士(体育学)、博士(医学)
所有資格 はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、ケア・ワークモデル研究会M-Test指導員
研究の分野 東洋医学(鍼灸)、代替医療、社会医学
主な研究項目 「触れる」こと(体性感覚刺激)の臨床試験〔科研費 22890174〕、社会問題の解決に向けて「触れる」ことを活かした創意工夫〔科研費 25870692、科研費 18K09982〕、https://ipodmiyasho5.wixsite.com/presenteeism
主な研究業績 学生企画によるM-Testの実践と鍼療法の臨床能力評価/第65回(社)全日本鍼灸学会学術大会北海道大会(学生ポスター優秀賞)/共著/2016.06
M-Test(経絡测试)/第3回国際灸法大会(北京)/単著/2015.09
The effect of gentle skin stimulation on elderly women with nocturia/International Scientific Acupuncture and Meridian Symposium (Poster Award)/共著/2014.10
ヒトにおける軽い機械的な皮膚刺激による排尿抑制への影響/第61回(社)全日本鍼灸学会学術大会三重大会(学生ポスター優秀賞)/共著/2012.06
鍼治療を含む施術費用への助成はオフィスワーカーのプレゼンティーイズムに有用か: 実用的多施設共同ランダム化比較試験による検証(中間解析)(査読付)/全日本鍼灸学会雑誌, 69(4)/共著/2019.10
鍼灸師の臨床能力を継続的に維持・改善するためのマネジメントシステムへの招待/医道の日本, 78(6)/単著/2019.06
後発性心的外傷後ストレス障害を発症した40歳代男性に対する耳介療法(査読付)/日本東洋心身医学研究, 33(1-2), 「第18回日本東洋心身医学研究会研究奨励賞」受賞論文/共著/2018.12
医療資源としての「鍼灸」の社会的インパクトを生み出すための提案(査読付)/日本東洋医学雑誌, 69(1)/共著/2018.01
軽微な皮膚刺激が膀胱機能に与える影響に関する基礎および臨床研究(査読付)/自律神経, 54(2)/共著/2017.06
Can self-care by means of contact needles gently applied to the skin relieve menstrual pain?(査読付)/The Autonomic Nervous System, 54(2)/共著/2017.06
くも膜下出血患者の早期離床の効果とアウトカムに影響を与える要因の検討(査読付)/脳卒中, 38(3)/共著/2016.05
Preliminary study of a graded Meridian Test program to prevent bullying.(査読付)/Traditional & Kampo Medicine, 3(1)/共著/2016.04
Effects of a Gentle, Self-Administered Stimulation of Perineal Skin for Nocturia in Elderly Women: A Randomized, Placebo-Controlled, Double-Blind Crossover Trial.(査読付)/PLoS One, 11(3), 「第41回代田賞」受賞論文/共著/2016.03
円皮鍼を用いた鍼刺激が筋疲労による瞬発的筋力発揮能力低下に及ぼす影響-二重盲検比較試験を用いた検討-(査読付)/日本臨床スポーツ医学会誌, 23(3)/共著/2015.08
M-Test によって検索される経絡および経穴へのやさしいタッチはストレスを緩和させるか/帝京平成大学紀要, 26(1)/共著/2015.03
麻酔下ラットの会陰部皮膚領域に対する触刺激の違いが排尿筋収縮に及ぼす影響(査読付)/自律神経, 51(3)/共著/2014.09
ヒトにおける侵害性熱刺激による循環反応とその防御(査読付)/自律神経, 51(1)/共著/2014.03
鍼灸治療におけるコミュニケーションリスクを減らすためのコンセプトデザイン/鍼灸Osaka, 29(2)/共著/2013.09
はり師きゅう師が関与したわいせつ行為に関する新聞記事の分析(査読付)/社会鍼灸学研究, 7/共著/2013.08
鍼灸療法に対する公的な助成金額と平均寿命との関連性(査読付)/全日本鍼灸学会雑誌, 62(3)/共著/2012.08
Effect of gentle cutaneous stimulation on heat-induced autonomic response and subjective pain intensity in healthy humans.(査読付)/The journal of physiological sciences, 62(4)/共著/2012.07
Prehospital epinephrine use and survival among patients with out-of-hospital cardiac arrest.(査読付)/JAMA, 307(11)/共著/2012.05
A gentle mechanical skin stimulation technique for inhibition of micturition contractions of the urinary bladder.(査読付)/Autonomic Neuroscience, 167(1-2)/共著/2012.04
大学生スポーツ選手の相補・代替医療利用状況(査読付)/日本臨床スポーツ医学会誌, 20(2)/共著/2012.04
Internet use and suicide among younger age groups between 1989 and 2008 in Japan.(査読付)/Acta Psychiatrica Scandinavica, 121(6)/共著/2010.06
Conducting double-blind acupuncture trials with a press needle is possible, although this may no longer be the only way/Focus on Alternative and Complementary Therapies, 14(4)/共著/2010.01
Applicability of press needles to a double-blind trial:A randomized, double-blind,placebo-controlled trial(査読付)/Clinical Journal of Pain, 25(5)/共著/2009.06
Acupuncture practitioner-patient communication in Japan(査読付)/International Journal of General Medicine, 1/共著/2008.10
鍼灸治療における施術者-患者のリスク・コミュニケーションに関する基礎的研究(査読付)/全日本鍼灸学会雑誌, 58(4), 「高木賞奨励賞」受賞論文/共著/2008.08
スポーツ鍼灸ハンドブック 第2版 M-Testによる経絡運動学的アプローチ/文光堂/共著/2012.10
図解 M-Test/医歯薬出版株式会社/共著/2012.03
スポーツ鍼灸ハンドブック 経絡テストの実際とその応用/文光堂/共著/2003.09
主な担当授業科目名 卒業研究、卒業研究Ⅰ、公衆衛生概論※、臨床医学診断Ⅱ※、臨床医学診断Ⅲ、鍼灸診断Ⅲ※、鍼灸セラピー総合実習/身体機能ケア研究、特別総合演習Ⅱ/特別総合演習、臨床鍼灸実習Ⅲ、臨床鍼灸総合実習/鍼灸セラピー総合実習、健康科学研究法特論(大学院)、統合医療学特講(大学院)、健康科学特別演習ⅠA(大学院)、健康科学特別演習ⅡA(大学院)、健康科学特別研究ⅠA(大学院)、健康科学特別研究ⅡA(大学院)、附属治療院特別演習(大学院)、※「学生による授業評価高得点者」学長表彰