益田 育子
Faculty

学部・大学院

益田 育子

所属 ヒューマンケア学部 看護学科 教授
最終学歴 群馬大学大学院医学系研究科保健学専攻卒業(老年看護学領域)
現在所属している学会 日本看護協会、日本看護科学学会、日本在宅ケア学会、日本災害看護学会、日本在宅看護学学会、ホスピスケアと在宅ケア
学士・修士・博士 保健学修士
所有資格 看護師
研究の分野 地域老年看護学
主な研究項目 在宅看護学、老年看護学
主な研究業績 在宅重症心身障害児の母親が子育ての喜びを獲得する過程/共著/2018.11
ホームホスピスで疑似家族として入居者を支援しているケアスタッフの役割/日本在宅看護学会誌7(1)/共著/2018.11
ホームホスピスで家族を看取った遺族の思いの分析/日本在宅看護学会誌Vol.6,No.1 p98/2017.11
ホームホスピス入居者の生活に対するニーズ;遺族に対するインタビューの分析/日本在宅看護学会誌Vol4.no1/共著/2016.07
Care Provided by Visiting Nurses in the Kanto Region during the Great East Japan Earthquake/35th International Association for Human Caring Conference/単著/2014.05
東日本大震災を関東地区で体験した訪問看護師が必要と考える震災対策/第18回日本在宅ケア学会学術集会論文集/単著/2014.03
心中を図り同じICUに入院した親子に対する看護アプローチ/日本救急医学会関東地方会議誌29巻 202-203/共著/2008.12
急性期脳卒中患者におけるBISモニタによる睡眠状態の評価/脳卒中30(2) P410/共著/2008.03
ホームホスピス入居者を看取った家族のニーズと願い―遺族へのインタビューの分析結果からー(優秀発表賞)/第48回日本看護学会在宅看護学術集会/共著
災害発生時の訪問看護師の行動の優先度/日本災害看護学会vol5.no1/単著
ホームホスピスを利用した遺族の望ましい死の達成度と緩和ケアに対する満足度に関する調査/日本在宅看護学会誌Vol3.no1/共著
訪問看護師が必要と考える災害対策/第20回日本在宅ケア学会学術集会論文集/共著
ホームホスピスへの入居理由と看取った遺族の思い-自宅で看取った遺族の思いとの比較-/日本在宅看護学会誌 Vol.7,No.1 252-257/共著/2018.11
ホームホスピス入居者を看取った家族のニーズと願い―遺族へのインタビューの分析してー(優秀発表賞:査読付)/日本看護学会論文集:在宅看護48号 27-30/共著/2018.04
災害発生時に訪問看護師が考える対策の準備状況;トラフ地域、被災地、一般地域の解析結果から(研究論文:査読付)/日本在宅看護学会誌Vol.6,No.1 177-184/単著/2017.11
ホームホスピス入居者が亡くなるまでの生活の中で多職種の支援を受け満たされたニーズ-遺族へのインタビューの分析結果から-(原著論文:査読付)/ホスピスケアと在宅ケアVol.25,No.1 41-49/共著/2017.05
首都圏の訪問看護師が必要と考える震災発生直後の対応と事前の対策/リハビリテーション連携科学vol.16(2)(査読付)/共著/2015.12
望ましい死の達成度と緩和ケアの満足度 ~ホームホスピスと自宅での看取りの比較~/日本在宅看護学会誌vol.3 no.1(査読付)/共著/2014.10
東日本大震災で被災しながらも在宅での生活を継続した高齢者世帯の問題/第44回日本看護学会論文集地域看護(査読付)/共著/2014.04
東日本大震災で被災した高齢者世帯の問題/帝京平成大学紀要第25巻/共著/2014.03
看護学生がホームページやウエブログの閲覧後寝たきり体験を行って得た(査読付)学び/第40回日本看護学会論文集地域看護(査読付)/単著/2010.04
デイケアを利用する高齢者が感じているデイケアの効果(査読付)/第39回日本看護学会論文集地域看護/単著/2009.04
通所リハビリテーション利用開始時の理由別にみた健康管理に対する自己効力感の特徴/帝京平成大学紀要/単著/2009.03
3.通所リハビリテーションを利用する高齢者の健康管理に対する自己効力感に関する研究(査読付)/老年看護学Vol.13 No.1(査読付)/共著/2008.01
2.看護学生のグループ発表による高齢者イメージの変化と老人感の認識の変化ー異なる課題の遂行後、発表による学びの共有を行って/第38回日本看護学会論文集 老年看護(査読付)/共著/2007.01
1.通所リハビリテーションを利用する高齢に対する健康管理自己効力感に関する研究/群馬大学/共著/2006.03
主な担当授業科目名 在宅看護概論、在宅看護援助論Ⅰ、在宅看護論実習、在宅看護援助論Ⅱ