• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

 助産別科
ちはら台キャンパス助産別科アドミッションポリシー

助産師を目指す人に
選ばれる理由があります

助産別科では、より臨床に近い授業を通じて独自の学びを経験する事で、全人的な支援がおこなえる知識・技術・態度を修得していきます。

助産別科

POINT1 臨床に近いから、
実践的
経験豊富な産婦人科医や小児科医、助産師の授業が受けられるので、現場で助産師に求められる知識・技術・態度をしっかりと身につけることができます。
POINT2 確かな実習先で、
学べる
実習先の一つである帝京大学医学部附属病院は都内で有数の「総合周産期母子医療センター」に指定されています。また多くの卒業生の就職先にもなっています。
POINT3 出前授業で、
地域交流が深まる
地域の小中学校を訪問。助産師として、母子保健の問題に対する関わり方を学びます。
取得可能資格
助産師国家試験受験資格[2013・2014・2015年度合格率100%]/受胎調節実施指導員資格/新生児蘇生法(Bコース)修了認定

ページの先頭へ

助産別科長からのメッセージ

あたたかい心と柔軟な思考をもった
時代のニーズに応える助産師へ

産科医不足の現在、助産師はより主体性が求められています。緊急時には自分で判断し対処する力も必要です。助産別科では、実習先となる帝京大学医学部 附属病院などで高度医療の現場の体験ができます。また新生児蘇生法をはじめ、臨床に近いカリキュラムを実施しているほか、先生と学生が協力して地域貢献も兼ねた出前授業を小中学校で実施しています。こうした経験を活かして、真心をもって接することができる助産師になってほしいと思っています。いつの時代にも求められる、やりがいのある仕事です。夢の実現に向かって、一緒にがんばりましょう。

助産別科長 曲山 さち子 教授

助産別科長
曲山 さち子 教授

ページの先頭へ

カリキュラム【修業年限1年】

医学的な知識は産婦人科医や小児科医、実践的な知識は助産師から教わる、より臨床に近いカリキュラム。生命の尊さへの理解を深め、妊娠・分娩・産褥さんじょくに関する学習はもちろん、女性の心のケアや社会における性の問題などを学ぶ科目も充実しています。

<講義>
妊娠・分娩・産褥・新生児の知識を基礎として性医学や生命倫理などを学習。助産学の基本概念と助産師の役割についての理解を深めます。
  • ○基礎助産学I
  • ○基礎助産学IV
  • ○地域母子保健
  • ○助産診断技術学I
  • ○助産診断技術学IV
  • ○助産診断技術学VII
  • ○助産学特論II
  • ○基礎助産学II
  • ○基礎助産学V
  • ○助産管理
  • ○助産診断技術学II
  • ○助産診断技術学V
  • ○助産診断技術学VIII
  • ○基礎助産学III
  • ○基礎助産学VI
  • ○助産学研究
  • ○助産診断技術学III
  • ○助産診断技術学VI
  • ○助産学特論I
<演習>
臨地実習に向けて、助産診断や分娩介助、育児指導を実践する技術を修得。臨地実習後も学びを深めるための演習をおこないます。
  • ○助産診断技術学演習
<2015年度 実習地実績>
都内で有数の設備を誇る帝京大学医学部附属病院「総合周産期母子医療センター」での実習をおこないます。
  • ○助産学実習I
    (妊娠・産褥・新生児期他)
  • ○助産学実習IV(助産所)
  • ○助産学実習II(分娩期)
  • ○助産学実習III(保健所)

主な実習先
・帝京大学医学部附属病院/「総合周産期母子医療センター」を含む(板橋区)
・帝京大学医学部附属溝口病院(川崎市)
・帝京大学ちば総合医療センター(市原市) など

ページの先頭へ

1週間の時間割例

1時限
9:20~
10:50
基礎助産学VI 助産診断
技術学IV
基礎助産学I 助産診断
技術学VII
助産管理 基礎助産学IV
2時限
11:00~
12:30
助産学研究 地域母子保健 助産学特論I
お昼休み
3時限
13:20~
14:50
基礎助産学III 助産診断
技術学II
基礎助産学II 基礎助産学V 助産診断技術学III
4時限
15:00~
16:30
助産診断
技術学I
助産診断
技術学VIII
助産診断
技術学V
助産診断
技術学VI

ページの先頭へ

VOICE 在学生の声

将来は、いのちの大切さを
次世代に伝えられる助産師になりたい

切磋琢磨し合う仲間たち、そして親しみやすい先生たち。助産別科はみんなが仲良く、とても楽しい雰囲気です。そういう関係だからこそ、カリキュラムをこなすだけでなく、自分の力で考えて行動する習慣が身につくのだと思います。常に相手の立場になって考えるという助産師にとって大切なことを、授業を通じて学んでいます。目指す助産師像に近づくことはもちろん、いつか小学生や中学生に、いのちの大切さを伝えられる「いのちの授業」を開くことが夢です。

牛来 水月
※平成28年度取材

VOICE 卒業生の声

臨床経験が豊富な先生方から学べたことは、
今、とても役立っています

何ヵ月も管理入院していた方が無事に出産を終えて退院されるときは、特にやりがいを感じる瞬間です。今、私が勤務している母体・胎児集中治療室(MFICU)では、ハイリスクな症例に立ち会うことも多いので、在学中に、臨床経験の豊富な先生から多くの実践的な症例をしっかりと学べたことは、とても役立っています。いつも真剣に相談を聞いてくださる先生や、同じ目標を持つ仲間がいる助産別科。皆さんにも、そんな環境で、充実した時間を過ごしてほしいです。

佐藤 瑞希
中学生のときの職場体験で産科病棟に行ったことを契機に、助産師を目指し、帝京平成看護短期大学に入学。卒業後、帝京平成大学助産別科に入学。2015年3月に卒業し、帝京大学医学部附属病院「総合周産期母子医療センター」母体・胎児集中治療室(MFICU)に勤務。
※平成28年度取材

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る