• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

 助産別科
ちはら台キャンパス助産別科 入学者受入れの方針

助産師を目指す人に
選ばれる理由があります。

助産別科では、より臨床に近い授業を通じて独自の学びを経験する事で、全人的な支援がおこなえる知識・技術・態度を修得。帝京平成大学・建学の精神の考え方に基づき学んでいきます。

助産別科

POINT1 臨床に近いから、
実践的
経験豊富な産婦人科医や小児科医、助産師の授業が受けられるので、現場で助産師に求められる知識・技術・態度をしっかりと身につけることができます。
POINT2 確かな実習先で、
学べる
実習先の一つである帝京大学医学部附属病院は都内で有数の「総合周産期母子医療センター」に指定されています。また多くの卒業生の就職先にもなっています。
POINT3 出前授業で、
地域交流が深まる
地域の小中学校を訪問。助産師として、母子保健の問題に対する関わり方を学びます。
取得可能資格
助産師国家試験受験資格/受胎調節実地指導員資格/新生児蘇生法(Bコース)修了認定

ページの先頭へ

助産別科長からのメッセージ

看護は想像力。
あなたにしかできない助産があることを学んでほしい。

当校では実践力を養うために、乳房管理、新生児蘇生、マタニティビクス、ベビーマッサージなどを積極的にカリキュラムに取り入れ、より臨床に近い実習をおこなっています。また地域交流の一環として、近隣小中学校で実施している「いのちの教室」などにも卒業生と一緒に参加してもらいます。どんなに医療機器が進化しても助産師と妊婦・産婦・褥婦との関係性はまず変わりません。「あなたがいるから安心できる」、そんな助産師になってほしい。この先時代が大きく変化しようとも、なくてはならない仕事です。私たちと一緒に「未来」を紡いでいきましょう。

助産別科長 曲山 さち子 教授

助産別科長
曲山 さち子 教授

ページの先頭へ

カリキュラム【修業年限1年】

医学的な知識は産婦人科医や小児科医、実践的な知識は助産師から教わる、より臨床に近いカリキュラム。生命の尊さへの理解を深め、妊娠・分娩・産褥(さんじょく)に関する学習はもちろん、女性の心のケアや社会における性の問題などを学ぶ科目も充実しています。

<講義>
妊娠・分娩・産褥・新生児の知識を基礎として性医学や生命倫理などを学習。助産学の基本概念と助産師の役割についての理解を深めます。
  • ○基礎助産学I
  • ○基礎助産学IV
  • ○助産診断技術学I
  • ○助産診断技術学IV
  • ○助産診断技術学VII
  • ○助産管理
  • ○助産学特論II
  • ○基礎助産学II
  • ○基礎助産学V
  • ○助産診断技術学II
  • ○助産診断技術学V
  • ○助産診断技術学VIII
  • ○助産学研究
  • ○基礎助産学III
  • ○基礎助産学VI
  • ○助産診断技術学III
  • ○助産診断技術学VI
  • ○地域母子保健
  • ○助産学特論I
<演習>
臨地実習に向けて、助産診断や分娩介助、育児指導を実践する技術を修得。臨地実習後も学びを深めるための演習をおこないます。
  • ○助産診断技術学演習
<2016年度 実習地実績>
都内で有数の設備を誇る帝京大学医学部附属病院「総合周産期母子医療センター」での実習をおこないます。
  • ○助産学実習I
    (妊娠・産褥・新生児期他)
  • ○助産学実習IV(助産所)
  • ○助産学実習II(分娩期)
  • ○助産学実習III(保健所)

主な実習先
・帝京大学医学部附属病院/「総合周産期母子医療センター」を含む(板橋区)
・帝京大学医学部附属溝口病院(川崎市)
・帝京大学ちば総合医療センター(市原市) など

ページの先頭へ

1週間の時間割例

1時限
9:20~
10:50
基礎助産学VI 助産診断
技術学IV
基礎助産学I 助産診断
技術学VII
助産管理 基礎助産学IV
2時限
11:00~
12:30
助産学研究 地域母子保健 助産学特論I
お昼休み
3時限
13:20~
14:50
基礎助産学III 助産診断
技術学II
基礎助産学II 基礎助産学V 助産診断
技術学III
4時限
15:00~
16:30
助産診断
技術学I
助産診断
技術学VIII
助産診断
技術学V
助産診断
技術学VI

ページの先頭へ

VOICE 在学生の声

実習での出産立ち合いがきっかけでこの道へ。
「助産師さん」と親しまれる存在になりたい。

短大3年生の6月に母性看護実習で出産の瞬間に立ち会いました。それが助産師を目指したきっかけです。今は1日でも早く、いのちの誕生をお母さんと一緒によろこび合える、そんな「助産師さん」になりたいとがんばっています。当然、助産師の仕事は分娩だけではありません。助産別科は予想以上に勉強も実習もハード。でもその分、地域交流やグループワークなど得がたい経験をたくさん積むことができます。先生方はまるでお母さんのように、いつも温かく背中を押してくださいます。同じ夢に向かう仲間たちにも感謝です。とにかく充実した1年を送れますよ。

半田 有理菜
※平成29年度取材

VOICE 卒業生の声

五感を使って看護する。
もっとも大切な助産師としての心得を学びました。

私は今、病院で分娩介助や妊婦・褥婦、新生児の看護をしています。まだまだ新米ですが、退院されたお母さんから「あなたの名前を赤ちゃんの名前の候補にしたい」と言われたときは、本当にうれしくて「この仕事を選んでよかった!」と心からやりがいを感じました。助産別科で学んだ「五感を使って看護すること」「心に寄り添うこと」など、教科書に載っていないことが現場で役立っているのを日々実感しています。温かく、笑顔のたえない環境で楽しみながらしっかりと学んで、いつか一緒に仲間として働きましょう。

牛来 水月
福島県出身。2016年3月帝京平成大学助産別科卒業。現在、帝京大学医学部附属病院勤務。東日本大震災を契機に助産師を目指す。夢はいつか自分らしい「いのちの授業」を開くこと。
※平成29年度取材

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る