建学の精神・基本理念
About Us

帝京平成大学について

建学の精神・基本理念

基本理念

  1. 人文・社会科学と自然科学に均整のとれた教養教育を通して人間愛を培い、広聴心を涵養し、専門的能力を人類の幸福・福祉のために的確に適用できる健全な人格を養成する。
  2. 自立と不撓不屈の精神を養い、実学的に幅広く高度な専門知識と学際的な問題解決能力を備え、創造性に富む人材を育成する。
  3. 専門の学術を深く研究して成果を世界的に発信するとともに、大学の人材、施設を活用して地域社会との交流と貢献に努め、人類の発展に寄与する。

    使命・目的

    • 帝京平成大学学則第1条(抜粋)
      建学の精神に則り、広く知識を授け人格の陶冶を図るとともに、深く専門の学術を教授・研究し、国際的視野に立って日本国の発展に貢献できる有為な人材を養成することを目的とする。
    • 帝京平成大学大学院学則第1条(抜粋)
      建学の精神に則り、環境情報学、健康科学、薬学及び看護学に関する学理及び応用を教授・研究し、その深奥をきわめ、広く国際的視野に立って社会の発展に貢献できる有為な人材を養成し、以って文化・医療の進展に寄与することを目的とする。

      教育目標

      帝京平成⼤学は、建学の精神に則り、以下に掲げる資質と⼒の養成を⽬標として教育を実施する。

      1. ⼈⽂・社会科学と⾃然科学に均整のとれた教養及び専⾨能⼒を、⼈類の幸福・福祉のために的確に適⽤できる、⼈間愛にあふれた⼈格を養成する。
      2. 他者の意⾒を広く聴き、⾃らの考えを伝えて意思の疎通を図り、協働する⼒を養成する。
      3. 不撓不屈の精神を備え、社会⼈として⾃⽴し逞しく⽣きる⼒を養成する。
      4. 実学的に幅広い⾼度な専⾨知識と学際的な問題解決能⼒を備えた創造性を養成する。
      5. 専⾨分野における課題や問題を深く研究し、成果を世界へ発信する意欲と⼒を養成する。
      6. 地域社会との交流と貢献に努め、わが国と世界の持続・発展に尽くす⼒を養成する。

      帝京平成大学学生が「目標とする力」

      帝京平成大学で学ぶことによって身に付けることができる「力」を、学生が実感し必要に応じて説明できるようになるため、大学の教育目標を踏まえ、帝京平成大学学生の「目標とする力」として定めました。

      これらの「目標とする力」を、学修成果・教育成果を評価する総合的な指標として、学生の成長を可視化してまいります。

       

      目標とする6つの力とそれぞれを構成する28の具体的な力

      policy_goal_img02.png

       
      「目標とする力」の可視化

      「目標とする力」を可視化する取り組みとして、本学独自の科目である少人数制の「セミナー科目」を活用します。「セミナー科目」は「建学の精神」に基づく重要科目で、その目標は大学や学科・コースごとの教育目標に直結しています。

      そこで、「セミナー科目」においてルーブリックやeポートフォリオなどにより「目標とする力」を総合的に評価し学生にフィードバックすることで、学生の自己省察を促し、「達成できたこと」「達成できていないこと」が自覚できるようになります。

      卒業までの4年間ないしは6年間、これらを繰り返すことによって、学修成果を定着させるとともに、自分自身を客観視する「メタ認知力」を養成することが可能です。

      policy_goal_img01.png

      大学・学部・学科が目標とする力の可視化(概念図)

      本学では、このような学生の成長の場を提供し、大学生活全体を通して学生ひとり一人が、「目標とする力」が身についたと実感できるよう支援してまいります。