健康医療スポーツ学部の学生が「いちはら市民特派員」に就任しました。
News

ニュース

2019.05.20健康医療スポーツ学部の学生が「いちはら市民特派員」に就任しました。

4月11日(木)市原市役所にて、市長ご出席のもと、いちはら市民特派員の指名式が行われ、健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科 2年 杉山 唯純さんが市民特派員に就任しました。

この市民特派員は、市原市シティプロモーション活動の一環として、地域の身近な話題やイベントなど、市の新たな魅力を発掘し、情報を発信するために2018年度より始まったものです。

昨年度いちはら市民特派員として活動した、健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科 馬場 宏輝 准教授(体育・スポーツ経営学)は「シティプロモーション推進課の方々や、他の市民特派員の皆さんと楽しく活動させていただきました。市原市出身の学生が、このように行政が取り組んでいる活動に興味を持ち、自主的に参加してくれることは嬉しいことです。杉山さんは、これから一年間、学生目線で市原市の魅力を沢山発信してくれると思います。」と語っています。

健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科
2年 杉山 唯純さん

健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科 2年 杉山 唯純さん