健康科学研究科 鍼灸学専攻(修士課程)・健康科学研究科 健康科学専攻 鍼灸学分野(博士課程)
Faculty

学部・大学院

大学院

健康科学研究科 鍼灸学専攻(修士課程)・健康科学研究科 健康科学専攻 鍼灸学分野(博士課程)

健康科学研究科 鍼灸学専攻(修士課程)・健康科学研究科 健康科学専攻 鍼灸学分野(博士課程)
健康科学研究科 鍼灸学専攻(修士課程)・健康科学研究科 健康科学専攻 鍼灸学分野(博士課程)

臨床現場を提供し、学術活動や鍼灸学への造詣を深めることができます

健康科学研究科 鍼灸学専攻修士課程

国家資格を取得し、はり師・きゅう師として社会に出ても医療従事者としてはまだまだ駆け出しです。そこから一人前になるには何段階ものステップを踏む必要があります。また学士課程や専門士課程での学業は鍼灸医学の基礎を学んで、はり師・きゅう師の国家試験に備える側面が強く、他人の研究成果を見聞して理解したり、自分のそれを発信したりする学術的な修練は不完全なまま終わっていると思われます。これらのニーズに対応するために鍼灸学専攻が設置されました。

本専攻は鍼灸学における第一線の研究成果を上げることを目標としています。そのために、まず「臨床鍼灸学特論I」、「臨床鍼灸学特論II」、「統合医療学特論I」、「統合医療学特論II」、「中医学特論」などの授業で学んだ鍼灸医学に関連する基礎知識を復習しつつ、さらに発展的な専門知識を身に付けていきます。臨床実習では、帝京池袋鍼灸院・鍼灸臨床センターなどの臨床現場で実際に鍼灸治療を修練し、臨床家としてより高度なレベルを目指します。これらの経験を通じて鍼灸医学の抱えている問題点を自覚し、さらに自分の研究テーマとすることも可能です。さらに本専攻では国外での鍼灸事情に精通している教員から世界的な視野で鍼灸医学を学び、国際舞台で活躍できる素養を身に付けることができます。

以上のように、本専攻では研究者としても臨床家としても独り立ちできるような実力を身に付けるために必要な内容を学ぶ機会が与えられます。単に学位を取得するだけではなく、社会に出て力強く羽ばたいていきたいと考える方に最適と自負しております。

健康科学研究科 健康科学専攻鍼灸学分野(博士課程)

鍼灸学分野の目的は、修士課程までに修得した鍼灸学領域の知識をさらに発展させ、将来独創性の高い基礎研究を遂行できる研究者または高度な専門性を有した医療人となるための能力を培うことです。そのために鍼灸医学領域の研究者または医療人になるために必須となる研究科の科目に加え、様々な知見を修得する講義と演習からなる本専攻の専門科目、さらには博士論文作成を行う「特別演習・研究」によって構成されるカリキュラムが用意されています。高度な専門性を持つ教員が徹底指導します。

鍼灸学専攻(修士課程)特色

はり師及びきゅう師養成施設における教員の資格が得られます

本専攻の修士課程を修了した場合、はり師・きゅう師養成施設における専門基礎分野及び専門分野に関する科目を教授するための教員資格が得られます。ただし、教授できる授業科目は、原則として専攻した分野に関連する領域となります。

東洋医学研究所を中心とする研究施設で、鍼灸学の学問的造詣を深めます

本専攻には、鍼灸学やその他の東洋医学・伝統医学のスペシャリストが揃っております。主な研究施設である東洋医学研究所では、現在も共同研究をはじめ何件もの研究が彼らを中心に行われており、学会発表や論文発表も積極的に行っています。鍼灸学専攻の学生も当研究所をベースに研究活動を行うことになり、場合によっては関連他施設の研究に関わる可能性もあります。学問的なものの考え方、研究の組み立て、文献検索、論文の作成など研究者としての基礎を学びます。

関連臨床施設で鍼灸の臨床に関する知識、技能を深めます

本専攻では、池袋キャンパス敷地内に帝京池袋鍼灸院・鍼灸臨床センターを附属臨床施設として使用しております。また池袋キャンパス敷地内にはこのほかにも帝京池袋接骨院や帝京平成大学臨床心理センター、帝京大学附属池袋クリニックなどが併設されており、他の医療従事者との連携が学べます。これらを通じて鍼灸の技術だけではなく、わが国の医療における鍼灸の果たす役割等も意識することができ、臨床面においても一段上のレベルを目指すことが可能です。

課程修了の認定及び学位

健康科学研究科 鍼灸学専攻(修士課程)

課程 修士
在学期間 2年以上4年以下
修得単位及び条件
  • 30単位以上
  • 学位論文の審査及び試験に合格した者
学位 修士(健康科学)

健康科学研究科 健康科学専攻 鍼灸学分野(博士課程)

課程 博士
在学期間 3年以上6年以下
修得単位及び条件
  • 16単位以上
  • 学位論文の審査及び試験に合格した者
学位 博士(健康科学)

※担当教員、研究指導内容などは変更になる場合があります。教育研究及び担当教員

健康科学研究科 鍼灸学専攻(修士課程)

生化学、メタボロミクス

教授 和泉 孝志

詳細を見る

鍼灸の生体に及ぼす作用とその機序について、物質代謝の側面から解析します。鍼灸刺激が物質代謝に及ぼす影響についての研究指導を行います。

鍼灸科学、生理学、神経科学、疼痛制御

教授 今井 賢治

詳細を見る

鍼灸の生体に及ぼす作用とそのメカニズムについて評価・解析を行います。生理学及び神経科学的な実験技法を用いて、鍼灸刺激の末梢受容から中枢・末梢神経系を介した臓器・器官への作用を明らかにします。

中医学(鍼灸・漢方)

教授 王 暁明

詳細を見る

NIRS(近赤外光)法で前頭葉血流の計測及び神経伝達物質であるドパミンとセロトニンを指標とし鍼灸が脳の高次認知機能への影響を調べることにより、認知障害やストレスにおける鍼灸の予防、緩和の機序を明らかにしようと考えています。

神経免疫学、統合医療

教授 久島 達也

詳細を見る

近年、腸内環境や消化管知覚情報が脳の機能に影響を与える根拠が報告され、腸が心の健康に影響を与えるという説に支持が集まっています。鍼灸刺激や生物学的応答調節物質(BRM)が脳と腸に及ぼす影響について神経免疫系の関係を中心とした研究の指導を行います。

社会医学(疫学・予防医学)、東洋医学(鍼灸)、認知科学

准教授 宮﨑 彰吾

詳細を見る

社会問題の解決に向けた、鍼灸や触れること(体性感覚刺激)を活かした創意工夫及び臨床試験に関する研究指導を行います。

スポーツ医学(鍼灸、アスレティックトレーニング)

准教授 吉田 成仁

詳細を見る

スポーツ外傷障害の予防と治療における鍼灸とアスレティックトレーニングの効果を解明することを目標として、スポーツパフォーマンス中の筋活動やバランス能力、動的アライメントに着目した動作解析等の評価方法を用いた研究の指導を行います。

神経科学

講師 玉井 秀明

詳細を見る

中枢神経系に対する鍼灸刺激の作用及びその機序について、国内外の文献をもとに理解を深めるとともに研究を指導します。

健康科学研究科 健康科学専攻 鍼灸学分野(博士課程)

鍼灸科学

教授 博士(鍼灸学) 今井 賢治

詳細を見る

鍼灸の生体に及ぼす作用とそのメカニズムについて評価・解析を行います。生理学及び神経科学的な実験技法を用いて、鍼灸刺激の末梢受容から中枢・末梢神経系を介した臓器・器官への作用を明らかにします。

神経免疫学

教授 博士(医学) 久島 達也

詳細を見る

神経免疫関連疾患に対する有効な予防及び治療法の確立を研究の目標として、鍼灸や生物反応修飾物質(BRM)などの刺激が神経系や免疫系機能に及ぼす影響について研究の指導を行います。〈研究課題〉自律神経系と免疫系機能に対する鍼灸刺激の作用機序の解明粘膜免疫機能に及ぼすBMRの有効性に関する臨床研究など。

基礎鍼灸医学(環境生理学)

教授 博士(医学) 久島 達也

詳細を見る

ヒトに対する鍼や灸などの体性感覚刺激が様々なストレス環境にある生体に及ぼす影響について自律神経機能などの客観的な評価により検証し、その結果を博士論文として作成できるよう個別的に指導を行います。

神経科学

教授 博士(医学) 久島 達也

詳細を見る

鍼灸刺激による脳機能障害の改善法の確立を目標とし、神経科学分野において自ら独創的な課題を発想し研究活動を遂行していくために必要となる知識及び思考能力を養い、近年、広く利用されている脳機能計測等の技術を研究に応用できる人材への成長を促進する指導を行います。

研究科長からのメッセージ

多職種連携的実践教育から学際的研究へ

山本 通子
健康科学研究科長 山本 通子 Yamamoto Michiko

医療の場ではチーム医療の重要性は常識になっています。昨今は医療施設内でのチーム医療の枠を超えて、在宅医療、障がい者や高齢者のケア、要介護予備軍への対処、更には地域住民全体の健康の維持・増進など、行政を含めた関連他職種との連携が必要な状況が増えています。そして教育の場では、多職種連携教育という用語がキーワードになっています。多様な医療職種の院生が共に学ぶ健康科学研究科は、各専門分野の医療技術者としての卓越を目指すだけではなく、他職種を理解し、連携力やリーダーシップを身に付け、健康科学の広い視野に立って学際的領域の研究にも興味を持つなど、臨床や教育・研究の場で将来活躍・発展する素地を作るよい機会を提供できると思います。本研究科を修了した有為な人材が、種々の分野で活躍することを期待しています。

専攻長からのメッセージ

科学的な見識と技法を修得した将来の指導者を育成

今井 賢治
鍼灸学専攻長 今井 賢治 Imai Kenji

鍼灸学専攻では、基礎及び臨床研究を通して、鍼灸学における専門的な学識を深めます。ストレス社会と言われる近年、西洋医学のみでは対応が十分とは言えない疾患や症状が増え、様々な医療職種が連携した統合医療の必要性が求められています。特に、鍼灸治療は慢性疼痛やストレス症状の緩和、免疫能の増大などに効果があり、統合医療の一翼として用いられています。今後、更に現代社会における鍼灸治療の利用を広げることで、多くの人々の苦痛軽減に貢献できるはずです。そのためには、鍼灸の効果や機序を様々な視点から学際的に捉える事がより求められます。本学の実学の精神のもと、鍼灸学における科学的な見識・技法を修得し、研究と臨床の両面に優れた将来の指導者を育成します。