健康科学研究科 理学療法学専攻(修士課程)・健康科学専攻 理学療法学分野(博士課程)
Faculty

学部・大学院

大学院

健康科学研究科 理学療法学専攻(修士課程)・健康科学専攻 理学療法学分野(博士課程)

健康科学研究科 理学療法学専攻(修士課程)・健康科学専攻 理学療法学分野(博士課程)
健康科学研究科 理学療法学専攻(修士課程)・健康科学専攻 理学療法学分野(博士課程)

高度専門職業人として、医療現場・教育現場で活躍できる人材を養成します

健康科学研究科 理学療法学専攻修士課程

現在の日本は、医学の進歩により平均寿命が延び超高齢社会になっていますが、一方で、生活習慣病などの慢性疾患の増加や少子化問題、地域医療の格差崩壊が問題になっています。これらの問題を解決するためには、医療・保健・福祉の連携が重要であり、「生活の質(QOL)」に視点をおいた医療、医療技術の発展や予防医学、介護予防、「健康日本21」などの健康増進などが推進されています。

健康科学研究科理学療法学専攻の目的は、これらの状況を踏まえて、理学療法分野における研究能力や医療技術者に必要な知識・技術を養うことにあります。リハビリテーション分野の高度な理論・技術を修得するとともに課題を探究し解決する能力を身につけ、指導的な医療技術者や理学療法学における研究者・教育者を養成します。本専攻の研究テーマは、基礎研究として「介護予防を含めたSuccessful Agingに関する研究」と「運動機能に関する研究」、応用研究としては「スポーツバイオメカニックスに関する研究」などがあります。さらに、理学療法教育に関する研究も推奨します。

理学療法学専攻では、自ら課題を決め、課題を探究し解決する能力を身につけ、指導的な医療技術者になるための協調性及びリーダーシップを備えた人材を求めます。将来、高度専門職業人として、医療現場・教育現場で活躍できる熱意のある医療技術者を求め、養成します。

健康科学研究科 健康科学専攻理学療法学分野(博士課程)

保健・医療・福祉・介護分野における高度な専門職業人の養成は重要かつ緊急な課題です。この課題を解決すべき理学療法士を含めたコメディカル専門職の研究・教育能力を高めるとともにほかのコメディカルスタッフとのチームワーク、連携できる能力が求められています。修士課程において修得した分析能力・問題解決能力・研究能力をさらに高度化し、創造的・開発的研究を通して新しい総合保健医療を創造・実践、教育できる独創性、創造性豊かな教育・研究者を養成、また、医療・社会情勢変化に対応できる能力と後輩の指導ができることを目的とします。

研究科長からのメッセージ

多職種連携的実践教育から学際的研究へ

山本 通子
健康科学研究科長 山本 通子 Yamamoto Michiko

医療の場ではチーム医療の重要性は常識になっています。昨今は医療施設内でのチーム医療の枠を越えて、在宅医療、障がい者や高齢者のケア、要介護予備軍への対処、さらには地域住民全体の健康の維持・増進など、行政を含めた関連他職種との連携が必要な状況が増えています。そして教育の場では、多職種連携教育という用語がキーワードになっています。多様な医療職種の院生が共に学ぶ健康科学研究科は、各専門分野の医療技術者としての卓越を目指すだけではなく、他職種を理解し、連携力やリーダーシップを身につけ、健康科学の広い視野に立って学際的領域の研究にも興味を持つなど、臨床や教育・研究の場で将来活躍・発展する素地を作る良い機会を提供できると思います。本研究科を修了した有為な人材が、種々の分野で活躍することを期待しています。

専攻長からのメッセージ

最新の医療に即応する「高度な専門性」と「横断的な広い視野」を持った独創性豊かな研究者を養成します

青木 主税
理学療法学専攻長 青木 主税 Aoki Chikara

理学療法学専攻では、臨床場面での疑問を科学的に解明するために必要な基礎知識と技法を身につけ、論理的な展開が図れる高度な保健・医療の実践者、研究者、教育者を養成することを目的とします。理学療法学専攻では、研究論文指導を担当する教員は、十分な現場での臨床経験を経て、教育経験や研究業績を有しています。池袋キャンパスは、交通のアクセスがよい点とフレックスな時間割を設定しているので、在職したまま大学院の課程が学べます。首都圏で勤務している理学療法士及び理学療法領域に関心のある方々の入学を期待しています。

特色

最新の身体計測機器による研究が可能です

理学療法学専攻では、3次元動作解析装置(VICON)・脳機能計測装置(fNIRS)・骨密度計・重心動揺計・足底圧分布測定装置・超音波・筋電図などの測定機器を使用した研究が可能です。臨床での疑問や新しい治療技術の開発の基礎研究が可能です。

基礎領域から応用領域まで自らの興味・関心に合う研究が可能です

理学療法学の基礎である「障害の評価・分析」に関する研究領域から「スポーツ理学療法」、「高齢者の理学療法」、「高次脳機能障害」などの応用理学療法領域までカバーしており、自らの興味・関心領域から研究テーマを選択できます。2年間で選択したテーマに関して計測・調査・実験を行い、院内発表や学会発表を通じて修士論文を完成させていきます。

課程修了の認定及び学位

健康科学研究科 理学療法学専攻(修士課程)

課程 修士
在学期間 2年以上4年以下
修得単位及び条件
  • 30単位以上
  • 学位論文の審査及び試験に合格した者
学位 修士(健康科学)

健康科学研究科 健康科学専攻 理学療法学分野(博士課程)

課程 博士
在学期間 3年以上6年以下
修得単位及び条件
  • 16単位以上
  • 学位論文の審査及び試験に合格した者
学位 博士(健康科学)

※担当教員、研究指導内容などは変更になる場合があります。教育研究及び担当教員

健康科学研究科 理学療法学専攻(修士課程)

障害の評価・分析

教授 青木 主税

詳細を見る

高齢者や各疾患による障害に対して、種々の測定機器を使用して評価・分析を行い、障害特性を把握します。また、義肢装具に関する運動学的解析ならびに福祉機器の有効活用に研究指導を行います。

高齢者の理学療法

教授 長尾 邦彦

詳細を見る

わが国は、医療の発展とともに寿命の延長を実現しました。しかし、生活において何らかの介護が必要な高齢者が増加している現実があります。本研究指導では、上記高齢者の移動歩行能力に関与する身体機能について、その特性を知ることを目的とします。

末梢神経学

教授 栢森 良二

詳細を見る

顔面神経麻痺評価表の相互関係の研究−Sunnybrook法・柳原40点法・House-Brackmannグレード分類について研究を行います。

サリドマイド胎芽症に関する評価・分析

教授 栢森 良二

詳細を見る

サリドマイド胎芽症の50年後の障害と問題点について研究を行います。

顔面筋の評価・分析

教授 栢森 良二

詳細を見る

表情筋23個の拮抗関係の研究を行います。表情筋は皮筋であり、四肢の伸筋と屈筋のような拮抗関係はありません。しかし眼周囲・口周囲を中心に拮抗関係は存在する、これについて研究します。

地域リハビリテーション(小児)

教授 田代 千惠美

詳細を見る

障害を持つ小児とその家族らが、地域で安心して生活を営めるように実施されている様々な施策や支援等について、実際の研究活動を通して研究指導を行います。

地域リハビリテーション運動学習

教授 阪井 康友

詳細を見る

「地域リハビリテーション」では、超高齢社会・小児療育等の領域における地域リハビリテーションのシステムと公共政策についてのテーマを取り上げます。「運動学習」では、脳可塑性を背景とする運動学習についての課題を捉えます。

リハビリテーション分野の生活環境支援に関する評価・分析

教授 徳田 良英

詳細を見る

バリアフリー・ユニバーサルデザインの評価・分析、ハウスアダプテーションの評価・分析、共生を目指したまちづくりに関する研究などを通じて、理学療法における生活環境支援のあり方を探究します。

アスレティックトレーニング

教授 砂川 憲彦

詳細を見る

スポーツ現場をテーマとし、傷害予防・救急処置・アスレティックリハビリテーションなどについて科学的根拠に基づいた調査・研究を行います。

運動器系の理学療法

准教授 窪川 徹

詳細を見る

運動や様々な疾患で生じる心身の変化を、理学療法やその周辺領域の分野を活用することにより多角的に分析し、問題提起することや課題に対する解決プログラムを検討することを目的とします。

健康増進、運動生理学、内部疾患のリハビリテーション

准教授 景山 剛

詳細を見る

EBM(科学的根拠に基づく医療)が提唱されて大分経つが、運動をしない人はしないという現状は変わっていません。人々を健康行為へ導くアプローチを行うため運動生理学・心理学などを合わせた新たなエビデンスを模索しています。

健康科学研究科 健康科学専攻 理学療法学分野(博士課程)

義肢装具学・糖尿病の理学療法

教授 博士(医学) 青木 主税

詳細を見る

義肢・装具・福祉機器に関する評価、有効活用に関する文献抄読、関連研究などを通じて学修し、動作分析から開発につながる研究を指導する。また、糖尿病の足病変に関する評価・治療・義肢装具に関する研究指導を行います。

末梢神経学

教授 医学博士 栢森 良二

詳細を見る

顔面神経麻痺評価表の相互関係の研究−Sunnybrook法・柳原40点法・House-Brackmannグレード分類について研究を行います。

顔面筋の評価・分析

教授 医学博士 栢森 良二

詳細を見る

表情筋23個の拮抗関係の研究を行います。表情筋は皮筋であり、四肢の伸筋と屈筋のような拮抗関係はありません。しかし眼周囲・口周囲を中心に拮抗関係は存在する、このことについて研究します。

運動器学・データ解析

教授 博士(医学) 仲村 一郎

詳細を見る

魅力あるテーマの見つけ方、研究の進め方を運動器学を通して解説します。