看護学研究科 看護学専攻(修士課程)
Faculty

学部・大学院

大学院

看護学研究科 看護学専攻(修士課程)

看護学研究科 看護学専攻(修士課程)
看護学研究科 看護学専攻(修士課程)

高度専門職業人として、専門性の高い看護実践能力と
看護教育・研究能力を有する人材を養成します

※2020年度の内容となります。準備ができ次第、更新いたします。

帝京平成大学の学是である「建学の精神」は、「実学の精神を基とし 幅広い知識と専門分野における実践能力を身につけ 創造力豊かな逞しい 人間愛にあふれた 人材を養成する」です。この学是のもとに設置された看護学研究科 看護学専攻(修士課程)の目的は、「本学の建学の精神に則り、高度専門職業人として、複雑化・高度化する医療保健福祉分野における課題を広く理解し、専門性の高い看護実践能力と看護教育・研究能力を有する人材を養成する」ことです(帝京平成大学大学院学則)。

昨今の世界的な感染症の蔓延、多発する自然災害、急速な少子高齢化などは、医療・看護・保健活動の場においても種々様々な問題を私たちに突きつけています。これら山積する課題を、学際的な視点から探求・分析し、解決に導くためには「専門性の高い看護実践能力」が必要不可欠です。

本研究科では、2020年度から、8つの看護領域(基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、精神看護学、母性看護学、在宅看護学、公衆衛生看護学)を配置し、徹底した実学教育のもと、高度な「看護実践能力」および「看護教育・研究能力」を修得し、社会に貢献できる人材を養成いたします。

研究科長からのメッセージ

学際的な視野から、現代社会における看護課題を自ら考究し、その成果を看護実践に生かすことができる研究者を養成します
~看護「学」という学問を通して、「考える力」を一緒に鍛えましょう~

吉澤 千登勢
看護学研究科長
吉澤 千登勢 Yoshizawa Chitose

本研究科の「学位(修士:看護学)」授与要件(ディプロマ・ポリシー)は、「●現代社会における看護課題を自ら探求・検討・構造化する能力、●分析した看護課題に対し解決策を提言できる能力、●人間の尊厳と権利を擁護し倫理的に研究を推進する能力、●他の専門職と協働し研究成果を実践に生かすことができる能力」などです。何れのスキルにおいても、「考える力」が不可欠です。

さて、私が大学院在学時に恩師から頂戴した、次の「ことば」は「考える力」を鍛える原動力になりました。「“考える力”のない人は、実社会では淘汰されます。大学院では教えてもらったことを鵜呑みにするのではなく自分なりに反芻してみなさい。人は“考える力”によって育てられ、鍛えられ、“人財”になっていきます」「問題(研究テーマ)は何か、問題はなぜ存在するのか、問題に対して何ができ、何をすべきなのかという“明確な問題意識”こそが研究に取り組むためのスタートです」

研究に真摯に取り組み、学際的な視点から看護課題について考究し、その研究成果を実践につなげていくことができる意欲のある方、「考える力」を一緒に鍛えましょう。

特色

個々の研究課題に即した高度な専門知識・技術を修得するとともに、基礎的な分析研究能力や様々な看護現象を自ら実践的に探究する能力を修得することができます

自身が関心のある8つの看護領域(基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、精神看護学、母性看護学、在宅看護学、公衆衛生看護学)において、高度な専門知識や技術を系統的に学び、研究が推進できるよう、カリキュラムを配置しています。また各領域のゼミ(看護学特別研究)において、指導教員が研究の推進・修士論文の完成にむけて熱心に指導いたします。

講義・ゼミなどは、中野キャンパス(中野)・ちはら台キャンパス(千葉)で開講します

入学時に自身が関心のある看護領域を選択し、当該領域が属するキャンパスにて講義やゼミを受講することができます。自身が通学しやすいキャンパスで学修することが可能です。

課程修了の認定及び学位

看護学研究科 看護学専攻(修士課程)

課程 修士
在学期間 2年以上4年以下
修得単位及び条件
  • 30単位以上
  • 学位論文の審査及び試験に合格した者
学位 修士(看護学)

※担当教員、研究指導内容などは変更になる場合があります。教育研究及び担当教員

学生の選択する看護研究テーマにもとづいて、指導教員が研究計画の作成と倫理的配慮、調査や研究の実際、分析と研究論文の作成、プレゼンテーションなどの一連の過程について指導を行う。

看護倫理学、医療倫理学/看護教育学/基礎看護学/専門職連携教育

教授 吉澤 千登勢

詳細を見る
  • 看護、医療倫理学:ジレンマ(分析、調整、評価)・倫理教育・ハンセン病
  • 看護教育学:学士力/教育力の育成
  • 基礎看護学:看護の歴史、理論、初年次教育
  • 連携教育:チーム医療、連携実践

糖尿病学(生活習慣病の予防と管理)/公衆衛生学(公衆衛生看護)

教授 藤川 眞理子

詳細を見る
  • 地域包括ケアシステムにおける糖尿病チーム医療
  • 特定健診・特定保健指導における糖尿病予備群および糖尿病要指導者の行動変容
  • 糖尿病性腎症重症化予防のための地域医療連携システムの構築

フィジカルアセスメント

教授 岡﨑 具樹

詳細を見る
  • 要看護対象者の健康状態を解析するために必要な基本的思考法
  • 要看護対象者の全人的理解と援助の基盤となる専門的知識について(看護内容、コミュニケーション方法、心身の安全・快適さ)

看護倫理学/基礎看護学

教授 中山 富子

詳細を見る
  • 看護倫理や基礎看護学の看護の本質:対象、健康、環境、看護

成育看護学

教授 下山 京子

詳細を見る
  • 小児疾患を抱えキャリーオーバーしていく子どものヘルスプロモーションやヘルスマンパワーについて
  • 小児がん経験者やキャリーオーバーの子どもやその家族が抱える問題について

社会医学、看護学およびその関連分野/高齢者看護学および地域看護学関連

教授 難波 貴代

詳細を見る
  • 神経難病/ターミナル利用者への在宅療養支援
  • 高齢者虐待と共依存関係
  • 訪問看護ステーションの管理運営、教育体制、グローバルな視点による訪問看護
  • 訪問看護師のフィジカルアセスメント

地域看護/地域ケアシステム

教授 工藤 恵子

詳細を見る
  • 保健事業の計画立案や評価に関すること
  • 保健師の現任教育に関わること
  • 在宅生活支援や多職種連携

内科系臨床医学(小児科学・未熟児新生児学)

教授 大石 昌也

詳細を見る
  • 携帯型医療機器を用いた新生児乳児の訪問プログラム
  • 新生児・乳児訪問(保健師・助産師・看護師)における小児科医へのコンサルト(児の全身状態の観察と確かなアセスメント力)

公衆衛生看護学

教授 善福 正夫

詳細を見る
  • 保健行動の変容
  • 職場の健康問題
  • 学校保健

遺伝学/感染学

教授 榎本 雪

詳細を見る
  • さまざまな遺伝病や遺伝医学について
  • さまざまな感染症と、感染管理の基礎と応用について