• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

健康メディカル学部理学療法学科
池袋キャンパス

リハビリテーションの専門家として
様々な場面での活躍を目指す

病気、加齢、スポーツ傷害などにより運動機能が低下した状態に対し、運動、温熱、電気などの物理的手段をくわえてその維持・改善が行える国家資格の理学療法士を養成します。

TOPICS
海外研修など特色ある学びを展開!!

アメリカのコロラド州デンバーや、タイ王国ランシット大学への海外研修など特色ある学びを展開しています。この研修により日本にいるだけでは体験できない様々な課題に向き合うことができ、学生の能力や視野を広げる貴重な機会となっています。

POINT1 少人数制セミナーによる
きめ細かな指導
1年次から少人数制のセミナーを設定し、一般教養科目修得から理学療法学科専門科目へ学びを進めるためのきめ細かい学習指導を行います。2・3年次のセミナーでは、先輩から後輩への実技指導体制も確立しています。
POINT2 充実した臨床実習
(クリニカルインターンシップ)体制
1年次後期にクリニカルインターンシップI(1週間)、4年次にクリニカルインターンシップII・III(各9週間)を実施します。実習開始前には知識・思考力を確認する共用試験(CBT)と技能・態度を確認する「客観的臨床能力試験(Basic OSCE)」を行っています。
POINT3 卒業研究指導及び
国家試験対策の充実
教員全員で卒業研究の指導を行い、卒業研究発表会を実施しています。4年次の卒業前に実施される国家試験に対しても、連携のとれた密な受験対策指導を行っています。
取得可能資格
理学療法士国家試験受験資格
目標資格
福祉住環境コーディネーター など
想定される進路
リハビリテーションセンター/総合病院・一般病院・大学病院/整形外科病院・クリニック/保健所・行政機関/
スポーツ関連施設/老人保健施設/大学院進学 など

ページの先頭へ

4年間の学びの流れ

池袋

一般教養科目及び解剖学・生理学などの基礎医学系科目と一部の理学療法専門科目を履修し、1年次後期末にクリニカルインターンシップI(1週間)見学実習が組み込まれています。

[学外実習]
  • クリニカルインターンシップI【1週間】

池袋

神経内科学・小児科学・整形外科学・リハビリ医学などの臨床医学系科目を履修するとともに、理学療法評価学などの基礎理学療法学系科目を履修します。

池袋

各疾患の理学療法治療学をはじめ、実習室での実習を主とした理学療法各専門科目を履修し、クリニカルインターンシップII・IIIの事前学習・実習訓練を行います。

[学外実習]
  • 地域理学療法学実習【2日間】

池袋

9週間のクリニカルインターンシップII・IIIを実施し、終了後には卒業研究発表会を実施します。複数回の模擬試験を受験し、充実した国家試験対策を行います。

[学外実習]
  • クリニカルインターンシップII【9週間】
  • クリニカルインターンシップIII【9週間】

ページの先頭へ

ピックアップ授業

義肢装具学実習

青木 主税 教授(理学療法学科長)

義肢・装具の理解と理学療法との関連について学習する科目。実習において、義肢並び装具の構造を理解し、チェックポイントを確認するとともに装具療法について学び、プラスチック短下肢装具の採型、陰性・陽性モデル修正、真空成型、チェックを行います。

スポーツ理学療法学

吉本 真純 助教

整形外科疾患に対する理学療法の授業と連携し、スポーツ障害に特化した講義を実施しています。動画やアプリを用いたり、超音波診断装置を用いた講義も行っています。またスポーツ現場で行われるテーピングの練習も行います。

ページの先頭へ

VOICE 在学生の声

野球をしていた高校時代に心身ともにケアをしてもらった経験から、自分も理学療法士を目指すようになりました。最初は大学の先生は遠い存在ではと不安でしたが、本学は先生方との距離が近く、どんな質問にもしっかり答えてくださいます。学生同士も同じ目標を持っているので、クラス一丸となり、みんなで情報交換をしています。将来は病院の整形外科で、怪我をした子どもたちをフォローしてあげたいと思います。

伊豆島 諒 3年 神奈川県・元石川高等学校出身
※2018年度取材

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る