トレーナー・柔道整復コース
Faculty

学部・大学院

ヒューマンケア学部 柔道整復学科

トレーナー・柔道整復コース

トレーナー・柔道整復コース
トレーナー・柔道整復コース

柔道整復師とアスレティックトレーナー
双方を目指した幅広い技術修得が可能

骨折・脱臼に対する応急処置、また打撲・捻挫・軟部組織損傷に対する治療を行う柔道整復師を目指すための授業のほか、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの受験資格を取得するための科目も履修できます。

柔道整復学科 トレーナー・柔道整復コースの強み

キャンパス内の接骨院で臨床現場を身近に体験

実習ではギプスの着脱などの実践的な実習のほかに、池袋キャンパス内に附属する帝京池袋接骨院で臨床実習を行います。
身近に実践能力を養える環境が整っているのも魅力の一つです。

スポーツ現場に必要な解剖学や
人体の機能などの基礎知識を学ぶ

正常な身体について様々な知識を修得し、スポーツによるケガや障害についての知識や応急手当ての原則などを学修します。

臨床医学の科目や
柔道整復師の実技科目を学ぶ

内科学・外科学・整形外科学などの臨床医学や、実践的な実技科目により、柔道整復師免許状取得後に即戦力となる医療専門職を養成します。

所定の単位修得で中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)やアスレティックトレーナー受験資格なども取得可能

柔道整復師国家試験受験資格をはじめ、中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)やアスレティックトレーナー受験資格などが取得可能です。
*2つ以上(教職を含む)の資格を取得する場合、時間割などの都合で4年以上かかる場合があります。

取得可能資格

  • 柔道整復師国家試験受験資格
  • アスレティックトレーナー受験資格
  • 健康運動実践指導者受験資格
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)

* 2つ以上(教職を含む)の資格を取得する場合、時間割などの都合で4年以上かかる場合があります。

想定される進路

  • 接骨院(整骨院)
  • 病院(整形外科・リハビリテーション科など)
  • 福祉施設
  • スポーツチーム(プロ・実業団)
  • トレーナー派遣企業

卒業生の就職先・進路

ヒューマンケア学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>3年</small> 吉澤 諒<small>さん</small>
3年 吉澤 諒さん 東京都・都立小岩高等学校出身

現場で身につけた対応力でスポーツ選手の支えになる

柔道整復師としての外傷治療やスポーツ選手のケアに役立つ幅広い技術の修得ができ、先生方がとても親身で、柔道整復師とトレーナーの両方が学べるのが本学科の魅力です。授業では、学内のジムで利用者の方に指導をする体験ができるので、現場でしかわからない対応力が身についたと感じています。
​​​​​​​※2019年度取材

4年間の学びの流れ

1年次 少人数の教養学修を開始
専門分野の基礎となる身体の構造や機能を中心に学ぶとともに、幅広い一般教養を身につけ、バランスのとれた人格形成を目指します。
2年次

専門分野の基礎を固める
運動器(筋肉や関節など)を中心としたケガなどに関する専門知識の修得と、実習による技術の修得を目指します。

3年次 実践的知識・対応を学ぶ
専門知識に基づいて実技実習を行い、より実践的な柔道整復師としての技術を身につけます。
4年次 就活に励み、実践に備える
医学的・専門的知識を基に、臨床実習によって実践能力を養います。さらに徹底した柔道整復師国家試験対策を行います。

ピックアップ授業

臨床柔道整復各論

樽本 修和 教授

本講義は柔道整復師の重要な専門科目です。医学的基礎知識をもとに肩甲帯部から肘関節までの骨損傷について機能解剖を含め総合的に診断法・整復法・固定法・後療法を学修し、柔道整復師に必要な専門知識を学びます。

応用臨床実習

原口 力也 准教授

医療の一端を担う柔道整復師が取り扱う外傷(骨折・脱臼・捻挫)やスポーツ障害などの診察法・治療法や最新の超音波診断装置(エコー)の診かたなど実践的臨床実習を行います。