• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

健康医療スポーツ学部 柔道整復学科トレーナー・柔道整復コース
千葉キャンパス

スポーツ現場や医療・福祉分野で
活躍できる人材を養成

外傷の専門家として医療分野や機能訓練指導員として介護関連分野で活躍できる柔道整復師を養成します。
本コースは、柔道整復師だけではなく日本体育協会公認アスレティックトレーナーの適応コースです。

TOPICS
近年のニーズにマッチした柔道整復師を養成!!

本コースでは柔道整復師だけではなく、アスレティックトレーナー、健康運動実践指導者、中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)の資格取得も目指せます。日本古来の医療でありながら、近年のニーズにマッチした柔道整復師を養成していきます。
※ 2つ以上(教職を含む)の資格を取得する場合、時間割等の都合で4年以上かかる場合があります。

POINT1 スポーツ現場に必要な
解剖学や人体の機能などの
基礎知識を修得
正常な身体についての様々な知識を修得します。またスポーツのケガやトレーナーなどについての知識や技術について学習します。
POINT2 即戦力となる
柔道整復師を養成
内科学、外科学、整形外科学などの臨床医学や、実践的な実技科目により、資格取得後に即戦力となる柔道整復師を養成します。
POINT3 所定の単位修得で中学校・高等
学校教諭一種免許状(保健体育)
やアスレティックトレーナー
受験資格なども取得可能
柔道整復師国家試験受験資格をはじめ、中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)やアスレティックトレーナー受験資格などが取得可能です。
※ 2つ以上(教職を含む)の資格を取得する場合、時間割等の都合で4年以上かかる場合があります。
取得可能資格
柔道整復師国家試験受験資格/中学校教諭一種免許状(保健体育)/高等学校教諭一種免許状(保健体育)/
アスレティックトレーナー受験資格/健康運動実践指導者受験資格/初級障がい者スポーツ指導員
※ 2つ以上(教職を含む)の資格を取得する場合、時間割等の都合で4年以上かかる場合があります。
想定される進路
接骨院(整骨院)/病院(整形外科・リハビリテーション科など)/福祉施設/スポーツチーム(プロ・実業団)/
トレーナー派遣企業/ジムなどのスポーツ施設/医療機器メーカー/公務員/中学校・高等学校教員(保健体育)/
大学院進学 など

ページの先頭へ

4年間の学びの流れ

千葉

専門分野の基礎となる身体の構造や機能を中心的に学ぶとともに、幅広い一般教養を身につけ均整のとれた人格を育てます。

千葉

運動器(筋肉や関節など)を中心とした外傷に関する専門知識の修得と、実習による技術の修得を目指します。

千葉

専門知識に基づいて実技実習を行い、より実践的な柔道整復師としての技術を身につけます。

[学外実習]
  • 臨床実習

千葉

医学的・専門的知識を基に実践能力を涵養し、徹底した国家試験対策を行います。

ページの先頭へ

ピックアップ授業

画像診断学

安田 秀喜 教授(柔道整復学科長)

メディカルスタッフに必要な各種画像診断法(X線検査、超音波検査、CT、MRI、血管造影検査など)の基本原理とその特徴を学びます。正常画像所見と対比させながら代表的な疾患の病的画像所見を指摘できるような読影能力を修得します。

柔道整復実技
(骨盤・下肢骨損傷)

吉田 啓英 助教

下肢の骨折・脱臼についての実技科目です。スポーツ現場などで重要な外傷となる、足関節における骨折を中心に学びます。この科目では、実践能力を養い即戦力となるような臨床技術を修得します。

ページの先頭へ

VOICE 在学生の声

高校時代は野球部のマネージャーで、ケガをした選手に接するうちにプレーヤーの役に立ちたいとトレーナーを目指して本学科を志望しました。最初はスポーツ分野に着目していましたが、授業を受けてより幅広い患者さんに目が向くようになり、現在は柔道整復師を目指しています。多くの臨床現場の症例を学んで人の身体を預かることへの意識がより高まりました。将来は女性に安心してもらえる柔道整復師になりたいと思います。

佐藤 彩音  3年  神奈川県・大和高等学校出身
※平成29年度取材

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る