• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

臨床心理学研究科臨床心理学専攻(専門職学位課程)
※平成28年度取材内容となります。
 準備が出来次第、更新いたします。
池袋キャンパス大学院 臨床心理学研究科アドミッションポリシー大学院 臨床心理学研究科「自己点検・評価」

臨床心理学専攻(専門職学位課程)

多様なニーズに対応できる、
高度な専門性を備えた
臨床心理士を養成します

帝京平成大学大学院臨床心理学研究科は、2011年4月に東日本で最初の臨床心理専門職大学院として開設されました。

近年、さまざまな領域で心の問題が発生し、その内容も複雑化してきています。こうした中で、心の専門家である臨床心理士には、臨床現場におけるさまざまな問題に的確に対応できる、より高度な専門性が求められるようになっています。そこで当研究科では、こうした社会のニーズに対応し、臨床能力の養成に重点を置いた実践的な教育を実施しています。

心理アセスメント、臨床面接、地域臨床、事例研究等を基本のカリキュラムとし、附属の「臨床心理センター」を始め多数の臨床実習の場を設け、次の3領域のスペシャリストを養成します。

  • ● 医療・福祉:精神障がい者や高次脳機能障がい者の支援など
  • ● 地域保健・産業:地域住民や労働者の心の健康の支援など
  • ● 学校・教育:発達障がい児支援、学校における危機介入など

当研究科修了者には、「臨床心理修士(専門職)」の学位が授与されます。また、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」の臨床心理士資格審査の一次試験のうち「論文記述試験」が免除されます。更に、本大学院の「健康科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)」への進学が可能です。

平成29年度 大学院公開授業・進学説明会

専門職大学院 公開授業・進学説明会を開催します。詳しくは下記リンクよりご確認ください。

日時・場所第1回
  • 平成29年7月22日(土)14:00~17:00
    池袋キャンパス(本館)806教室
第2回
  • 平成29年9月9日(土)14:00~17:00
    1号館 304・305教室
第3回 平成29年12月2日(土)14:00~17:00
池袋キャンパス(本館)806教室
プログラム
  • 13:30 受付開始
  • 14:00 開会挨拶
  • 14:10 公開授業
  • 15:10 大学院・臨床心理センターの説明
  • 15:50 個別進学相談

研究科長からのメッセージ

院生一人ひとりの学ぶ意欲を大切にし、
より効果的な実践的教育を目指しています

今日、うつ病が増え、不登校、発達障害、虐待、引きこもり、職場における不適応等、心の問題が大きな社会問題となっています。これらは社会の複雑化とともに、家族やコミュニティの支援が乏しくなり、身近に相談相手が得られにくい状況を反映していると思われます。こうした心の問題に対応できる臨床心理の専門家の養成は社会からの要請となっています。本研究科は、こうしたニーズに対応し、医療・福祉や地域保健・産業、学校・教育等、さまざまな領域で、的確な支援を提供できるセラピストの養成を目指す専門職大学院として設立されました。
即戦力としての臨床心理士の養成は、本学の建学の精神である「実学」の趣旨に沿うものです。この目的を達するため、本研究科では、附属「臨床心理センター」や学外の機関での実習で豊富な実践経験の機会を提供し、入学から修了までマンツーマンの個人指導をおこないます。初心者がセラピストとしてクライエントに関わっていくにあたり、必要なステップを踏んでいけるよう、手厚い支援をおこないます。一人ひとりの成長に伴走しつつ、より効果的な臨床心理の実践的教育の創造を目指しています。

臨床心理学研究科長・教授
安西 信雄
Anzai Nobuo

ページの先頭へ

臨床心理士になるには?

臨床心理士になるには、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」による臨床心理士資格審査に合格する必要があります。資格審査を受けるためには、同協会が「臨床心理士資格審査規程」第8条で定めた受験資格基準のいずれかを満たすことが必須です。専門職大学院の修了者は「学校教育法に基づく大学院において、臨床心理学またはそれに準ずる心理臨床に関する分野を専攻する専門職学位課程を修了した者」に該当します。
資格審査は、一次試験(〈筆記〉「多肢選択方式試験」および「論文記述試験」)と二次試験(口述面接試験)によっておこなわれますが、専門職大学院の修了者は、一次試験のうち、「論文記述試験」が免除されます。
本大学院では、2年間で、臨床現場に即応できる高度な臨床実践能力を備えた臨床心理土を養成することを目指しています。そのために、幅広い領域をカバーする経験豊富な教員やカウンセラーによって、理論と実践をつなぐ充実した実務教育がおこなわれています。

専門職大学院のメリット
●「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」による臨床心理士資格審査(一次試験〈筆記〉)のうち 「論文記述試験」を免除
学位・進学等
●臨床心理修士(専門職)の学位授与
●本大学院「健康科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)」への進学

ページの先頭へ

教育理念・目的

実学の精神を基として、豊かな人間性を持ち、多様で複雑な心の問題に創造的で柔軟に対応できる臨床心理分野の高度専門職業人を養成することを目的とする。

ページの先頭へ

特色1

臨床心理士への最短距離
専門性、実践能力、多様性 ― 臨床心理士を目指す人に、最適な環境があります。

帝京平成大学大学院臨床心理学研究科は、2011年4月に東日本で最初の臨床心理士専門職大学院として開設されました。本大学院では、さまざまな現場の問題に的確に対応できる即戦力としての臨床心理士の養成に重点を置いた教育を実施しています。 臨床心理の理論的教育をきちんとおこなったうえで、特色2·3で述べるような外部実習、臨床事例の担当、事例研究などを通じて、臨床心理士、またセラピストとして問題を的確に評価し、適切に関わる態度や能力を養成します。修了者には、臨床心理修士(専門職)の学位が授与されます。また、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」の臨床心理士受験資格が与えられ、一次試験〈筆記〉のうち「論文記述試験」が免除されます。更に、本大学院の「健康科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)」への進学が可能です。

特色2

多彩で豊富な実習
多様なニーズに即応できる実践経験を積むことができます。

本大学院の教育課程では、学内附属の「臨床心理センター」において実施される「臨床心理面接実習」と、学外の協力機関において実施する「臨床心理地域援助実習」により、現場の多様なニーズに即応できるスキルを修得する機会を確保しています。「臨床心理面接実習」では、「臨床心理センター」において、教員およびカウンセラーによる指導の下、さまざまな閤題や障がい、疾患を抱えたクライエントヘのアセスメント、支援、介入について学びます。これらは、面接場面への陪席からスタートし、セラピストとして面接を担当する段階まで、本大学院生の知識やスキルの向上を踏まえてステップアップしていきます。初心者でも面接が可能になるように、教員とカウンセラーによる手厚い個別指導(スーパービジョン) とカンファレンスで指導をおこない、事例研究の方法も指導します。「臨床心理地域援助実習」では、多くの関係機関の協力により、医療・福祉、地域保健・産業、学校・教育の3領域の現場において多様な業務を経験し、指導を受けることができます。現場のさまざまな課題に真剣に向き合い、謙虚に学び、向上していくことのできる専門家の養成を目指します。

特色3

きめ細やかな個人指導体制
専任教員とカウンセラーの指導体制がスキルアップを支えます。

本大学院では12名の専任教員と4名の専任カウンセラーを配置し、一人ひとりに指導教員をつけ、きめ細かな指導をおこないます。2016年4月現在、在籍学生数は2学年で35名です。指導教員はアドバイザーと呼ばれ、履修指導や学習面、生活面、実習に関する相談等をおこない、臨床家としての一歩を踏み出すための、力強いサポーターとなります。また、「臨床心理センター」での学内臨床実習では適切に面接をおこなえるよう、スーパービジョンを受けることができる体制を整えています。本大学院生は、クライエントを担当し、心理相談・遊戯療法・心理検査等のさまざまな臨床実践を積んでいきますが、アドバイザーが、授業で学んだ知識や理論と臨床実践で得た経験とを関連づけ、整理して理解を深めることができるように手助けします。臨床事例報告の作成にあたっては、事例研究指導者が個別指導をおこなっていきます。

ページの先頭へ

課程修了の認定および学位

課程 在学期間 修得単位および条件 学位
専門職学位 2年以上4年以下
  • 50単位以上
臨床心理修士
(専門職)

ページの先頭へ

研究指導内容および担当教員※平成28年度のものですので、来年度以降変更となる場合があります。

専門領域 担当教員 指導内容
【医療・福祉】領域
  • 教 授  安西 信雄
  • 教 授  中島 恵子
  • 准教授  浅井 真理子
  • 講 師  高瀬 幸子
医療現場で臨床心理の専門性をいかしながら、チーム医療の一員として信頼される臨床心理士の養成を目指します。医療における基礎知識として、医療制度および医療従事者の役割を理解し、更にチーム医療の一員としてさまざまな医療従事者(医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、栄養士等)と連携するために必要とされる心理援助の技能を修得します。
【地域保健・産業】領域
  • 教 授  北村 尚人
  • 教 授  音羽 健司
  • 講 師  滑川 瑞穂
  • 講 師  大久保 智紗
地域住民や労働者の精神的健康問題について、その把握方法、アセスメント、精神病理、面接方法、関係者との連携の仕方、資源の活用、組織への働きかけ、関連する法令・制度等について、理論と事例を基に学びます。
【学校・教育】領域
  • 教 授  齊藤 和惠
  • 准教授  森 陽二郎
  • 准教授  滝口 のぞみ
  • 講 師  井合 真海子
さまざまな教育現場で求められる実践能力の修得を目指します。家族や家庭、地域社会といった子どもの置かれているさまざまな環境を踏まえて、問題の理解や解決に必要な知識や技能、論理、態度を学びます。また、教育施設での実習で経験し学んだことを全員で共有し、ディスカッションやロールプレイ等を通じて理解を深めていきます。

●担当教員、研究指導内容等は変更になる場合があります。

ページの先頭へ

在学生の声

  • 医療・福祉(1)
  • 医療・福祉(2)
  • 地域保健・産業
  • 学校・教育

子育てを通し、地域・教員・家庭の連携が必要と実感。
本気で臨床心理士になりたいという方には、
本当に恵まれた環境です。

子どもの通う小学校で、学級崩壊の原因の一つが発達障害・グレーゾーンの子どもたちの存在であると聞き、発達障害について学び、スクールカウンセラーを目指したいと考えました。本大学院は専門職大学院ならではの実践的な学びや実習時間が多く、医療・福祉、地域保健・産業、学校・教育と3領域すべての分野を学べることが魅力です。現在、臨床心理センターでケースを担当し、面接後、毎回教員とカウンセラーによる手厚い個別指導(スーパービジョン)を受けています。臨床心理士としてクライエントにどのように向き合い、問題をどう受け止めて対応するかということについて、他では得られない実践的な学びの機会をいただいていると感じています。想像以上に家事・育児と仕事、勉学との両立は大変ですが、本気で臨床心理士になりたいという方には、研究と実務の経験が豊富な先生方による臨床心理の本質的な学びや懇切丁寧な勉学へのサポートがあり、本当に恵まれた環境だと思います。将来、臨床心理士として求められることについては、何でも応えられるような臨床心理士になることが目標です。そして地域の中で、発達障害・高次脳機能障害の方々を支援するNPO法人を設立するのが私の夢です。

首藤 三千代 医療・福祉領域 2年 ※平成28年度取材

病気やハンディキャップを抱えた人が、
生まれてきてよかった、と心から思える
ようになる状態が、援助のゴールです。

事故や疾患などによって、人生の途中で身体にハンディキャップを背負ってしまった人たちが、日常に少しでも早く戻れるように、本大学院で臨床心理士としての実力をつけ、彼らの力になりたいと考えています。医療・福祉、地域保健・産業、学校・教育の3領域すべてでの実習はハードですが、実際の現場でもそのまま役立ちそうなことばかりなので、挫折せずに頑張れています。特に浅井真理子先生の「医療心理学特論」の授業は実践的だと思います。将来は医療心理学を専門に、身体の問題で心のバランスを失っている人たちをサポートしていくことが目標です。そのために、自分自身の体調にも気をつけながら、1日1日を大切に過ごしていきたいと思っています。

小島 麻子 医療・福祉領域 2年 ※平成28年度取材

地域という単位で
心の問題と向き合いたい思いは、
実習を通じてさらに強くなっています。

私が心理学に興味を持ったのは、教師をしている父からスクールカウンセラーという職業について聞いたからです。学校全体を支援できるスクールカウンセラーになりたいと思い、大学では心理学を専攻していました。そして、臨床現場での実践を通して学べる本大学院への進学を決めました。入学後は実習の多さに大変だと思うこともありましたが、そのたびに自分の長所と短所に向き合う経験は、臨床心理士としての強みになると思います。さまざまなことが学べるので、どの分野にも関心がありますが、最近は支援を受けていない、支援につながっていない人たちのケアをするという、地域援助に関わる仕事に興味が湧いてきました。温かい心と科学的な知識を兼ね備えた臨床心理士になることが目標です。

星野 純香 地域保健・産業領域 2年 ※平成28年度取材

子どもたちの心に寄り添える
スクールカウンセラーを目指して実学を学んでいます。

私は主婦として育児を続けながら、本大学院に進学しました。大学卒業後は、テレビ局でドキュメンタリー番組の制作や金融系企業の広報に携わるなど、直接心理学に関わらない仕事をしてきましたが、子育てをする中で子どもの心のケアの重要性を強く感じるようになってきたのです。そんなとき、実践的な学びができる本大学院の存在を知り、臨床心理士への第一歩を踏み出しました。各臨床現場の第一線でご活躍されている先生方の講義は、経験の少ない私にとって大変に貴重な学びとなっています。子どもたちにとって今という時代は大変だと思うので、修了後は、子どもたちの心と向き合い、見つめ、寄り添えるスクールカウンセラーになりたいです。

宇崎 陽子 学校・教育領域 1年 ※平成28年度取材

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る