• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

臨床心理学研究科臨床心理学専攻(専門職学位課程)
池袋キャンパス大学院 臨床心理学研究科 入学者受入れの方針大学院 臨床心理学研究科「自己点検・評価」

臨床心理学専攻(専門職学位課程)

臨床現場で求められるものに
対応できる高度な専門性を備えた
臨床心理士を養成します

帝京平成大学大学院臨床心理学研究科は、2011年4月に東日本で最初の臨床心理専門職大学院として開設されました。

近年、様々な領域で心の問題が発生し、臨床心理士への期待が高まっています。こうした中で、臨床心理士には、心の問題に的確に対応できる、より高度な専門性が求められています。当研究科では、このような社会のニーズに対応し、臨床心理の理論教育をきちんと行ったうえで、提携機関での豊富な外部実習、附属臨床心理センターでの臨床事例担当、きめ細かい指導による事例研究などを通じて、様々な現場の問題に的確に対応できる臨床心理士の養成を目指しています。

当研究科修了者には、「臨床心理修士(専門職)」の学位が授与されます。また、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士受験資格が与えられ、受験科目のうち小論文が免除されます。さらに、本大学院の「健康科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)」への進学が可能です。

2018年度から公認心理師試験受験資格にも対応した授業を行っております。大学院入学前に公認心理師法に定められた所定の科目を履修し要件を満たす方は、本大学院を修了すると公認心理師の受験資格が与えられます。

2018年度 大学院公開授業・進学説明会

専門職大学院 公開授業・進学説明会を開催します。詳しくは下記リンクよりご確認ください。

日時・場所第1回
  • 7月21日(土)14:00~17:00
    池袋キャンパス(本館)806教室
第2回
  • 9月15日(土)14:00~17:00
    池袋キャンパス(本館)807教室
第3回 12月8日(土)14:00~17:00
池袋キャンパス(本館)807教室
プログラム
  • 13:30 受付開始
  • 14:00 開会挨拶
  • 14:10 公開授業
  • 15:10 大学院・臨床心理センターの説明
  • 15:50 個別進学相談

研究科長からのメッセージ

院生一人ひとりの学ぶ意欲を大切にし、
より効果的な実践的教育を目指しています。

心の問題を抱える人たちのお役に立ちたい、その出発点は資格取得です。私どもの専門職大学院はその出発点を大事にしています。資格認定協会の臨床心理士資格試験の合格率は、開設3年目にあたる3期生(2015年修了)は92.9%、4期生(2016年修了)は92.3%、5期生(2017年修了)は88.9%でした。2-3期生で1年目に不合格だった方もその後合格して合格率100%となっています。こうした高い合格率は、小グループ学習や集中講義、小テストなど、院生の希望を聞きながら効果的な学習方法を工夫してきた成果と言えるでしょう。私たちは、これまで蓄積したノウハウを生かして資格取得の充実した支援を提供します。
その先には、皆さんの臨床心理士人生があります。今日、日本では、うつ病や発達障がい、虐待、引きこもり、職場における不適応など、心の問題が大きな社会問題となっています。公認心理師法が成立したのも、こうした心の問題に対応出来る臨床心理の専門家の養成が社会からの強い要請となっていることを表しています。
即戦力としての臨床心理士の養成は、本学の建学の精神である「実学」の趣旨に沿うものです。この目的を達するため、本研究科では、附属の「臨床心理センター」や学外の機関での実習で豊富な実践経験の機会を提供し、入学から修了までマンツーマンの個人指導を行います。臨床心理の初心者が指導を受けながらセラピストとしてクライエントに関わり、次第にセラピストらしく成長していく姿をみるのは、私たちのやりがいでもあります。教育は受ける者と提供する者の共同創造でもあります。私たちは臨床心理士の志と意欲をもつ方々を院生として迎え、心理的支援を必要とする人々への適切な支援を一緒に考えることを楽しみにしています。

臨床心理学研究科長
安西 信雄
Anzai Nobuo

ページの先頭へ

臨床心理士になるには?

臨床心理士になるには、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」が実施する資格審査に合格する必要があります。資格審査を受けるためには、同協会が「臨床心理士資格審査規程」第8条で定めた受験資格基準のいずれかを満たすことが必須です。専門職大学院の修了者は「学校教育法に基づく大学院において、臨床心理学またはそれに準ずる心理臨床に関する分野を専攻する専門職学位課程を修了した者」に該当します。
資格審査は、一次試験(〈筆記〉「多肢選択方式試験」及び「論文記述試験」)と二次試験(口述面接試験)によって行われますが、専門職大学院の修了者は、一次試験のうち、「論文記述試験」が免除されます。2018年度から公認心理師にも対応した授業を行っており、可能な方には両方の資格試験に合格できるよう学習の支援を行っています。

専門職大学院のメリット
●「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」による臨床心理士資格審査(一次試験〈筆記〉)のうち「論文記述試験」を免除
学位・進学等
●臨床心理修士(専門職)の学位授与
●本大学院「健康科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)」への進学が可能

ページの先頭へ

特色

臨床心理学研究科は、本学の建学の精神に則り、専門職学位課程として、実学の精神を基として、豊かな人間性を持ち、多様で複雑な心の問題に創造的で柔軟に対応できる臨床心理分野の高度専門職業人を養成する。

特色1

臨床心理士と公認心理師の資格取得へ手厚い支援を行います
資格を取得し、専門性と実践能力を磨きたい方に、最適な環境があります。

帝京平成大学大学院臨床心理学研究科は、2011年4月に東日本で最初の臨床心理専門職大学院として開設されました。本大学院では、様々な現場の問題に的確に対応できる即戦力としての臨床心理士の養成に重点を置いた教育を実施しています。資格取得のための手厚い学習支援はもちろん、臨床心理の理論的教育をきちんと行ったうえで、特色2・3で述べるような外部実習、臨床事例の担当、事例研究などを通じて、臨床心理士として問題を的確に評価し、適切に関わる態度や能力を養成します。
修了者には、「臨床心理修士(専門職)」の学位が授与されます。また、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」の臨床心理士受験資格が与えられ、一次試験〈筆記〉のうち「論述記述試験」が免除されます。
さらに、本大学院の「健康科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)」への進学が可能です。大学院入学前に公認心理師法に定められた所定の科目を履修し要件を満たす方は、本大学院を修了すると公認心理師の受験資格が与えられます。

特色2

多彩で豊富な実習
-学外実習と手厚いスーパービジョンを受けながら事例担当を経験
座学だけでなく学外実習やケース担当により、体験を通じて学ぶことができます。

本大学院の教育課程では、学内の附属臨床心理センターの「臨床心理面接実習」と、学外の協力機関で実施する「臨床心理地域援助実習」により、現場の多様なニーズに対応できるスキルを修得する機会を提供しています。
「臨床心理面接実習」では、「臨床心理センター」において、教員及びカウンセラーによる指導のもと、さまざまな問題や障がい、疾患を抱えたクライエントへのアセスメント、支援、介入について学びます。これらは、面接場面への陪席からスタートし、セラピストとして面接を担当する段階まで、院生の知識やスキル向上のレベルを踏まえて次第にステップアップしていきます。また、教員とカウンセラーによる手厚い実地指導(スーパービジョン)やカンファレンスで指導を行い、事例研究の方法も指導します。
「臨床心理地域援助実習」では、多くの関係機関の協力により、医療・福祉、地域保健・産業、学校・教育の3領域の現場において多様な業務を経験し、指導を受けることができます。現場の様々な課題に真剣に向き合い、謙虚に学び、向上していくことのできる専門家の養成を目指します。

特色3

きめ細かな個人指導体制
研究科教員とカウンセラーの指導体制がスキルアップを支えます。

本大学院では2学年で33名の大学院生に対し、12名の研究科教員と4名の臨床心理センターカウンセラーを配置し、院生一人ひとりに指導教員をつけ、きめ細かな指導を行います。個人ごとの指導教員はアドバイザーと呼ばれ、履修指導や学習面、生活面、実習に関する相談等を行い、臨床家としての一歩を踏み出すための、力強いサポーターとなります。
また、「臨床心理センター」での学内臨床実習では適切に面接を行えるよう、スーパービジョンを受けることができる体制を整えています。本大学院生は、クライエントを担当し、心理相談・遊戯療法・心理検査等の様々な臨床実践を積んでいきますが、アドバイザーは、授業で学んだ知識や理論と臨床実践で得た経験とを関連づけ、整理して理解を深めることができるように手助けします。臨床事例報告の作成にあたっては、事例研究指導者が個別指導を行っていきます。

ページの先頭へ

課程修了の認定及び学位

課程 在学期間 修得単位及び条件 学位
専門職学位 2年以上4年以下
  • 50単位以上(必修含む)
臨床心理修士
(専門職)

ページの先頭へ

専攻領域及び指導内容

専攻領域 指導内容 担当教員
医療・福祉 臨床心理士の約半数が勤務している医療・福祉の現場において、精神疾患への対応はもちろん、高次脳機能障害やがんなどの身体疾患を抱える人々に対して、的確に心理アセスメントを行い効果的に介入することができる即戦力の専門家を養成します。さらに、多様な職種と連携し多職種チームの一員として協働できる幅広い視野と柔軟な思考力を身に付けることを目指します。
  • 教 授  安西 信雄
  • 教 授  中島 恵子
  • 准教授  浅井 真理子
  • 講 師  高瀬 幸子
地域保健・産業 地域や職場において、人々の精神的健康の向上を図り、精神的健康問題を効果的に解決することのできる専門家を養成します。そのために、精神的健康に関わる問題やニーズを把握し、個人の的確なアセスメントやケアだけではなく、様々な専門家等と連携しながら、地域や職場の資源・制度の活用、環境調整、組織の機能の改善などを行う実践能力を身に付けることを目指します。
  • 教 授  音羽 健司
  • 教 授  馬場 洋介
  • 講 師  滑川 瑞穂
  • 講 師  大久保 智紗
学校・教育 学校や家庭、その他の現場において、子どもの発達や適応に関わる諸問題を適切にアセスメントし、解決できる専門職を養成します。そのために、子ども個人のみならず、子どもを取り巻く環境に目を向け、アプローチしていきます。そして、災害や事件、事故といった不測の事態に的確に対応し、あるいは、障がいや困難さを持つ子どもたちが能力を発揮し、豊かに成長できる環境を構築する上で不可欠な、幅広い知識と柔軟な技能を身に付けることを目指します。
  • 教 授  齊藤 和惠
  • 准教授  滝口 のぞみ
  • 准教授  森 陽二郎
  • 講 師  井合 真海子

●担当教員、研究指導内容等は変更になる場合があります。

ページの先頭へ

在学生の声

  • 医療・福祉
  • 地域保健・産業
  • 学校・教育

実習の多さは評判通り。
卒業後は一日でも早く即戦力として働きたい。

私は理工系の大学を卒業後、仕事をしながら独学で心理学の勉強をしていました。様々な経験をする中で大学院で本格的に勉強したいと思うようになり退職し受験。入学して思いましたが、ここは専門職大学院というだけあり噂に違わぬ「実学主義」です。人と、そして自分と向き合い、ときに悩みときに苦しいこともありますが、日々成長していると実感しています。将来は医療機関で、精神疾患や高次脳機能障害など様々な問題で苦しんでいる方々の支援にあたりたいと考えています。一日でも早く即戦力として、これまでの職業経験を活かした多角的な視点でアセスメントできる臨床心理士になりたいと精進しています。

佐々木 隆嘉 医療・福祉領域 2年 ※2018年度取材

あこがれを力に。
働く女性の味方になりたい。

大学時代に2年ほど、「(病院附属の)女性医師・研究者支援センター」でアルバイトをしていました。ストレスチェックをしたり働く女性の悩みを聞いたりなどのお手伝いが主な仕事でしたが、そこでの臨床心理士の先生の仕事ぶりにあこがれて私も臨床心理士を目指したいと思うようになりました。本研究科に進学したのは、実践をモットーとしてEAP企業等で多くの実習を積ませてもらえるからです。周囲の理解が進んだとはいえ、育休を取るとスキルアップができないなど、いまだに働く女性の立場は弱いようです。卒業後はEAP 企業などの現場で、働く女性や母子関係を支援していきたいと考えています。

太田 成美 地域保健・産業領域 2年 ※2018年度取材

座学だけでは得られない経験値。
たくさんの臨床経験が将来への強みに。

本研究科では臨床心理士試験のための授業を組んでくださいます。これまでに学んだバラバラの知識をギュッと試験のためのエッセンスとして絞り出して教えてくださるので、とても助かっています。また、実習に行くと他校の大学院生と一緒になることが多々あります。ここでは実際にクライアントを担当させてもらえるなど実践を主としているため、「けっこう、できるじゃん!」と現場の方にほめていただくことが多く、他校の(有名)大学院生からうらやましがられることも。卒業後、私はスクールカウンセラーになりたいと考えています。だからこそ座学だけでは学べない貴重な体験を今ここで積んでいます。

黒澤 貴基 学校・教育領域 2年 ※2018年度取材

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る