薬剤師
Career · Employment

就職情報

薬剤師

薬剤師

この職業について

薬の専門家として病院や薬局で薬の調剤や服用指導、管理などをする仕事です。医師の書いた処方箋(せん)から患者さんに適切な薬を提供する役目を担い、薬の正しい飲み方や副作用など、患者さんの薬の服用に関する様々な情報に目を配る必要があります。医師との連携により安心・安全な薬の提供を行います。

必要な資格

  • 薬剤師

目指せる学部・学科・コース

薬剤師とは

薬剤師は、薬学を基礎とした幅広い知識を持ち、薬の開発や、患者の薬物療法に専門的な立場から関わる仕事です。患者の健康や生命に関わる重要な仕事であり、薬剤師になるには国家試験に合格して厚生労働大臣の免許を受ける必要があります。

薬剤師の仕事内容

「薬の専門家」である薬剤師の仕事は、薬局やドラッグストアでの調剤や販売だけではありません。ここからは、薬剤師が行う主な仕事内容を詳しく見ていきましょう。

調剤

薬剤師以外の者は「調剤」をすることができません(医師が自ら調剤する場合を除く)。薬剤師が行う調剤とは、単に指示通りの薬の取り揃えではなく、「処方箋に誤りはないか」「薬の重複・併用による相互作用がないか」「患者にアレルギーがないか」などを確認します。もし問題があれば、処方した医師に問い合わせて、薬剤師が納得しなければ調剤ができません。

服薬指導

薬剤師には、患者一人ひとりが使用する全ての薬を正しく把握し、飲み合わせ・用量などの安全性の判断や適切な服薬指導を行うことが求められています。調剤した後も「薬を正しく服用しているか」「副作用が発現していないか」などを確認し、適切に指導します。調剤や指導した内容は薬歴に記録し、必要な時には処方した医師に報告します。また患者からの疑問や懸念点を対話の中で引き出し、不安を解消して治療をサポートすることも大切な役割の一つです。

病棟業務

入院患者の薬物療法が適切に行われるように、患者に薬物治療の説明するといった、医師や他の医療職と連携をします。薬物療法中の患者の状態を観察して、医師に処方提案などの助言も行います。病棟にいる他職種には、薬の情報の提供やアドバイスを行います。

薬剤の研究・開発・認可

製薬会社などにおける新薬の研究・開発にも薬剤師が関わっています。薬の安全性や有効性を調べる試験を重ね、最終的に薬の製造・販売について国から許可を得るための申請を行うまで、一連のプロセスに携わります。
またこうした新薬の申請を受け、データや試験結果をもとに安全性の判断を行う、国の研究機関や厚生労働省などの現場でも、薬剤師の有資格者が活躍しています。

薬剤師の仕事に求められる経験・スキル

薬剤師として、一人ひとりの患者に合った薬の提供と的確なアドバイスを行うために、特に次のような経験・スキルが求められます。

求められる経験・スキル
  • 薬学への探究心
  • 注意力・集中力
  • コミュニケーション能力

薬学への探究心

薬は患者の治療のために処方されますが、扱い方を誤れば生命に関わる可能性もあります。そのため薬剤師には、専門家として薬に関しての豊富な知見を持ち、高め続けていくことが求められます。
医療技術の発展や新薬の開発がスピード感を持って進められていく中で、絶えず情報収集をして学びを得ていくためにも、薬学への探究心は欠かせない素養となります。
 

注意力・集中力

薬を正しく提供するためにも、常に注意力を欠かさず慎重に調剤にあたり、長時間の業務や忙しい中でも集中力を維持することは大切な要素になります。特に病院においては短時間で多くの薬を調剤しなければいけないため、集中して機敏に対応できる人が活躍するでしょう。

コミュニケーション能力

患者が理解できるように薬の服用方法や使用方法を伝え、「他に服用している薬がないか」「アレルギーはないか」などの大切な情報を適切に引き出すことができなければ、調剤をすることができません。患者に相談しやすいと感じてもらえる関係性を築くためにも、コミュニケーション能力は欠かせません。
 

OB・OG ・教員の声

私の主な仕事は、処方箋に沿って調剤した薬を患者さんにお渡しすることと、OTC医薬品の相談対応及び販売です。調剤された薬を渡す際には、なぜこの薬が処方されたのか、その効果や副作用について患者さんに必ず説明しています。お渡しは薬局内のカウンターで行うので、患者さんとは毎回しっかりお話し、質問や疑問に答えることで安心して薬を飲んでいただきたいと思っています。勤務している薬局は、常に約2500種類の薬を取り扱う地域最大規模といえる場所。様々な症状の方が来店するので、一人ひとりの症状に応じた多様な薬を扱うことができます。

※OTC医薬品 薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されている医薬品

薬剤師になるには

薬剤師になるには、6年制の薬剤師養成課程を卒業した後に薬剤師国家試験に合格し、申請を行って薬剤師免許を得る必要があります。国家試験は年に一度実施され、薬学に関する専門領域の他に法規・制度・倫理についても知識が問われます。令和3年2月に実施された国家試験の合格率は、68.66%となっています。(参考:厚生労働省 第106回薬剤師国家試験 大学別合格者数

薬剤師の就職先

国家資格を取得した薬剤師の就職先として多く見られるのが、病院や調剤薬局、ドラッグストアです。特に薬局は、近年、調剤だけでなく、在宅医療や健康サポートの機能が求められており、幅広い業務を通してやりがいを見つけることができるため、就職先として選ぶ方が多くなっています。

また製薬会社で研究・開発・製造に携わったり、食品・化粧品メーカーで商品の安全性の研究や品質管理を行ったり、さらには学校薬剤師として教育機関での衛生管理、薬物乱用防止などの啓発運動を行うなど、薬剤師の活躍の場は多岐にわたります。
 

薬剤師をめざしたい方へ

本学では、薬学部 薬学科で薬剤師をめざすことができます。
オープンキャンパスへのお申し込みや資料請求も受け付けていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。