薬学科
Faculty

学部・大学院

薬学部

薬学科

薬学科
薬学科

「くすり」に関する知識はもとより患者さんに寄り添った医療を提供できる人材を養成

地域の保健・医療の担い手として、また、チーム医療の一員として、薬の知識・技能を修得し実践能力を備えた、優れた「薬」の専門職を養成します。

薬学科の強み

中野医師会とオレンジバルーンフェスタを開催

「オレンジバルーンフェスタ」は地域の方にがん治療の理解向上を目指す啓蒙活動です。
学生と教員、医師、看護師、薬剤師など医療関係者と共に5カ月間の準備を経て四季祭で開催しました。学生はポスター制作を自主的に取り組み、地域の方にがんに対する啓発を行いました。

生物や化学を丁寧に復習し 薬剤師として必要な基礎知識を修得

高校理科の復習を含め、身体の仕組みや組織、細胞にある遺伝子や酵素の働き、有機化学反応などを学び、薬学へスムーズに導きます。

薬の作用の仕組みや科学的な考え方など 薬剤師に必要な素養を養う

専門知識を体系的に修得することで薬について理解を深め、薬剤師としての知識や技能、医療人としての心構えを身に付けます。

病院や薬局で医療の現場を体験し 実践能力を修得

実務実習では、コミュニケーション能力やチーム医療の重要性を学ぶことができます。また、卒業研究では問題解決能力を育みます。

取得可能資格

  • 薬剤師国家試験受験資格

目指せる資格

  • 麻薬取締官・麻薬取締員
  • 食品衛生監視員・食品衛生管理者任用資格 など

 

想定される進路

  • 病院
  • 調剤薬局
  • MR(医薬情報担当者)
  • 製薬企業
  • ドラッグストア
  • 化学・食品工業系企業
  • 化粧品企業

卒業生の就職先・進路

薬学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>3年</small> 水野 朱梨<small>さん</small>
3年 水野 朱梨さん 千葉県・千葉市立千葉高等学校出身

薬剤師の実感を深め地域の人の役に立ちたい

私は小学生の時に、薬局で薬を調合する薬剤師の姿に憧れ本学科を志望しました。1年次では基礎を中心に学びましたが、少しずつ専門的な勉強や実習も増えてきました。実際に薬品や器具の扱いなど緊迫した授業も増えてきたので、少しずつ薬剤師に近づいていると感じています。将来は、地域の方にとって相談しやすい薬剤師になりたいです。
※2019年度取材

6年間の学びの流れ

1年次

薬剤師の役割を学ぶ
生物や化学などの基礎科目を着実に修得するとともに、薬や薬剤師の社会における役割を学びます。

[学外実習]
早期体験学習(製薬企業/研究所の見学実習/病院・薬局の見学実習)

2年次

専門科目の理解を深める
薬学の専門科目となる「生体の機能調節」「有機化学」「薬理学」を学び、薬の構造や作用について理解を深めます。

[学外実習]
早期体験学習(製薬企業/研究所の見学実習/病院・薬局の見学実習)

3年次 専門科目の知識を広げる
病態生理学、薬物治療学、薬剤学などの多くの専門科目を学び、疾病の原因や薬の効果について具体的に理解します。
4年次

実習に備える
薬の用量や使用法、薬剤師の行動 規範などを学ぶとともに、5年次の 実務実習の準備を行います。

薬学共用試験 [薬学共用試験(CBT・OSCE)とは?]
4年次の終わりに全国6年制薬科大学の学生が全員受験。薬学学科の基礎的な試験と薬剤師実務に関する臨床能力試験の2つが行われます。
5年次 医療現場で学ぶ
病院と薬局で実習を行い、医療現場での薬剤師の役割と責任を学びます。医師や看護師との連携についても学びます。
6年次 国家試験対策
5年次の実習をもとに薬剤師のプロフェッショナリズムを学ぶとともに、卒業研究を進めます。国家試験対策も行います。
薬剤師国家試験

[国家試験対策]
薬剤師国家試験は6年次の2月に行われます。全員が合格できるよう5年次から6年次にわたって様々な対策が進められます。

ピックアップ授業

薬学入門

安西 偕二郎 教授(薬学科長)

初めて薬学を学ぶ1年生に、将来、薬剤師として社会に貢献するため、本学科の薬学教育の紹介、医療と薬学の歴史、薬剤師の役割、患者の安全にどのようにかかわるかなどについて、分かりやすく授業を行います。また、自己研鑽や後進の育成に関わる大切さについても触れます。

フレッシュセミナー

井手口 直子 教授

医療従事者としてのプロフェッショナルなコミュニケーション能力を醸成する事を目的とした授業です。患者心理を学び、症例を用いてグループディスカッションや模擬患者とのロールプレイで実践的に問題解決します。