ヒューマンケア学部 柔道整復学科の教員による研究論文が学術誌に掲載されました。
News

ニュース

2019.08.06ヒューマンケア学部 柔道整復学科の教員による研究論文が学術誌に掲載されました。

ヒューマンケア学部 柔道整復学科 掛川 晃 准教授による研究論文「Independent Attachment of Lateral Ankle Ligaments: Anterior Talofibular and Calcaneofibular Ligaments」が学術誌「The journal of Foot & Ankle Surgery」に掲載されました。

今回の研究論文は運動器外傷に関連する関節構造を詳しく調べ明らかにすることを研究テーマにしており、足の捻挫で損傷しやすい前距腓靭帯と踵腓靭帯の腓骨側付着部の詳細な構造について記述しています。

掛川 晃 准教授は研究結果を国際誌に発表するとともに、大学(身体の構造Ⅰ・Ⅳ)や大学院の講義でも研究内容に触れ、実学に役立つ情報を教授しています。

ヒューマンケア学部 柔道整復学科 掛川 晃 准教授