トレーナー・柔道整復コース
Faculty

学部・大学院

健康医療スポーツ学部 柔道整復学科

トレーナー・柔道整復コース

トレーナー・柔道整復コース
トレーナー・柔道整復コース

スポーツ現場や医療・福祉分野で
活躍できる人材を養成

確かな実践能力を養う、3つの学び

多様な現場に対応できる即戦力の柔道整復師を養成

内科学、外科学、整形外科学などの臨床医学や、実践的な実技科目により、資格取得後に即戦力となる柔道整復師を養成します。

スポーツ現場に必要な解剖学や人体の機能などの基礎知識を修得

正常な身体についての様々な知識を修得します。またスポーツのケガやトレーナーなどについての知識や技術について学修します。

所定の単位修得で中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)やアスレティックトレーナー受験資格なども取得可能

柔道整復師国家試験受験資格をはじめ、中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)やアスレティックトレーナー受験資格などが取得可能です。
*2つ以上(教職を含む)の資格を取得する場合、時間割などの都合で4年以上かかる場合があります。

取得可能資格

  • 柔道整復師国家試験受験資格
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • アスレティックトレーナー受験資格
  • 健康運動実践指導者受験資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員

*2つ以上(教職を含む)の資格を取得する場合、時間割などの都合で 4年以上かかる場合があります。

想定される進路

  • 接骨院(整骨院)
  • 病院(整形外科・リハビリテーション科など)
  • 福祉施設
  • プロスポーツチーム・民間スポーツクラブなどのトレーナー
  • トレーナー派遣企業
  • ジムなどのスポーツ施設
  • 医療機器メーカー
  • 公務員
  • 中学校・高等学校教員(保健体育)
  • 大学院進学 など

卒業生の就職先・進路

健康医療スポーツ学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>4年</small> 小沼 佑果<small>さん</small>
4年 小沼 佑果さん 茨城県・県立鹿島高等学校出身

柔道整復師の知識を活かした教員を目指したい

怪我をした時に接骨院の先生に怪我だけでなく、心のケアもしてもらった経験から、教員志望だったこともあり、柔道整復師と教員免許の資格取得ができる本学科を志望しました。柔道整復師と教職を目指すことで効率的な学修もできるようになりました。将来は教員となり、部活指導の際に本学で学んだ患者さんへの対応や気遣い、柔道整復師の知識を活かしたいです。
※2020年度取材

4年間の学びの流れ

1年次

早期臨床実習を体験
専門分野の基礎となる身体の構造や機能を中心的に学びます。1年次後期からの早期臨床実習により、医療人としての自覚を養います。

後期
【学外実習】 臨床実習[1週間]

2年次

実習から技術を修得
運動器(筋肉や関節など)を中心とした外傷に関する専門知識の修得と、実習による技術の修得を目指します。

【学外実習】 臨床実習[2週間]

3年次

実践能力を磨く
専門知識に基づいて実技実習を行い、より実践的な柔道整復師としての技術を身につけます。

【学外実習】 臨床実習[1週間]

4年次 国家資格取得に向け取り組む
医学的・専門的知識を基に実践能力を修得し、徹底した国家試験対策を行います。

ピックアップ授業

卒業研究

1年次から3年次までに学修した基礎医学や臨床医学を基に柔道整復師として臨床にすぐ対応できる知識を身につけるために行われる科目です。国家試験合格はもちろんですが、この科目では柔道整復分野の基礎・臨床研究に必要なスキルを修得します。

柔道整復学実技

骨折・脱臼・軟部組織損傷やスポーツ外傷に対する評価法・整復法・固定法を学ぶ実技科目です。柔道整復師に必要な専門知識に基づき包帯・テーピング・各固定材料を用いて保存療法の実践能力を養います。臨床応用できる技術を修得していきます。