臨床心理学研究科 臨床心理学専攻(専門職学位課程)
Faculty

学部・大学院

大学院

臨床心理学研究科 臨床心理学専攻(専門職学位課程)

臨床心理学研究科 臨床心理学専攻(専門職学位課程)
臨床心理学研究科 臨床心理学専攻(専門職学位課程)

臨床心理士・公認心理師を目指すなら、
東日本で唯一の臨床心理専門職大学院

帝京平成大学大学院 臨床心理学研究科は、2011年4月に東日本で最初の臨床心理専門職大学院として開設されました。

近年、様々な領域で心の問題が発生し、専門性の高い心理的支援への期待が高まっています。こうしたなかで、臨床心理士・公認心理師には、心の問題に的確に対応できる、より高度な専門性が求められています。当研究科では、このような社会のニーズに対応し、臨床心理の理論教育をきちんと行ったうえで、提携機関での豊富な外部実習、附属臨床心理センターでの臨床事例担当、きめ細かい指導による事例研究などを通じて、様々な現場の問題に的確に対応できる即戦力の実践家の養成を目指しています。

当研究科修了者には、「臨床心理修士(専門職)」の学位が授与されます。また、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士受験資格が与えられ、一次試験<筆記>のうち「論文記述試験」が免除されます。さらに、本大学院の「健康科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)」への進学が可能です。

2018年度から公認心理師試験受験資格にも対応した授業を行っています。大学院入学前に公認心理師法に定められた所定の科目を履修し要件を満たした方は、本大学院を修了すると公認心理師の受験資格が与えられます。

専門職大学院のメリット

  • 「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」による臨床心理士資格審査(一次試験〈筆記〉)のうち「論文記述試験」を免除。
  • (臨床心理学研究科臨床心理学専攻)「専門実践教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」

学位・進学などについて

  • 臨床心理修士(専門職)の学位授与。
  • 本大学院「健康科学研究科 臨床心理学専攻(博士課程)」への進学が可能。

2023年度入学者向け 大学院公開授業・進学説明会

専門職大学院 公開授業・進学説明会を開催します。くわしくは下記リンクよりご確認ください。
※実施内容や開催日時が変更となる場合がありますので、最新の情報は本学HPでご確認ください。

⽇時 第1回 7月9日(土)10:00~11:30
第2回 9月10日(土)10:00~11:30 
第3回 12月10日(土)10:00~11:30
場所 池袋キャンパス(本館)806教室
内容
  • 研究科教員による模擬授業
  • 個別進学相談
  • 大学院・カリキュラム 概要説明
  • 臨床心理センター 概要説明

    研究科長からのメッセージ

    入口は資格取得、その先は心理臨床の実践家へ
    -多様なキャリアの基礎づくりを支援します-

    馬場 洋介
    臨床心理学研究科長 教授
    馬場 洋介 BABA HIROSUKE

    心の問題を抱える人のお役に立ちたい、その出発点は資格取得です。私たちは、これまで蓄積したノウハウを活かして、臨床心理士と公認心理師の資格取得への充実した支援を提供し、過去3年間の合格率の平均は、臨床心理士88%、公認心理師98%であり、高い合格率の実績があります。

    即戦力としての臨床心理士・公認心理師の養成は、本学の建学の精神である「実学」の趣旨に沿うものです。この目的を達成するため、本研究科では、附属の臨床心理センターにおいては多彩で豊富な事例担当を手厚いスーパービジョンを受けながら経験し、学外の実習機関においては豊富に実践経験する機会を提供しています。

    2022年度は、専任教員12名と臨床心理センターカウンセラー4名を配置し、院生一人ひとりに専任教員のアドバイザーをつけ、マンツーマンのきめ細かな指導を行います。アドバイザーは、心理臨床の実践家としての一歩を踏み出すための、力強いサポーターとなります。

    就職活動についても、学内の就職支援室と連携して就職ガイダンスを開催し、個別にもキャリア相談を実施するなど、きめ細かくサポートしています。その結果、修了生の就職先は、医療機関をはじめ、自治体、子ども家庭支援センター、教育支援センター、および、大学の学生相談室等、多岐に渡ります。心理臨床の初心者が次第に心理臨床のプロフェッショナルとして成長していく姿を見るのは、私たち教員のやりがいでもあります。私たちは臨床心理の実践家の志と意欲を持つ方々を院生として迎え、心の問題を抱える人々への適切な支援を一緒に考えることを楽しみにしています。

    特色

    臨床心理学研究科は、本学の建学の精神に則り、専門職学位課程として、実学の精神を基として、豊かな人間性を持ち、多様で複雑な心の問題に創造的で柔軟に対応できる臨床心理分野の高度専門職業人を養成します。

     

    臨床心理士と公認心理師の資格取得へ手厚い支援

    資格を取得し、専門性と実践能力を磨きたい方に、最適な環境があります。

    帝京平成大学大学院臨床心理学研究科は、2011年4月に東日本で最初の臨床心理専門職大学院として開設されました。本大学院では、様々な現場の問題に的確に対応できる即戦力としての臨床心理士・公認心理師の養成に重点を置いた教育を実施しています。資格取得のための手厚い学修支援はもちろん、臨床心理の理論的教育をきちんと行ったうえで、特色2·3で述べるような外部実習、臨床事例の担当、事例研究などを通じて、心理職として問題を的確に評価し、適切に関わる態度や能力を養成します。修了者には、「臨床心理修士(専門職)」の学位が授与されます。また、「公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会」の臨床心理士受験資格が与えられ、一次試験〈筆記〉のうち「論文記述試験」が免除されます。さらに、本大学院の「健康科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)」への進学が可能です。大学院入学前に公認心理師法に定められた所定の科目を履修し要件を満たす方は、本大学院を修了すると公認心理師の受験資格が与えられます。公認心理師の受験資格については、一般財団法人日本心理研修センターのHPでご確認ください。

    座学だけでない多様な臨床現場に対応できる質の高い実習

    学外実習と手厚いスーパービジョンを受けながら学内の臨床心理センターで事例担当を経験。

    本大学院の教育課程では、学内の附属臨床心理センターの「臨床心理面接実習」と、学外の協力機関で実施する「臨床心理地域援助実習」により、現場の多様なニーズに対応できるスキルを修得する機会を提供しています。「臨床心理面接実習」では、「臨床心理センター」において、教員及びカウンセラーによる指導のもと、様々な問題や障がい、疾患を抱えたクライエントヘのアセスメント、支援、介入について学びます。これらは、面接場面への陪席からスタートし、セラピストとして面接を担当する段階まで、院生の知識やスキル向上のレベルを踏まえて次第にステップアップしていきます。また、教員とカウンセラーによるスーパービジョンとカンファレンスによって心理職の専門性を身に付け、事例研究の方法も学びます。「臨床心理地域援助実習」では、多くの関係機関の協力により、医療・福祉、地域保健・産業、学校・教育の3領域の現場において多様な業務を経験し、指導を受けることができます。現場の様々な課題に真剣に向き合い、謙虚に学び、向上していくことのできる専門家の養成を目指します。

    きめ細かな個人指導体制

    研究科教員とカウンセラーの指導体制がスキルアップを支えます。

    本大学院では2学年で33名の大学院生に対し、12名の研究科教員と4名の臨床心理センターカウンセラーを配置し、院生一人ひとりに指導教員をつけ、きめ細かな指導を行います。個人ごとの指導教員はアドバイザーと呼ばれ、履修指導や学修面、生活面、実習に関する相談等を行い、臨床家としての一歩を踏み出すための、力強いサポーターとなります。また、「臨床心理センター」での学内臨床実習では適切に面接を行えるよう、スーパービジョンを受けることができる体制を整えています。本大学院生は、クライエントを担当し、心理面接・遊戯療法・心理検査等の様々な臨床実践を積んでいきますが、アドバイザーは、授業で学んだ知識や理論と臨床実践で得た経験とを関連づけ、整理して理解を深めることができるように手助けします。臨床事例報告の作成にあたっては、事例研究指導者が個別指導を行っていきます。

    臨床心理士・公認心理師になるには?

    臨床心理士になるには、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」が実施する資格審査に合格する必要があります。資格審査を受けるためには、同協会が「臨床心理土資格審査規程」第8条で定めた受験資格基準のいずれかを満たすことが必須です。専門職大学院の修了者は「学校教育法に基づく大学院において、臨床心理学またはそれに準ずる心理臨床に関する分野を専攻する専門職学位課程を修了した者」に該当します。
    資格審査は、一次試験(〈筆記〉「多肢選択方式試験」及び「論文記述試験」)と二次試験(口述面接試験)によって行われますが、専門職大学院の修了者は、一次試験のうち、「論文記述試験」が免除されます。2018年度から公認心理師にも対応した授業を行っており、受験資格がある方には両方の資格試験に合格できるよう学習の支援を行っています。
    公認心理師の受験資格については、一般財団法人 日本心理研修センターのHPでご確認ください。

    課程修了の認定および学位

    臨床心理学研究科 臨床心理学専攻(専門職学位課程)

    修業年限 2年
    修得単位および条件

    50単位(必修含む)

    学位 臨床心理修士(専門職)

    ※担当教員、研究指導内容などは変更になる場合があります。専攻領域および指導内容

    医療・福祉

    教授 池淵 恵美
    教授 安西 信雄
    教授 森 美加
    准教授 高瀬 幸子

    詳細を見る

    心理職の約半数が勤務している医療・福祉の現場において、精神疾患への対応はもちろん、身体疾患を抱える人々に対して、的確に心理アセスメントを行い効果的に介入することができる即戦力の専門家を養成します。さらに、多様な職種と連携し多職種チームの一員として協働できる幅広い視野と柔軟な思考力を身につけることを目指します。

    地域保健・産業

    教授 馬場 洋介
    教授 管 心
    講師 大久保 智紗

    詳細を見る

    地域や職場において、人々の精神的健康の向上を図り、精神的健康問題を効果的に解決することのできる専門家を養成します。そのために、精神的健康に関わる問題やニーズを把握し、個人の的確なアセスメントやケアだけではなく、様々な専門家等と連携しながら、地域や職場の資源・制度の活用、環境調整、組織の機能の改善などを行う実践能力を身につけることを目指します。

    学校・教育

    教授 鈴木 明美
    准教授 谷田 征子
    准教授 岩藤 裕美
    講師 江口 聡
    講師 輕部 雄輝

    詳細を見る

    学校や家庭、その他の現場において、子どもの発達や適応に関わる諸問題を適切にアセスメントし、解決できる専門職を養成します。そのために、子ども個人のみならず、子どもを取り巻く環境に目を向け、アプローチしていきます。 そして、災害や事件、事故といった不測の事態に的確に対応し、あるいは、障がいや困難さを持つ子どもたちが能力を発揮し、豊かに成長できる環境を構築する上で不可欠な、幅広い知識と柔軟な技能を身につけることを目指します。

    在学生からのメッセージ

    <small>2年</small> 荒木 絢<small>さん</small>
    医療・福祉 領域 2年 荒木 絢さん

    目標に向かっていける環境があり、充実感を得られる院生生活

    16年ほど製薬会社の営業職に携わっていました。その仕事を通じて、苦しみを抱える患者さんの心理に興味を持つようになり、直接患者さんに関わる医療専門職に就きたいという思いが募り、進学を決意。子育て中なので時間的な制約もある中、本研究科ならやりたいことができると思い、3年間の長期履修学生制度を選択しました。一緒に学ぶ院生仲間には20代から50代まで幅広い年代の方がいて、お互い励まし合ったり、時には世代間の違いを話したりと、多くの刺激を受けています。また、クライエントをカウンセリングする実習では、やりたいと思っていた患者さんへの直接的支援ができ、充実感があります。実習を重ねて医療領域での即戦力を養い、大学や精神科病院など大きな組織で多職種協働の働き方をしたいです。
    ※2022年度取材

    <small>2年</small> 宮田 美咲<small>さん</small>
    地域保健・産業領域 2年 宮田 美咲さん

    少人数クラスなのでお互いに学び合い、成長できる

    1学年15人程度の少人数クラスのため、仲間たちと学び合いながら成長できる環境だと感じます。互いの実習先で指導されたことを話したり、自分が経験したケースについて仲間の考えを聞いたりすることで、自分とは異なる視点を得られます。また、同じ心理職を目指す仲間と悩みを共有し、切磋琢磨していくことは、かけがえのないものとして自分の力になっています。将来的には、支援が届いていない人のところへ出向き、社会につないでいくというアウトリーチ事業に携わることを考えています。そのためにも重要なのは高い実践力。本研究科の臨床実習は1年次に副領域、2年次に主領域で実施されるので、今後のキャリアを見据えながら様々な事例を経験していきたいです。
    ※2022年度取材

    <small>2年</small> 松永 尚徳<small>さん</small>
    学校・教育領域 2年 松永 尚徳さん

    総合的に多領域を学びつつ、自分の専門分野も深められる

    幼稚園教諭として働いていた時に、臨床心理士の方からコンサルテーションを受けました。その経験がきっかけで、子どもの支援を心理の視点からも行いたいと思うようになりました。本研究科の魅力は、総合的に多領域を学びつつ、自分の専門分野を追究できる点。多様な外部機関で行う学外実習では、医療や福祉分野の現場も経験したことで視野が広がり、心理の仕事の領域の広さを改めて認識しました。学内臨床実習では、1年次からクライエントを担当し、担当講師から一対一でフィードバックしていただいて実践力が培われました。本研究科では、現場に出た時に本当に使える専門的な知識や患者さんへの向き合い方の本質を学べます。理論の引き出しが増えると共に、それらが実践に結びつく実感を得られます。
    ※2022年度取材

    2023年度入学者向け 専門職大学院ガイドブック