トレーナー・スポーツ経営コース
Faculty

学部・大学院

現代ライフ学部 経営学科

トレーナー・スポーツ経営コース

トレーナー・スポーツ経営コース
トレーナー・スポーツ経営コース

「スポーツ医科学+経営学」の複合的な学修で
スポーツ界を支える人材を養成

スポーツ医科学領域だけではなく、経営学などに関する知識を総合的に学びます。プロスポーツ業界からスポーツ施設・メーカーなど、スポーツ関連の分野で活躍できる人材を養成します。

経営学科 トレーナー・スポーツ経営コースの強み

アスレティックトレーナー全国有数の合格者数を誇る!

本コースは全国有数のアスレティックトレーナー合格者数を誇ります。実習は学内での部活動に対する実習以外に、高校生・社会人・プロといった様々なカテゴリーの現場が提供され、学生のうちに幅広く経験を積める環境が整っています。

スポーツ関連の多彩な知識・技術を修得することで、将来の選択肢が広がります

トレーナー関連、スポーツ指導者、スポーツ用具販売、医療機関、スポーツ施設管理・運営、スポーツ関連企業、行政のスポーツ担当など、幅広い進路が想定されます。

所定の単位を修得することで、トレーナー関連資格の受験が可能となります

所定の単位を修得することにより、アスレティックトレーナー・健康運動実践指導者・トレーニング指導者などの受験資格が得られます。

少人数制セミナーによって
細やかな個別指導を行います

少人数制セミナーによる細やかな個別指導により、充実した学生生活をサポートし、個々の希望に沿った最適な進路へと導いていきます。

取得可能資格

  • アスレティックトレーナー受験資格
  • トレーニング指導者受験資格
  • 健康運動実践指導者受験資格
  • JPSUスポーツトレーナー受験資格
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)※1
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)※1
  • レクリエーション・インストラクター
  • キャンプインストラクター
  • 学芸員
  • 図書館司書

* 2つ以上(教職を含む)の資格を取得する場合、時間割などの都合で4年以上かかる場合があります。
※1 学内選考の上、他学科履修により所定の単位を修得し、卒業することにより取得できる資格。

目指せる資格

  • 簿記検定 など

想定される進路

  • プロスポーツチーム・民間スポーツクラブなどのトレーナー

卒業生の就職先・進路

現代ライフ学部の就職実績の詳細はこちら

業界別

 

在学生の声

<small>3年</small> 西山 美咲<small>さん</small>
3年 西山 美咲さん 東京都・都立城東高等学校出身

トレーナーとして競技者を支える存在になりたい

小学2年生からフィギュアスケートをやっており、選手を支えるトレーナーにも興味を持ちました。授業ではテーピングやストレッチなど、実際に使える技術を学んでいます。今後は学内の部活などに帯同する実習もあるので、実践に備えた準備もしておきたいです。今は、アスレティックトレーナーとトレーニング指導者の資格を目指して頑張っています。
※2019年度取材

4年間の学びの流れ

1年次 基礎を学び教養を身につける
一般教養科目、経営学・スポーツ医科学の基礎科目を中心に学び、幅広い教養を身につけ、各専門領域への動機づけを行います。
2年次

専門分野の基礎を固める
1年次に築いた基礎能力を土台に、専門教育に取り組み始めます。学内の充実した設備での実習により、理論と実践の両面から学びます。

【学外実習】 アスレティックトレーナー現場実習【180時間以上】

3年次 実践的知識・対応を学ぶ
スポーツ現場実習やインターンシップなどを通じ、実践能力やコミュニケーション能力を身につけます。また各進路を見据えた資格取得などの学修を行います。
4年次 就活に励み、実践に備える
各専門領域に求められる資質や能力を総合的に高め、卒業研究などを通して4年間の学修の総仕上げを行います。

ピックアップ授業

予防とコンディショニング

砂川 憲彦 教授/土屋 篤生 講師

コンディショニングの概念を正しく理解し、スポーツ選手をサポートする上で必要とされるテーピング・ストレッチ・疲労回復などについて安全かつ効果的に指導・実施できる能力を身につけることを目標としています。

トレーニング科学演習

伊藤 博一 准教授

トレーニング科学演習では、トレーニングルームやアリーナなどを使用し、科学的根拠に基づく適切なトレーニングプログラムの作成・指導をするために必要な知識の修得及び技術の修得を目標としています。