• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

地域医療学部理学療法学科千葉キャンパス

地域での暮らしを支える
理学療法と豊かなこころを育む

対象となる方に、住み慣れた場所で暮らしていただくための理学療法を展開できる理学療法マインドを伝えます。“接遇”や“気づき”に配慮ができるスキルをもつセラピストの養成を目的としています。
さらに、障がいをもちながらスポーツをおこなうことができることを伝えられるセラピストを養成します。

TOPICS
地域で信頼される理学療法士へ

障がいを可能性として捉えましょう。住み慣れた環境で安心して生活を送るために必要なことは、身体の動きや力、バランスなどを整えることであると考えられる学生を養成します。

[初級障害者スポーツ指導員]
学内にて開催される集中講義を受講することにより取得可能です。本資格取得により、障がいをもたれた方に対して、可能性を見いだすサポートをおこなうこともセラピストの大切な役割です。

POINT1 早期より学内で
臨床技能修得を
段階的に導入しています
生活と理学療法を結びつけて考えられるように、段階的に実習をおこないます。また、自らも障がいという状況を体験し実践能力を養います。
POINT2 「接遇」と「気づき」を
重視した心理的対応を
具体的に学びます
対象者への具体的な援助となる言葉かけや挨拶などの「接遇」や、身体や心理、社会における関係を発見するための「気づき」を養います。
POINT3 幼児期から終末期までの
臨床に必要な知識・技術を
育みます
高齢化社会、疾病構造の変化を前提に、地域社会を重視し、医療、介護、健康増進を目的とした知識・技術を修得します。
取得可能資格
理学療法士国家試験受験資格/初級障害者スポーツ指導員
目標資格
福祉住環境コーディネーター など
想定される進路
リハビリテーションセンター/総合病院・一般病院・大学病院/整形外科病院・クリニック/訪問看護ステーション・在宅支援センター所属の理学療法士/保健所・行政機関/重度心身障害児・者収容施設/スポーツ関連施設/老人保健施設/大学院 など

ページの先頭へ

4年間の学びの流れ

千葉

人との出会いのなかで「命」の尊さを思い、人の気持ちや立場で生活を察しながら、障がいの構造を学びます。

[学外実習スケジュール]
  • 理学療法臨床実習Ⅰ【8日間】

千葉

1年次に修得した基礎知識を土台に、専門科目を学び始めます。理論や知識を実習で確実なものとし、臨床的思考獲得に取り組みます。

千葉

臨床実習を経験し、理学療法が対象者の基本動作改善や再獲得につながることを実践を通し理解します。

[学外実習スケジュール]
  • 理学療法臨床実習II【4週間】
  • 理学療法臨床実習III【7週間】
千葉

理学療法の展開を通して生まれた事実について明らかにすることを学び、理学療法士の資格取得を目指します。

[学外実習スケジュール]
  • 理学療法臨床実習IV【8週間】

ページの先頭へ

ピックアップ授業

基礎理学療法学実習

長尾 邦彦 教授(理学療法学科長)

理学療法を知るためには、まずリハビリテーションについての理解が必要となります。対象となる方の“生活の質”の向上を目指し、理学療法を展開するためには“ 障がい”に到る状況や生活環境を学ぶことが重要です。

人体の構造

佐々木 博之 教授

医療専門職である理学療法士を目指す者にとって、人体の構造(解剖学)を学ぶことは、学問の始まりといっても過言ではありません。講義では主に肉眼解剖学を学び、構造とその機能とを関連づけた人体の正常構造の統合的知識を修得します。

運動学

五日市 克利 准教授

健常な人間の身体運動がいかなる仕組みや過程のもとに成立しているのかについて、関節や筋肉の構造面から学びます。理学療法士として、障がいのある方々の動作を理解し、分析できるようになるために特に重要な講義です。

ページの先頭へ

1年次(前期)の時間割例

※平成27年度の一例ですので、来年度以降変更となる場合があります。
1
9:20~
10:50
精神医学I 運動学(実習) コンピュータ
演習I
物理療法学
2
11:00~
12:30
基礎
理学療法学I
基礎理学
療法学実習I
フレッシュ
セミナーIA
昼休み
3
13:20~
14:50
レクリエーション
実技I
社会学 人体の機能I 基礎
医療英語I
理学療法評価学I
4
15:00~
16:30
運動学 人体の構造I 地域福祉 理学療法
評価学実習
5
16:40~
18:10
6
18:20~
19:50

ページの先頭へ

VOICE 在学生の声

“歩く”という動作も、脳信号や重心移動、筋肉の作用などの要素をクリアすることで成立します。このような本学科で学んだ知識は、所属するアメリカンフットボール部での身体ケアなどにも役立ち、まさに“生きた経験” を得ていることを実感しています。今後は国家試験に合格し、理学療法士として研鑽を積み、高齢者のリハビリやアスリートのトレーニングなどの分野で活躍したいと思っています。

安部 元喜 2年  秋田県 能代高等学校出身
※平成27年度取材

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る