• 大学概要
  • 学部・大学院
  • 入試・入学
  • キャンパスライフ
  • 進路・就職
  • 附属機関・施設
  • 生涯学習・地域交流

学部・大学院

地域医療学部理学療法学科千葉キャンパス

地域での暮らしを支える
理学療法と豊かなこころを育む

対象となる方が住み慣れた場所で暮らしていただくための理学療法を展開できる理学療法マインドを伝えます。“接遇”や“気づき”に配慮が出来るスキルをもつセラピストの養成を目的としています。
さらに、障がいをもちながらスポーツをおこなうことができることを伝えられるセラピストを養成します。

TOPIC
地域で信頼される理学療法士へ

障がいを可能性として捉えましょう。住み慣れた環境で安心して生活を送るために必要なことは、身体の動きや力、バランスなどを整えることであると考えられる学生を養成します。

POINT1 早期より学内で臨床技能修得を
段階的に導入
生活と理学療法を結びつけて考えられるように、段階的に実習をおこないます。また、自らも障がいという状況を体験し実践能力を養います。
POINT2 「接遇」と「気付き」を
重視した心理的対応を
具体的に学びます
対象者への具体的な援助となる言葉かけや挨拶などの「接遇」や、身体や心理、社会における関係を発見するための「気づき」を養います。
POINT3 幼児期から終末期までの
臨床に必要な知識・技術を
育みます
高齢化社会、疾病構造の変化を前提に、地域社会を重視し、医療、介護、健康増進を目的とした知識・技術を修得します。
取得可能資格
理学療法士国家試験受験資格/初級障害者スポーツ指導員
目標資格
福祉住環境コーディネーター など
想定される進路
リハビリテーションセンター/総合病院・一般病院・大学病院/整形外科病院・クリニック/訪問看護ステーション・在宅支援センター所属の理学療法士/保健所・行政機関/老人保健施設/重度心身障害児・者収容施設/スポーツ関連施設/大学院 など

ページの先頭へ

カリキュラム

千葉

人との出会いのなかで「命」の尊さを思い、人の気持ちや立場で生活を察しながら、障がいの構造を学びます。

[学外実習スケジュール]
  • 理学療法臨床実習Ⅰ【8日間】

千葉

1年次に修得した基礎知識を土台に、専門科目を学び始めます。理論や知識を実習で確実なものとし、臨床的思考獲得に取り組みます。

千葉

臨床実習を経験し、理学療法が対象者の基本動作改善や再獲得につながることを実践を通し理解します。

[学外実習スケジュール]
  • 理学療法臨床実習II【4週間】
  • 理学療法臨床実習III【7週間】
千葉

理学療法の展開を通して生まれた事実について明らかにすることを学び、理学療法士の資格取得を目指します。

[学外実習スケジュール]
  • 理学療法臨床実習IV【8週間】

ページの先頭へ

ピックアップ授業

基礎理学療法学

理学療法がどのようなものであるか、その目指すものを理解します

長尾 邦彦 教授(理学療法学科長)

理学療法の専門家を目指す人は、理学療法が何であるのかについて理解する必要があります。我々が目指す理学療法は、病気やケガ、事故または先天的な理由によって生活を今までと違った方法で過ごすことを余儀なくされた方々に対して、彼らの秘められた能力をどのように気づいていただくかを学ぶことです。

小児理学療法学

小児の身体について詳しく学びどのように理学療法と結びつくかを理解

水江 年城 准教授

脳や脊髄といった場所における病気を有する小児は、さまざまな病気の容態を呈します。授業では小児の身体が発育して完全な形態に近づく過程全般や、原始反射、異常筋緊張の分布・性状などを学び、評価内容がいかにして理学療法に結びついていくかを学びます。

運動学

五日市 克利 講師

健常な人間の運動がどのような仕組みや過程のもと成立しているかを理解することで、理学療法士にとって重要な、障がいのある方々の動作の分析が可能となるため、人間の身体運動について学びます。

理学療法評価学

吉田 貴之 助教

人の身体の姿勢や関節の構造や動きを理解するとともに、形態計測である身体の各部について手足の長さ・太さ、関節の可動域を測定する方法を学びます。

ページの先頭へ

1年次(前期)の時間割例

※平成26年度の一例ですので、来年度以降変更となる場合があります。
1
9:20~
10:50
精神医学I レクリエーション
実技I
物理療法学 基礎理学療法学
実習I
2
11:00~
12:30
基礎
理学療法学I
運動学 運動学(実習) 理学療法評価学
実習
昼休み
3
13:20~
14:50
理学療法
評価学I
人体の機能I
4
15:00~
16:30
心理学 人体の構造I フレッシュ
セミナーIA
5
16:40~
18:10
コンピュータ
演習I
基礎
医療英語I
地域福祉
6
18:20~
19:50

ページの先頭へ

VOICE 在学生の声

臼田 和人 3年
千葉県
鎌ヶ谷高等学校出身
※平成26年度取材

整形外科や神経系についての理解を深め
患者さんから信頼される理学療法士になりたい。

理学療法士に関する専門的な知識を学べること、そして授業数が多いことが入学の決め手になりました。現在、人体の構造について学んでいますが、そこで得た知識は日ごろの生活や健康管理にも役立っています。数ある授業のなかでも「整形外科学」は、スポーツをしてきた私にとって特に身近な内容。なじみのある疾患やリハビリがテーマになることも多くあります。この学校で先生やクラスメイトと接するうちに以前より人の気持ちを考えられるようになりました。これからは認知症など神経系の分野も学び、患者さんが夢をかなえるための手助けをできるような理学療法士になりたいです。

ページの先頭へ


大学の最新情報こちらから請求できます 資料請求 他の学部を調べる 学生生活を見る 入試について知る