アスリートコース
Department

学部・大学院

健康医療スポーツ学部 医療スポーツ学科

アスリートコース

アスリートコース
アスリートコース

第一線で活躍する競技者や指導者を養成

各種競技のトップアスリートの養成と指導者としての人材養成を目指します。中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)の取得により、将来の指導者としての選択肢も用意されています。

医療スポーツ学科 アスリートコースの強み

アスリートを養成する優れた環境!!

アスリートの競技力向上のため専用人工芝サッカー場や柔道場、全面人工芝(外野)の野球場、全天候型トラックが整備されています。優れた練習環境により女子柔道部・硬式野球部・女子サッカー部・陸上競技部(中・長距離ブロック)は、着実に実力を付け、優秀な競技成績を収めています。

部活動に専念できる環境を用意

広大な敷地を誇る千葉・ちはら台キャンパスには、各種競技能力向上のための練習環境や設備が用意されています。

所定の単位を修得することで中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)を取得可能

指導者として必要となる中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)をはじめ、選手のコンディショニングやケガの応急手当てなどができるアスレティックトレーナーの受験資格などを取得することができます。

スポーツを通した「人間形成」

基礎体力や競技力の向上を目指して、毎日の部活動を行います。さらに、このスポーツ活動により、積極性・集中力・忍耐強さが育まれ、どこにおいても有用とされる人間形成がなされます。

取得可能な資格

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • アスレティックトレーナー受験資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • レクリエーション・インストラクター
  • トレーニング指導者受験資格
  • ジュニアスポーツ指導員受験資格
  • アシスタントマネジャー受験資格
  • JPSUスポーツトレーナー受験資格
  • 体育施設管理士

*2つ以上(教職を含む)の資格を取得する場合、時間割などの都合で4年以上かかる場合があります。

目指せるキャリア・進路

  • 公務員
  • スポーツ関連企業

卒業生の就職先・進路

業種別

 

在学生の声

<small>3年</small> 髙丸 優太<small>さん</small>
3年 髙丸 優太さん 東京都・帝京高等学校出身

スポーツを通じて、諦めない気持ちを子ども達に伝えたい

進学後も野球を続けたかったので、野球部の活動をしながらトレーナーの資格を目指せる本コースを志望しました。プロフェッショナルの先生から教えてもらえることは説得力があり、自分が知らないことを学べるため、授業はとても充実しています。将来は、自分でも野球をやりながら、ケガでスポーツを諦めてしまう子どもたちを救いたいと考えています。
※2019年度取材

4年間の学びの流れ

1年次 スポーツで心身を鍛える
各運動部活動を通じて技術と体力の向上を図り、優秀な競技者を目指します。またスポーツを科学するために必要な基礎科目を学びます。
2年次

競技力のスキルアップ
競技者、スポーツ指導者になるための専門的な授業が増えていきます。各運動部で活躍するため競技力のさらなる向上を図ります。

3年次 上級生としての自覚を持つ
1、2年次に修得した基礎科目を土台とし、コーチングなどの実践的な指導方法を学びます。各運動部において、上級生として中心的な役割を担います。
4年次 スポーツキャリアを見据える
卒業後のスポーツキャリア形成のため、4年間の学修の総仕上げのほか、中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)などの各種資格取得に向けた学修を行います。

ピックアップ授業

トレーニング科学演習

高橋 仁 教授

各種トレーニングを指導できるようになることが授業の目的です。それには、トレーニング法の背景にある科学的根拠・理論の理解とともに、トレーニングを実施し正しい動作や適切な負荷設定を体感することがポイントとなります。

予防とコンディショニング

津賀 裕喜 助教

スポーツ外傷・障害の予防や対策として幅広く使われているストレッチ・テーピングを中心に学びます。実技能力の修得だけでなく、理論的背景や研究データなども学修していきます。アスリートのケガを予防し、競技パフォーマンスを支える知識・手段を学ぶ授業です。