看護学科
Faculty

学部・大学院

健康医療スポーツ学部

看護学科

看護学科
看護学科

地域の患者さんの最も身近な存在として
信頼される看護師を養成

確かな実践能力を養う、3つの学び

多彩なカリキュラムと充実の
実習内容を整った環境で学ぶ

臨床の場で的確に判断し実践できる能力を育てるために、基礎から実践までのきめ細やかなカリキュラムとサポート体制を用意しています。

変化する医療現場に対応できる
確かな技術力を修得

充実した施設や実習設備で理論と技術を兼ね備えたプロフェッショナルを養成します。保健師、助産師の資格も取得可能で、帝京大学グループ3病院と連携した独自の奨学金制度もあります。

“ひと”や“いのち”に真剣に向き合う
豊かであたたかな心を育む

仲間や現場の先輩方、患者さんなど多くの人々との交流を通して「ひと」を深く理解し、心のこもったケアができる人間性を育みます。

取得可能資格

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格
  • 助産師国家試験受験資格
  • 養護教諭二種免許状(保健師資格必須)
  • 受胎調節実地指導員資格(助産師資格必須)

*保健師と助産師の国家試験受験資格取得希望者は、いずれか一つを学内選考のうえ取得可能

想定される進路

  • 病院
  • 診療所
  • 保健所
  • 区市町村の保健センター
  • 介護保健施設
  • 社会福祉施設
  • 訪問看護ステーション
  • 大学院進学 など

卒業生の就職先・進路

健康医療スポーツ学部の就職実績の詳細はこちら

業種別

 

在学生の声

<small>3年</small> 平岡 優香<small>さん</small>
3年 平岡 優香さん 鹿児島県・県立大島高等学校出身

母のような在宅看護のスキルも身につけた看護師が目標

在宅看護に携わっている母の姿を見て、看護師の仕事に関心を持ちました。看護学の基礎を中心に学びつつ、毎日実技や課題に取り組んでいます。ちはら台キャンパス周辺は静かですし、図書館の蔵書も豊富で学修しやすい環境が整っています。今後は保健師資格を取得し、母のように在宅看護のスキルも身につけて、患者さんをケアできる看護師になることが目標です。
※2020年度取材

4年間の学びの流れ

1年次

【看護師課程】看護実践技術を修得
教養科目と並行して、日本の保健医療福祉の概要や人間のライフステージに伴う看護の関わりや役割などを学びます。また人の身体の仕組みや働きを理解するとともに看護実践の基礎となる技術を修得します。

【学外実習】 基礎看護学実習Ⅰ[1週間]

【保健師・助産師課程の流れ】
後期
3月 選抜試験実施
保健師・助産師課程へのエントリー
2年次

専門分野の選択
疾病などを引き起こすメカニズムを理解し、各種療法や必要な看護について学びます。保健師・助産師課程を選択した学生は後期から関連科目が開講されます。

【学外実習】 基礎看護学実習Ⅱ[2週間]

前期
保健師課程:20名
助産師課程:10名

後期
各課程の授業開始
3年次 実践能力を身につける

後期の臨地実習に備え、前期は演習科目を中心に実習に即した技術や方法を修得します。さらに「統合分野」で看護管理、医療安全などを学び専門職としての知識を深めます。

【学外実習】 各領域別実習[3か月間]

前期・後期
保健師課程の授業
助産師課程の授業
4年次 実習で総合力を養う

前期は各領域別実習と統合実習があり、また「特別総合演習」(通年)が開講されます。後期には保健師・助産師課程を選択した学生はそれぞれ実習があります。

【学外実習】 各領域別実習[3か月間]/総合実習[2週間]

看護師課程の実習修了後、各課程の実習スタート
保健師:5週間 ・ 助産師:11週間

ピックアップ授業

基礎看護技術

対象者の日常生活を支える援助を中心に、看護実践に必要な基本的知識と科学的根拠に基づいた原理・原則について講義と演習を連動させながら学びます。

母性看護技術

母性看護の対象である妊婦・産婦・褥婦と新生児の看護に特有な技術を修得します。妊娠期・分娩期・産褥期・新生児期の援助技術を学び、さらに母性看護を系統的に実践するために事例を通して学びます。