看護学科
Department

学部・大学院

健康医療スポーツ学部

看護学科

看護学科
看護学科

地域の患者さんの最も身近な存在として
信頼される看護師を養成

看護職(看護師・保健師・助産師)にとって必要な、人間のこころやからだについての深い知識を身に付け、それらの知識に基づいたケアを的確に実践できる能力と豊かな人間性を育みます。

看護学科の強み

患者さんに信頼される看護のスペシャリストに!!

充実した実習設備・施設で専門職としての実践能力を修得できます。学内選考の上、4年間で保健師または助産師の資格を取ることも可能です。そのほか、卒業時に助産別科を受験することでも助産師の資格取得が可能です。また帝京大学グループ3病院と連携した独自の奨学金制度もあります。

※保健師と助産師の国家試験受験資格取得希望者は、いずれかひとつを学内選考のうえ取得可能

多彩なカリキュラムと充実の実習内容を
整った環境で学ぶ

臨床の場で的確に判断し実践できる能力を育てるために、基礎から実践までのきめ細やかなカリキュラムとサポート体制を用意しています。

刻々と変化する医療現場に
即応できる確かな技術力を修得

講義で学んだ理論を基に、現場に即した技術指導で確かな技術とプロフェッショナルとしての自信を育てます。

“ひと”や“いのち”に真剣に向き合う
豊かであたたかな心を育む

仲間や現場の先輩方、患者さんなど多くの人々との交流を通して「ひと」を深く理解し、心のこもったケアができる人間性を育みます。

取得可能な資格

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格
  • 助産師国家試験受験資格
  • 養護教諭二種免許状(保健師資格必須)
  • 受胎調節実地指導員資格(助産師資格必須)

*保健師と助産師の国家試験受験資格取得希望者は、いずれかひとつを学内選考のうえ取得可能

目指せるキャリア・進路

  • 病院
  • 診療所
  • 保健所
  • 区市町村の保健センター

卒業生の就職先・進路

業種別

 

在学生の声

<small>3年</small> 髙橋 大地<small>さん</small>
3年 髙橋 大地さん 千葉県・木更津総合高等学校出身

学びに集中できる環境で、専門知識を向上させる

高校生の時から看護職に興味があり、看護学科のみを有するちはら台キャンパスを選びました。周りも静かな環境のなかで同じ目標を持った仲間と一緒に看護を学んでいるので、お互いに支え合いながら歩んでいけるのも、ちはら台キャンパスの魅力だと思います。看護師だけではなく保健師の資格も取得し、一人でも多くの方の支えになる事が目標です。
※2019年度取材

4年間の学びの流れ

1年次

【看護師課程】看護実践技術を習得
学部共通科目と並行して、日本の保健医療福祉の概要や人間のライフステージに伴う看護の関わりや役割などを学びます。また人の身体の仕組みや働きを理解するとともに看護実践の基礎となる技術を修得します。

【学外実習】 基礎看護学実習Ⅰ[1週間]

【保健師・助産師課程の流れ】
後期
保健師・助産師課程へのエントリー
2年次

専門分野の選択
疾病などを引き起こすメカニズムを理解し、各種療法や必要な看護について学びます。また保健医療福祉に関連する法律や制度について学びます。保健師・助産師課程を選択した学生は後期から関連科目が開講されます。

【学外実習】 基礎看護学実習Ⅱ[2週間]

前期
8月 選抜試験実施
保健師課程:20名
助産師課程:10名

後期
各課程の授業開始
3年次 実践能力を身に付ける

後期の臨地実習に備え、前期は演習科目を中心に実習に即した技術や方法を修得します。さらに「統合分野」で看護管理、医療安全などを学び専門職としての知識を深めます。

【学外実習】 看護学各論実習[3ヵ月間]

前期・後期
保健師課程の授業
助産師課程の授業
4年次 実習で総合力を養う

前期は看護学各論実習と統合実習があり、また「特別総合演習」(通年)、「看護研究」(後期)が開講されます。後期には保健師・助産師課程を選択した学生はそれぞれ実習があります。

【学外実習】 看護学各論実習[3ヵ月間]/統合実習[2週間]

看護師課程の実習修了後、各課程の実習スタート
保健師:5週間 ・ 助産師:11週間

ピックアップ授業

保健統計学

善福 正夫 教授(看護学科長)

看護職が一般的知識としてもっておくべき統計データについて学び、さらに統計学の基礎を修得するための授業です。多くの対象者のデータから、集団に存在する特徴を客観的(科学的)に明らかにする方法を学びます。

老年看護技術

深谷 博子 教授

老年看護技術は、現代の社会で増え続ける高齢者を対象とした授業です。基礎看護技術、成人看護技術で修得した援助技術を基本にして、高齢者の加齢現象を考慮しながら、その人に残された残存機能を有効に活用する援助方法を学びます。