作業療法学科
Department

学部・大学院

健康医療スポーツ学部

作業療法学科

作業療法学科
作業療法学科

実践能力を重視した講義と実習で
地域に役立つ人材を養成

実践的な観点から基礎医学や作業療法を学び、さらに地域で生活する人をより理解するために、社会学、心理学などの幅広い知識を修得。真に医療現場で活躍できる作業療法士を養成します。

作業療法学科の強み

地域コミュニティに深く関わるスキルを身に付ける

1年次から障がいのある方と授業やボランティア活動を通じて、関わることができます。実践経験を重ねることで、作業療法士としての知識、技術、心構えなどを身に付けることができます。コミュニケーションスキルも向上し、地域に寄り添った作業療法士を養成します。

1年次から医療・福祉の現場体験や実習、地域活動を体験

1年次から、様々な実習を体験することで医療従事者に必要な感性を養います。また、対象者の良き協力者となるためのコミュニケーション能力を高めます。

小グループの学生主体で取り組む
「問題基盤型学修」を重視

臨床現場で求められる専門的知識、実践的知識を養うために、「問題基盤型学修」を重視。ビデオや模擬患者を通して主体的に行動します。

地域社会で活躍するために社会見学などを通して地域特性を理解

地域に密着した作業療法士を目指し、社会見学などを通して、障がいのある方が地域社会でどのように生活しているかを学びます。

取得可能な資格

  • 作業療法士国家試験受験資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員

目指せる資格

  • 福祉住環境コーディネーター など

目指せるキャリア・進路

  • 総合・一般・大学・労災などの各病院、精神科病院
  • リハビリテーションセンターなどの医療機関
  • 肢体不自由児施設

卒業生の就職先・進路

業種別

 

在学生の声

<small>2年</small> 藤原 真央<small>さん</small>
2年 藤原 真央さん 栃木県・県立宇都宮南高等学校出身

患者さんが気持ちよくリハビリができる環境を作る

野球でケガをしてリハビリを経験したことをきっかけに、作業療法士に興味を持ちました。入学したときは医療の事は全く分からなかったですが、今では体の構造や仕組みがわかり、人に説明できるまでになりました。患者さんとのコミュニケーションが大切な職業なので、空き時間も勉強して将来は信頼される作業療法士になりたいです。
​​​​​​​※2019年度取材

4年間の学びの流れ

1年次

専門分野に向け教養を養う
基礎科目で幅広い教養を身に付けます。また、基礎作業療法学や現場体験を通し、専門分野の動機づけを行います。

【学外実習】 臨床実習Ⅰ(作業療法見学実習)[4日間]

2年次

臨床・障害領域を学ぶ
基礎・臨床医学と並行して、身体障害・精神障害・発達障害・高齢期障害領域の作業療法について学びます。

3年次

作業療法の知識を深める
各領域の作業療法について、学内及び臨床実習で学びを深めます。また、地域でどのように作業療法を展開するかを学びます。

【学外実習】
臨床実習Ⅱ(身体障害領域評価実習)[3週間]
臨床実習Ⅲ(精神障害領域評価実習)[3週間]

4年次

実践能力を修得する
総合的な臨床実習で作業療法の基礎技術を修得します。独自のテーマでの卒業研究、国家試験の準備にも取り組みます。

【学外実習】
臨床実習Ⅳ(評価から治療までの総合実習)[8週間]
臨床実習Ⅴ(評価から治療までの総合実習)[8週間]

ピックアップ授業

リハビリテーション概論

関 一彦 教授

リハビリテーション医学の特質を理解し、基礎となる医学や臨床医学との連携、医療・保健・福祉の重要性の理解につなげます。講義では、適宜個人の作業や少人数グループによるPBL(問題発見・解決型学修)の形態をとります。

基礎作業療法学実習

勝嶋 雅之 講師

「作業とは何か」ということを学びます。身体を動かすことや、手工芸などの作品を作成する体験演習を通して作業の楽しさ・面白さを理解します。さらに、作業療法の理論や対象者の作業能力・技能の評価の視点を知ることで、作業の意味や効果という学びを深めていきます。